暮らしを楽しむ

十四代に似た味を求めて~十四代に近い日本酒総まとめ!

ども、ゆとらです。

「十四代」(←日本酒です。)と聞くだけで、よだれが出てくるゆとらです。

幸いなことに、良く行く居酒屋の大将が超日本酒好きで、今までたくさんの種類の「十四代」を飲ませてもらったのだが・・・どれもシビれるほど旨い!

そんな「十四代」は、もはや「幻のお酒」と言われるくらいプレミアがついてしまった。

買いたい!と思っても、とんでもない値段でしか販売していないことが多いのだ。

でも、どうしても飲みたい!家飲みしたい!

そこで、今回は「十四代」に似た味、または近い味、関連性のある日本酒を集めてみた。

どれもなかなかイケる日本酒ばかりなので、十四代が買えなくても、十四代系の旨い日本酒で晩酌してはいかがだろう?

「十四代」ってどんな味?

まずは「十四代」(と言っても種類はいくつもあるのだが)の味についてだが、飲んだ人はご存知かと思うが、そんじゃそこらの・・・と言ってはなんだが、フツーの安居酒屋やコンビニで置いてる日本酒とは全然異なる美味だ。

マスカット・メロン・ピーチ・洋梨・青りんご・バナナのような・・・

とよく形容される。

飲む人によって印象は変わるが、共通しているのはとっても「フルーティ」ってこと。

そして「まろやか」であるということ。

その【芳醇旨口】とも言われる味が、「端麗辛口」が旨さの基準であった日本酒界に新たなブームを巻き起こした・・・とよく言われる。

よって、似た味とは「十四代」のように「フルーティ」で「まろやか」(もちろんそれだけではない深み!)である日本酒ということになるのだが、実は「フルーティでまろやか」な日本酒は数あれど、「十四代」に似た深みあるフルーティさ、まろやかさにはそうそう出会わない。

やや甘口なのだが、甘さがくどくならず最後にはスパッと切れる。

基準が高くなってしまうのだが、一定の基準を満たしており、「十四代」系と言える根拠があるようなお酒のみ、今回は紹介したいと思う。

十四代の高木酒造が醸すレギュラー酒「朝日鷹」

まずは「十四代」の高木酒造が醸す「朝日鷹」だ。

意外と知られていなかったりするのだが、「朝日鷹」は「十四代」と同じ高木酒造が醸す別ブランドのお酒。地元で親しまれている「地元流通酒」になる。

もともと「十四代」という名は、江戸時代より400年続く高木酒造の古酒に使われていたブランド名。昔から地元で親しまれていたのが「朝日鷹」なのだ。

実際僕も飲んだことがあるが、十四代に似てこれがまた旨い!

「十四代本丸とおんなじじゃん!」と言う人もいるぐらいだが、「十四代」が完成してから「朝日鷹」も旨くなったと言われている。

「底辺が旨ければ上はもっと旨いと想像してもらえる」との思いから、最もレギュラーなお酒でも高級酒同様の造りを行っているという高木酒造。

「朝日鷹」は、高木酒造の正統な「十四代本丸」直系のレギュラー日本酒だ。

「朝日鷹」「十四代本丸」は、もちろん別の酒だが、流通経路の違いはあるものの、特に序列は無いようだ。味にはこだわるが銘柄名にこだわらないアナタにこそおすすめだ。

むしろ高木酒造のメインで醸すお酒は、以前から「朝日鷹」だったのである。看板酒がマズイわけがない!

十四代の高木酒造が醸す地元流通酒「朝日鷹」がビビるぐらい旨い!ども、ゆとらです。 いきなりだが、あなたの「日本酒」に対するイメージってどうだろうか? アルコール臭い?すぐ酔いそう?イコー...

十四代の高木酒造が醸す高級大吟醸「黒縄」

「十四代」の高木酒造が醸す高級な大吟醸酒が「黒縄」だ。

「十四代も高級酒だろ?」という声が聞こえてくるが、「十四代本丸(本醸造)」は、実は一升瓶で定価2,100円ぐらいなのだ。

もちろん「十四代」にも様々な種類があるので、「白雲去来」とか…もともとの値段がメチャメチャ高いものもあるが、「本丸」はレギュラー酒なので、定価はさほどでもないのである。

が、爆発的な人気により定価で買えないほどのプレミアが付いてしまったという次第。

みんなよーわかっとるなぁ。

話がソレたが「黒縄」。

「黒縄」という名前は、山形では特別に高品質の米が入った俵には遠くからでも目立つよう黒縄をかけていたことに由来するらしい。

これはさすがに飲んだことも出会ったこともないのだが、飲んだ人によると「ありえないほどの果実感」だそうで。

ま、「フルーティ」ということで「十四代」に通ずるものがあるものと思われる。

「十四代」を複数種飲んだことがある経験から言わせていただくと、高木酒造の醸す日本酒は「朝日鷹」も含めて、すべて方向性は似ている。(だけどどれも明確に味は違うのが不思議。)

実際にはもちろん風味は種類ごと違うが、どれもビビるぐらい「スーッと喉に吸い込まれる感じ」がするぐらい飲みやすい(なのに深みもある!)ので、方向性が似ていると感じてしまうと言ったほうが正しいだろうか。

アルコール度数が低いわけではないのに、嫌な雑味がないから「喉に通過する瞬間」が「まろやか」だし、いわゆる「おっさんっぽい」日本酒臭(アルコール臭)さは皆無(←ココがメチャ秀逸!)で、極めて「フルーティ」。

「黒縄」もこの流れを汲んだ高級な大吟醸酒ということになろう。

だが・・・十四代と同じくお値段が高いので「十四代の代わり」というよりは「十四代の高級酒」であることに注意だ。

「十四代のようなお酒が飲みたいけど、もっとコスパに優れたお酒ない?」って人には向かない。紹介しといてなんだが・・・スマン。

酒屋が「十四代 黒縄」とかって売り出してるが…ただの「黒縄」だからね。

十四代(高木酒造)の薫陶を受けた日本酒

1.花邑(はなむら)

十四代の高木酒造から異例の技術指導を受けて作られたお酒が、1874年創業で秋田の名蔵元である両関酒造の日本酒「花邑(はなむら)」だ。

「花邑(はなむら)」は、高木酒造の技術指導のもと醸されており、その半端なさと言ったら…

お米作り、製造、保管、商品名、ラベルのデザインに至るまで、すべてに高木酒造からの技術指導・監督を受けているほどのこだわりよう。

当然耳の早い日本酒愛好者によって「花邑(はなむら)」も、たちまち人気酒のスターダムを駆け上がっている。

なのでお値段もやや高めになることが多いようだが、「十四代」よりは手に入れやすく、先日も近隣の酒屋で一升瓶を見かけることができた。(と言っても、しっかり温度管理できる名店でしか手に入らないと思う。)

「花邑(はなむら)」も飲むことが多いが、飲んだ瞬間「あ、十四代系だ。」という旨味が口一杯に広がる、やはり芳醇旨口系に属する日本酒だ。

当然ながらアルコール臭い日本酒臭は皆無。個人的には「十四代」と比べると、ほんの少し辛口な造りと感じた。「十四代」より少しだけドライ(辛口)なんだと思う。

これは好みの問題かもしれないが、よりキレを重視する方には向いているのではなかろうか?

雄町、陸羽田、酒未来、美郷錦、出羽燦々、秋田酒こまち…酒米も様々な品種で醸される。

もちろん風味は少し異なるが、いずれも四代直系のまろやかな甘さと旨さが共存しているという点で共通している。

「花邑」の特徴として、盃に注いでやや温度が上がってきたころ、もしくは開栓して何日か経ってからの方が「十四代」っぽくなる

ワインで言うところの「開いた」状態になる方が風味が増すというわけで、それだけ長期保存にも耐えうるしっかりした酒質なんだと思う。

「十四代直系」と言っても過言ではないその旨口は、一度味わっておくべしだ。

十四代(高木酒造)の技術指導が入っている、というのが明確に伝わる銘酒だ。

2.翠玉(すいぎょく)

「花邑(はなむら)」を醸す両関酒造が十四代の高木酒造からの技術指導を受けて醸された日本酒第二弾が「翠玉(すいぎょく)」である。

「翠玉(すいぎょく)」は、まだまだ知名度も低く、比較的手に入れやすい日本酒だ。

値段もまだ財布に痛くないレベル。

商品の紹介などを見る限り、翠玉=エメラルドの意味通り、透明感のある甘み、旨味、酸味のバランスが良さそうで、食事とのマリアージュはしやすく、スッと喉に入る感じが十四代っぽいのではないかと思わせる「日常使いしやすいミニ十四代」という感触だ。

※で、本記事執筆中には飲んでいなかったが、2020年3月に「翠玉」の吟醸をゲットしたので飲んでみた。以下、レビューである。

う~ん、自分で言っておいてなんだが「ミニ十四代」と呼ぶにふさわしい想像通りの味わいだ。

十四代のごとく、まろやかで飲みやすく食事の邪魔もしない旨口である。

そして十四代ほど味わいに深みがあるわけではなく、ちょっと甘め。お酒だけで楽しむより、食事と合わせてグッとくる感じだ。

だが方向性は間違いなく「十四代」直系だ。似た風味を感じる。

「花邑」と違って、ちょっとダレるのが早い印象なので、短期間で飲み切ってしまったほうがよさそうだ。

しかし、この「翠玉(すいぎょく)」。値段を考えると実に旨い。

現在はまだごく僅かな地酒専門店向けにしか卸されていない限定酒である。

もっと知られてくると「花邑(はなむら)」のように価格が高騰してもおかしくない。

値が上がる前に購入しておきたい逸品としてぜひ覚えておこう。720mlサイズが買えるのも魅力。

山口県の澄川酒造場が造る「東洋美人」は、平成28年(2016年)「日ロ首脳会談」で安倍首相が、プーチン大統領にふるまったことで知られる銘酒だ。

山口県の日本酒としては「獺祭(だっさい)」「東洋美人」の2つが特に有名。

酒蔵を継ぐかどうか迷いのあった若き日の澄川氏が、酒造りに命を懸ける姿に感銘を受けて【酒蔵を継ぐ】と決めたのが、大学時代にお世話になったという十四代の高木酒造の学外実習での経験であった。廃業の危機にあった酒蔵を立て直そうとたどり着いたお酒もやはり「十四代」。そんな作り手の日本酒が「東洋美人」なのである。

プーチン大統領は会談の際、あまりの美味しさに「何という酒か?」と尋ねたという。

また「素晴らしいお酒だ!」とこの「東洋美人」を絶賛したそうだ。

そんな「東洋美人」も、日本酒好きな居酒屋の店主なら一度は取り揃えたことのある銘柄に違いない。覚えておいて、一度飲んでみることをおすすめする。

が、正直初心者には個人的にはできればどこか探してでも、先に「十四代」を飲むことをオススメしたい。

「東洋美人」は確かに旨い。飲み口は芳醇旨口である。

だが「十四代」のまろやかさをイメージしてしまうと、ちょっとピリッとした感じに日本酒っぽさを覚えるだろうと思うからだ。

やや日本酒に慣れてきたころに味わうことで「東洋美人」の美味しさがわかるようになる。そんなお酒だと個人的に思っている。

実際にプーチン大統領が飲んだ「東洋美人 壱番纏」をふるさと納税で手に入れることができるので、ふるさと納税で美味しい日本酒をゲットしたい人にはオススメ。早めに申込みしないと無くなってしまうから気をつけてほしい。

高木酒造製造米「酒未来」で作られた「くどき上手」

十四代の蔵元が作ったお米「酒未来」で作られたお酒が、十四代と同じ山形県にある亀の井酒造「くどき上手」である。

高木酒造が18年の歳月をかけ開発した3種類の酒造好適米「龍の落とし子」「羽州誉」「酒未来」。

そのうち「酒未来」が初めて提供されたのが同じ山形県『亀の井酒造』だ。信頼ある酒造だからこそ高木酒造から提供を受けることができたと言える。

で、この「くどき上手」。他の日本酒同様様々な種類があるが、酒未来で醸されたもの以外でも旨い。(「ばくれん」は辛口なので、ちょっと系統が違う。)

「十四代」同様「飲みやすい」と思わせる旨口系日本酒で、高木酒造と同じ山形県のお酒の中でも最近特に人気の高い日本酒だ。

僕はこの「くどき上手」を、妻の実家に帰省した際に、義父から晩酌でいただいたのが初体験だった。

まだまだ日本酒に詳しくない時分に、あまりの飲みやすさに「十四代以外にもこんなに飲みやすい日本酒があったのか!」と驚いたのを鮮烈に覚えている。

今思えば、同じ山形県、十四代の高木酒造が生み出した酒造好適米使用…十四代傍系だったんだな…と妙に納得。そりゃそうだ。山形でも屈指の人気酒だったのだ。

これ、実に素晴らしいことに、フツーに居酒屋で置いてあることが多いし、手ごろなお値段で販売している酒屋も数多くある。

なのでちょっと有難みが少ないのが惜しい。

十四代とのつながりについては、知らない人がほとんどではないだろうか?

高木酒造も信頼する芳醇旨口系で満足感十分の実力派日本酒だ。デイリーにどうぞ。

愛知県では有名な「蓬莱泉」。今や全国区となったとのことだが、このお酒も現代風フルーティ日本酒とのこと。申し訳ないのだが飲んだことがないのでレビューができないことをお許しいただきたい。

蓬莱泉「吟」「空」は、「西の十四代」と呼ばれているほどのプレミアムな日本酒で、「一年待ってやっと手に入れられた(=定価でという意味だと思われる)」とか、そんなレベルなのは十四代を彷彿とさせる。

レギュラー「蓬莱泉」もウマイと高評価なので、「吟」「空」は、もはや地元でもほとんど目にすることはないらしい。

十四代にどこまで迫れているのか一度賞味してみておきたいお酒だ。

「空」も「吟」もプレミアムだけあって、ネット通販だとほぼセット販売なのが残念。

「吟」が入ったセット↓↓↓

「空」が入ったセット↓↓↓

十四代蔵元に「衝撃を受けた」と言わしめた「古典寫楽」のブランド看板を継承する「寫楽」

「寫楽」(宮泉銘醸)は、もはや日本酒愛好家にとって非常に有名な銘酒で、僕も好きな銘柄の一つだ。(特に「おりがらみ」はヤバい。)

十四代との直接的な関わりはないのだが、銘酒十四代を作った高木顕統氏に「衝撃を受けた」と言わしめたお酒が「古典寫楽」というお酒。

高木顕統氏の酒造りの原点は「古典寫楽」である、と朝日新聞の記事で読んだことがある。

残念ながらその「古典寫楽」を造っていた東山酒造は廃業してしまったが、「寫楽」のブランドを引き継いだのが宮泉銘醸で、「寫楽」という名が継承された。

「寫楽」はイチから造られたお酒なので「古典寫楽」とは別のお酒ではあるが、その精神が受け継がれているからこそ、現在銘酒としての地位を築いているものだと思われる。

やはりこだわり抜かれた酒造りにこそ銘酒が生まれる理由があるようだ。

メロンっぽい香りで甘いのにキレがある。やはり旨口だ。思わず「旨い!」と漏らしてしまう。

比較的手頃な値段で買えるプレミアム酒の代表的なものと言ってもいいだろう。

ちなみに、宮泉銘醸が「寫楽」ブランドとは別に醸す「会津宮泉」も最近レベルが非常に高いと評判だ。(「寫楽」の杜氏が担当するようになったからだ。)

もはや2枚看板と言っていいだろう。寫楽廉価版としてどうぞ。旨いぞ。

十四代をプロデュースした名将から教えを請うた「新政」

最近グググーーー!!っと人気に勢いがついてきた感があるのが秋田県新政酒造の「新政(あらまさ)」だ。

「No.6(ナンバーシックス)S-TYPE」など酒名も今までの日本酒の常識を覆す斬新さながら、その味は正に現代的で、もはや堂々プレミアム日本酒の仲間入りを果たしている。

新政酒造の現社長の佐藤祐輔氏は東大文学部を卒業した若手インテリ派。

その佐藤氏は、酒造りの真髄を得ようと何度も山形に通い「十四代をプロデュースした名将」小関敏彦氏に教えを請いに行ったとのこと。その教えどおりに忠実に酒造りをしたことが結果に繋がったのが「新政」なのである。

十四代よりも現代的かつ実験的な味わいで、若い人の感性を刺激しそうな味と名前。そしてボトルもオシャレだ。

さまざまな銘柄が出てきており、それぞれに個性的な味わいなので、ぜひたくさんの銘柄を飲んでみてほしい。どれももちろん美味しく、かつ個性的。ややシャープなものが多い印象だが、「十四代」を思わせるお米の旨味をしっかりと引き出した造りは見事。個人的には「No.6 S-TYPE」がやや甘旨口で十四代系かと思っている。

屈指の人気蔵に育った新政酒造の創り出す日本酒「新政」は、まだまだ新銘柄が登場しそうな勢い。今後も要注目な日本酒だ。

ポスト十四代と言われる「飛露喜(ひろき)」

福島県会津の廣木酒造の「飛露喜」は、ポスト十四代と言われるほどの人気酒。

十四代と同じくフルーティで、かつフレッシュな味が魅力の銘酒だが、そんな「飛露喜」の廣木酒造も以前は廃業の危機にあった。

TVドキュメンタリーへの出演、有力な酒屋との出会いを通じて、廃業の危機を脱し今があるのだが、実は今の「飛露喜」があるのは十四代のおかげでもあるという。

というのも、廣木酒造の蔵元であり杜氏の廣木健司氏が衝撃を受けたお酒が(やっぱり…)「十四代」。

それまで旨い日本酒の常識とされてきた「端麗辛口」ではないフルーティな「芳醇旨口」なる味わいに絶句した廣木氏が、自分らしい味わいを求めて醸した傑作が「飛露喜」なのである・・・が、ここに至るまでにドラマがある。

十四代を飲んだ時と同じく「今までの常識にとらわれない」酒造りとして、本来日本酒造りに欠かせないとされた火入れを行わずに誕生した「飛露喜」なのだが、無濾過生原酒であるがゆえに寒い時期にしか出荷できない。

『「無濾過生原酒」は変化球なので、年中出荷できる定番酒を造ることが大切だ』と十四代の高木氏にアドバイスを受け、そしてできあがったのが現在の「飛露喜 特別純米」

平成初期に誕生した「十四代」、そして平成中期に誕生した「飛露喜」。

いまやどちらもプレミアム日本酒の代表だが、このように影響を受けていたというドラマがわかれば日本酒はさらに美味しい!

1.楽器正宗(がっきまさむね)

個人的に今、一番のオススメなのが、福島県は大木大吉本店の「楽器正宗」だ。

あるサイトでは、同じ福島県の「寫楽」よりも評価が高いことからもレベルの高さがうかがえる。

僕はこのお酒を飲んだ時、吟醸や大吟醸ではなく本醸造、つまりアルコール添加の定番酒ということもあって、十四代と同じような衝撃を受けた。

アル添なのに、ジューシーでフレッシュで華やか。

まるでバナナや青りんごを思わせる爽やかな甘みとスパッと切れるくどさのない飲み口。

まるでアルコール臭さを感じさせないフルーティでまったりとした飲み口が、十四代を想起させたのだ。

後でわかったのだが、このお酒、「十四代を目指して造られた」のだそうで。

やっぱ行きつくところはソコなんだな・・・プロでも。

聞いて納得、飲んでさらに納得なのだが、このお酒の良いところは、お値段が超安い!(今のところ)

超ハイコストパフォーマンスなのだ。

720mlで1,000円ちょっと。一升瓶でも2,000円ちょっとで買えてしまう。

なんせ本醸造だから。

「十四代 本丸」が醸造酒なのに、並みの吟醸酒以上の風味であるように、この「楽器正宗」もそこらの吟醸酒では太刀打ちできないだろう。

本醸造、本醸造中取り、別撰、別撰中取り、どれを飲んでも超うまい。

あまり広まってほしくないが(笑)・・・正直値段が安すぎる!(ウレシイ!)

界隈では結構人気が出てきているので、一部ではプレミア価格での販売になっていたり、徐々に入手が難しくなってはいるが、まだ手に入れやすい部類だ。

売り切れる前にゲットしておこう。

激烈おすすめハイコスパ日本酒だ。

ちなみに「楽器正宗」の名前の由来は、楽器もお酒も元は【神への捧げもの】というところから来ている。

 

2.鼎(かなえ)

「鼎」は、長野県信州銘醸で作られるお酒。十四代を目指して・・・いや、十四代に勝つために造られたそうだ。

和田峠に湧き出る黒曜水という日本一の超軟水を仕込み水として用いて造られる。

米と水は日本酒の命とも言うべき素材だ。

僕はこのお酒をまだ飲んだことがないが、飲んだ人曰く「十四代を超えたかも…」とか「本丸ではない高級な十四代の味」だそうで。

こりゃヤバイね。絶対飲まなきゃイカン!(値段も今なら安い!)

さて、いかがだっただろうか?

一つか二つぐらいは「飲んでみたい」って思うようなお酒があったんじゃなかろうか?

十四代が世に出て以来、急速に日本酒のレベルが上がり、ひと昔前のいわゆる「美味しい日本酒」とは概念自体が一変してしまったように思う。

でもいまだに「十四代」は別格だし、ライバルもそこを目指して日々腕を磨いて美味しい日本酒がバンバン出てくるようになった。

フランスでもSAKE(JAPANESE SAKE)が三ツ星レストランにオンリストされ飲まれるなど、世界で日本酒が徐々に広まってきたのも、こういった美味しい日本酒がたくさん生まれてきたからだろう。

ここで紹介した日本酒なら、「十四代」的なフルーティで飲みやすいものが多いので、比較的女性にも好まれるハズだ。

どれもハイレベルなお酒なので、売り切れる前に味わっておくことを本当に強くおすすめしたい。

またお世話になった人への贈答品として、もしくは父の日などのプレゼントとしてもおすすめできる。ぜひこの記事に書いてあるウンチクを垂れながらプレゼントしてあげよう。きっと喜ばれると思う。

晩酌はもちろん、日本酒のネタ・ウンチクとして、巣篭りやオンライン飲み会にも最適だ。では今宵も乾杯!(飲みすぎ注意!)