「花邑」(はなむら)は 純米吟醸 雄町が「十四代」に似て美味い!

ども、こよなく「十四代」を愛する日本酒愛好家ゆとらです。

「十四代」の高木酒造から技術指導を受けて誕生した日本酒「花邑」(はなむら)をご存じだろうか?

「十四代」が入手困難な今日この頃だが、「十四代」直系の「花邑(はなむら)純米吟醸 雄町」は、僕の場合、幸い近くの酒屋に置いてあるので、比較的容易に手に入れることができる。

「花邑」も今やプレミア日本酒の一つだが、中でも一番人気銘柄はこの「雄町」純米吟醸だろう。

ザ・花邑とも言える「雄町」は、果たして「十四代」のようにおいしいのか?

じっくりレビューしたい。

目次

「花邑(はなむら)」の基本的なスペック

もうご存知の方もいらっしゃると思うが、一応「花邑」について簡単に解説しておく。

日本酒やワインは、予備知識あるなしで味わい方が変わってくるからだ。

「花邑」は、日本酒のトップに立つ「十四代」の高木酒造から異例の技術指導を受けて造られた、秋田県の「両関酒造」が醸す日本酒だ。

花邑 純米吟醸 1800ml
¥3,500 (2021/10/19 14:05時点 | Amazon調べ)

「十四代」というのは、日本酒ファンなら知らないものはいないほどの【最も入手困難な日本酒】であり、その困難さから「幻の酒」と言われる。

その幻の酒の技術が入っているのが「花邑」。

技術指導と一口に言っても、その内容は半端なく、醸造方法はもちろん、米の選定から保管方法・ラベル・名前にまで多岐にわたっている。

幻の日本酒「十四代」直系とも言える芳醇旨口に加え、両関酒造の技術も程よくブレンドされた今どき系甘旨で大人気の「花邑」の中で、最も人気があるのが純米吟醸の「雄町」である。

「十四代が無いときは花邑」と言う愛好家の方もちょくちょく見かける。

「十四代」があまりにもプレミアがつきすぎて手に入りにくいので、傾向が似た「花邑」を飲む・・・

そんな「十四代」の代わりがつとまる稀有な日本酒として最適な銘柄が、この「花邑 純米吟醸 雄町」なのだ。

「花邑 純米吟醸 雄町」とは?

さて「花邑」に限らず、日本酒は様々な品種や手法で造られるわけだが、「花邑 純米吟醸 雄町(おまち)」とはどんなお酒なのか?

まず「花邑」には大きくわけて「純米酒」「純米吟醸酒」「純米大吟醸酒」がある。

以下の違いだ。

純米酒・・・醸造アルコールが添加されず米、米こうじ、水だけで造られる

純米吟醸酒・・・上記+精米歩合60%以下で造られる

純米大吟醸酒・・・上記+精米歩合50%以下で造られる

醸造アルコールが添加されると「醸造酒」(本醸造など)となる。

技術のある酒造会社だと、醸造アルコールで風味を整えて素晴らしい日本酒を造るので、醸造酒より純米酒の方が美味しいと一概に言うことはできない。

ただ「純米酒」は醸造アルコールを使わない分、米の旨味やコクが前面に出やすいとされ、純米酒を好む日本酒愛好家も多い。

さらに吟醸・大吟醸となると低温発酵による「吟醸香」が生まれ、よりフルーティになりやすいとされる。

そして「雄町」(おまち)というのは、米の品種名。「雄町」は全国で栽培されるが、9割が岡山県産である。

米の品種によって出る風味が違うので、日本酒愛好家は異なる品種を飲み比べ「〇〇が特に美味い」とかウンチクをほざきたがるのである(笑)。

ゆとら

雄町の場合、熱狂的なファンを「オマチスト」という。

よってこの「花邑 純米吟醸 雄町」は、醸造アルコールが添加されていないピュアな純米吟醸で雄町(おまち)という酒米(米品種)で造られた日本酒ということになる。

ただし「花邑」ほどの銘柄になると、純米で精米歩合60%以下であっても「純米吟醸」と名乗らず、あえて「純米」としていたりするので、もともとのレベルが高く設定されている。

そんな高レベルな「花邑」のなかでも、ひと際人気が高いのが、この「花邑 純米吟醸 雄町」である。

「花邑 純米吟醸 雄町」はおいしいのか?飲んだ感想

では「花邑 純米吟醸 雄町」をさっそくレビューだ。

まず一口目飲んだ感じは、もともと甘さを感じる「花邑」のなかでも、特にフワッとした甘さが来る

おおっ!この感じ・・・十四代っぽいぞ!

香りもふくよかで、このニュアンスは「十四代」直系であるとハッキリわかるレベル。

「花邑 純米 陸羽田」はそれほどでもなかったが、「雄町」は一口目から「十四代っぽい」と感じる。

後味にややアルコール感を感じるが、ふくよかでなめらかな感じや、スッと喉に入る感じ、そして口に含んだ時の芳香が「十四代」を彷彿とさせる。

「あぁ~こりゃうめ~わ。。。」

同じ「花邑」でも、やや辛口だった「陸羽田」とは印象がかなり違う。

もっとわかりやすい。

花邑の甘みが苦手・・・という人もいらっしゃるが、僕はこの甘さこそが「花邑」の大きな特徴だと思う。

「十四代」的な造りは、この「雄町」の甘さと絶妙にマッチしている!

「十四代」とはもちろん少し異なる風味だが、【同じ方向性を向いている】ということが明確にわかる出来。

バランスの良さで言えば「寫楽 純米」とか他にもバランス良く激ウマな日本酒はあるが、「花邑」はバランスをあえて取りすぎずに、甘さに舵を切るという方向で旨さを引き出している。

だけど不思議と「甘すぎる」とはあまり感じない。

後味に少しアルコール感を残すことによって、シュッと切れる感じになるからだろう。

このあたりの感覚は「十四代」に近しいものがある。

う~ん、これはレベルが高い・・・というか「十四代」好きにピッタリだ。

「花邑 雄町」は、同じ「花邑」の中でも、特有の甘みに磨きをかけ、飲んだ瞬間からわかりやすく「美味い!」と言わせてしまう魅惑の仕上がりだ。

ゆとら

甘めの日本酒が好きな方や、飲みやすい日本酒を求めている方には特にしっくり来ると思うよ。

「花邑 純米 陸羽田」よりも、今回の「花邑 純米吟醸 雄町」の方が「十四代」派にはオススメできそう。

まるで十四代やん!

という感想は、同じ「花邑」銘柄でも、この「花邑 雄町」を飲んで出た言葉なのだろう。

陸羽田ではすぐに出てこないハズ。

「十四代」のあのドリーミィなお味に近いハイコスパでレベルが高い日本酒だと改めて感じた次第。

ってか「やっぱりうめーーーー!!」

「十四代」をこよなく愛しながらもなかなか入手できない僕としては、この「花邑 純米吟醸 雄町」と「朝日鷹」でもって「十四代感」を味わうことが多い。。。

ゆとら

花邑の中では、純米吟醸雄町が個人的ベスト。

と今まで絶賛を繰り返してきたが、体調によってはこの甘さが「甘すぎる」と感じるときがあるかもしれない。

それが「花邑」が甘さ方向に舵を切ったことのデメリットかもしれないのと、この甘さが、ディープな日本酒愛好家からは敬遠されるかもしれないな。。。

しっかし、さすが高木酒造が徹底的に技術指導して生まれた銘酒「花邑」。

飲んですぐに「うまいっ!」と言わせてしまう技術はスゴい。

ただ「陸羽田」のときもそうだったが、喉を通過するときのスムーズさというかまろやかさは「十四代」が一歩上。

なのだが、逆に喉を通過する際のアルコールの少しのアタックが【美味い日本酒感】を生み出しており、それが「十四代」との違いを生み出し、そして甘みの強い「花邑」独特の良いアクセントにもなっている。

「十四代」に似ているが、やや異なる味わいが非常に魅力的で、とにかく「甘くて美味い!」

「花邑 純米吟醸 雄町」は、「花邑」の甘さ×「雄町」の甘さが絶妙にマッチ!

「花邑 純米吟醸 雄町」 まとめ

さて、「花邑 純米吟醸 雄町」について、少しは伝わっただろうか?

やはり「十四代」系で旨かった・・・というのは、世間の評価からわかるので、あえて僕が言うまでもないことだが、今回お伝えするとしたら、この「純米吟醸 雄町」は、数ある「花邑」の中でもベストに近い日本酒である、ということ。

「花邑」を飲むなら、やっぱりフワッとふくよかな甘さがおいしい「雄町」だろうと思うのだ。

直球の「十四代」系。

それが僕の「花邑 純米吟醸 雄町」評だ。

「花邑」がやや甘すぎる、と感じていらっしゃる方、もしくはじわじわ日本酒を楽しみたい愛好家の方には、スルメ的な味わい深さで「陸羽田」の方が意外にしっくりくるのではないかと思う。

「花邑 純米吟醸 雄町」 は、華やかで日常飲みには非常に贅沢な日本酒だ。。。

なので、にぎやかな場に非常に合いそうだ。

独り飲みなら、「十四代」が手元になくても、きっと「おっ!花邑・・・やるな!!」と感じることだろう。

その意味でも「十四代が手に入らない!」という十四代が好きな方にももちろんオススメできる。

ただし十四代とまったく同じ味を期待してはいけない。

まったく同じ酒ではないのだ。

まぁ「十四代」に似ていようが似ていまいが、「花邑 純米吟醸 雄町」は高レベルでうまく、甘さ方向の日本酒の中では最高峰に近いレベルだと思う。

ぜひ見かけたら「花邑」はさまざまな米品種のものを飲んでみてほしい。

「雄町」だけでなく「美郷錦」や「陸羽田」など他の花邑も試してみよう。

どれも素晴らしいので楽しく飲み比べて、人生の楽しみを取り戻すのだ。

良いことがあったなら・・・

ちょっとストレスで緊張しているなら・・・

きっと甘くて美味い「花邑 純米吟醸 雄町」が寄り添うように癒してくれるはずだ。

花邑 純米吟醸 1800ml
¥5,280 (2021/10/04 16:46時点 | Amazon調べ)
ヘベレケア
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる