「ペルソナ6」が来るー!!その前におすすめのペルソナあれこれ

ども、人生に幸福を創るFPゆとらです。

『ペルソナ6』がとうとう発売されると噂だ。

2024年に発表、とかテーマカラーは白とか緑とか、ファンの予想はどんどん広がっている。

僕の予想では「PERSONA SUPER LIVE P-SOUND 2022~交差する旅路~」の最終日(2022年10月9日)に、映像でサプライズ発表があるのでは?と思っていたんだけど、2022年中はもちろん、2023年にも情報はなかった。

『ペルソナ3ポータブル(P3P)』『ペルソナ4ザ・ゴールデン(P4G)』リマスター版と『ペルソナ3リロード』『ペルソナ5タクティカ』の発売日が発表されただけ。

でまぁ、僕は『ペルソナ6』の発表は、2024年中にある!とふんでいる。

ゆとら

ペルソナ30周年の2027年発売だと、ちょっと待てないな。。。

ただ発表はあっても発売は2025年とか、そんな感じじゃないかなぁ?

で、2027年の30周年で『ペルソナ6ザ・〇〇』という改訂版が発売と踏んでいるが、どうだろう。

ちなみに、今までプレイステーションでの発売が多かったペルソナシリーズが、今はXBOXやニンテンドースイッチ、Windowsで当たり前のように発売。

よって『ペルソナ』シリーズ初プレイの方も増えることだろう。

で、この『ペルソナ』シリーズは、一度やるとどハマりするファンが多いのだ。

アニメやライブなど横展開も非常に多く、『ペルソナ』シリーズ自体、とっても長く楽しめるコンテンツとなっている。

今回は、そんなペルソナシリーズを更に深く楽しむ方法をご紹介したい。

目次

『ペルソナ』って面白いゲームなの??

世界中にファンが多いJ-RPGの代表作『ペルソナ』シリーズ

ゲーム『女神転生』の派生『ペルソナ』(PERSONA)シリーズは、いまや世界でも愛される日本が誇るRPG作品の一つ。

RPGといえば『ドラゴンクエスト』『ファイナル・ファンタジー』シリーズしか知らなかった僕にとって、『ペルソナ』は純粋な冒険ものRPGと違い、

なんだかチャラいな…

程度にしか最初は思っていなかった。

けど・・・

実際やってみると、

「!」が10個では足りない面白さ。

退屈な日常を吹っ飛ばす超絶面白さで、ドップリと「ペルソナ沼」にハマることになってしまった。

今の『ペルソナ』の流れは『ペルソナ3』から

ちなみに、現在の『ペルソナ』シリーズに見られるゲームの進み方や「ペルソナ合体」などのシステム及びキャラクター要素は主に『ペルソナ3』から誕生している。

また『ペルソナ1』『ペルソナ2』はハードが初代PSやPSP(プレイステーションポータブル)なので、今から遊ぶにはツライ。

よって、2023年1月29日発売の『ペルソナ3 ポータブル』(リマスター版)あるいはリメイク作品『ペルソナ3 リロード』から遊ぶことをオススメする。

『ペルソナ5』のシステムベースに『3』の青を基調としたスタイリッシュでクールな感じが激烈魅力的!音楽も少しだけアレンジされ、歌い手も川村ゆみさんから高橋あず美さんへと変わっていて新鮮。

特に『ペルソナ3リロード』は、僕も実際に購入してやったが、グラフィックが各段に良くなっていて(ハッキリ言って『ペルソナ5』よりかなり上!)、よりキャラクターへの思い入れも深くなる素晴らしいリメイクに仕上がっているのでぜひ!

ゆとら

リマスター版は、元はPSPのゲームだからグラフィックなど現在のレベルで見ればちとショボイ。
けど面白さは折り紙付きだし、リロードにはない要素(女主人公=ハム子)も。

『ペルソナ3』から始めると、シリーズの進化を感じられると思うし、古くささを感じないストーリーやシステムなどは今でも十分楽しめる。何度やってもエンディングは泣きそうになるね。

『P3P(ペルソナ3リロード)』やるなら、「ポータブル」的な要素からもニンテンドースイッチ版がいいかもね。

※『ペルソナ3ポータブル』リマスターは、パッケージ版が無くダウンロード版のみの販売。

それと『ペルソナ』シリーズは、『ペルソナ3』以降のキャラクターが別作品で絡むことが多い

だから『ペルソナ3』以降はすべて遊んでおくと、他の作品もより深く楽しめる

ゲーム『ペルソナ』遊ぶ順おすすめ

今からやるならオススメは以下の順になる。

オススメしたいゲームの順ではなく「ゲームする順番」の意味なので誤解なきよう。

なんせ『ペルソナ』は、全部オススメなので。

なお、ゲーム内容については後述するものもある。

  1. ペルソナ3リロードまたはペルソナ3ポータブル(リマスター版)
  2. ペルソナ4ザ・ゴールデン(リマスター版)※グラフィックがちとツライが面白い
  3. ペルソナ4ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド
  4. ペルソナ4ダンシング・オールナイト(DLコード同梱)
  5. ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス
  6. ペルソナ5ザ・ロイヤル(リマスター版)
  7. ペルソナQ2 ニューシネマラビリンス
  8. ペルソナ5スクランブル ザ ファントムストライカー
  9. ペルソナ5タクティカ ※やらなくてもOK

7と8は逆でもOK。

『ペルソナ』劇場版やTVアニメを見るのもアリ

とは言っても、先に『ペルソナ5ザ・ロイヤル』をやってペルソナシリーズへはまった方や、先に『ペルソナ5ザ・ロイヤル』からやりたい!という人も多かろう。

もちろん先に始めてもいい。(僕は初めてのペルソナがPS4の『5ザ・ロイヤル』だった。)

そんな場合は、同時並行して『劇場版ペルソナ3』やTVアニメ『ペルソナ4ザ・アニメーション』を見る、というのもアリだ。できれば『P3R』は、ある意味最新作でもあるのでゲームをやってほしいけどね。

『ペルソナ』はアニメの出来も素晴らしいし、そうすれば『ペルソナQ』シリーズや『P4』の続編である『P4U』も楽しめる。

僕は『ペルソナ5ザ・ロイヤル』(PS4)からドハマりしたクチなので、『劇場版ペルソナ3』『ペルソナ4ザ・アニメーション』(ザ・ゴールデン含む)をすべてブルーレイで購入し、『P3R』はPS5版が発売してから後追いで、『ペルソナ4ザ・ゴールデン』は我慢できなくて、中古でPSVitaを購入してまでやったクチ。

ゆとら

それぐらい『ペルソナ』には中毒性があるのだ!!

『劇場版ペルソナ3』は見るならぜひ映像の綺麗なブルーレイで。

もちろん面白いし、『劇場版ペルソナ3』もやはりラストは涙せずにはいられない・・・。いい出来だ。

『劇場版ペルソナ3』は全部で4作品あるので、単品かブルーレイボックスで持っておいても損はないと思う。

ゆとら

ゲームだと何度も遊ぶには時間がかかりすぎるけど、映像作品なら比較的短時間で何度も楽しめるのがイイ。

大筋はゲームと同じだが、当然ムービーなのでフルボイスのキャラが動きまくり、ゲームとはまた違った感触も。

ゲームしていなくても、ストーリーやキャラクターの性格など『劇場版ペルソナ3』だけでも把握できる素晴らしい出来。

ただしストーリーを4作品に収めているため、コミュの内容など端折った場面もあり、最終的にはゲームも楽しみたいところ。

ゲームをする予定ならネタバレになることもあり、先に映像作品を見るかどうかはよく考えよう。

ちなみに『ペルソナ3ポータブル』の女主人公も出てこない。

個人的には『ペルソナ4』が、登場人物たちの仲がすごく良く、雰囲気が楽しいのが好きだな~。

『ペルソナ4ザ・アニメーション』に関しては、ブルーレイ・DVDが全10巻と「強くてニューゲーム」な『ペルソナ4ザ・ゴールデン』が全6巻発売されている。

『ペルソナ4ザ・ゴールデン』アニメは、『ペルソナ4』のアニメを見ている前提なので、これだけ見てもストーリーはさっぱり入ってこないので注意。

全部揃えると結構な金額になるので、ペルソナシリーズのアニメを全部網羅するなら「U-NEXT」(無料トライアル期間あり。)で見るか、コレクションしておきたいなら中古を「メルカリ」で探すのも手だ。

>>U-NEXT無料トライアルを見てみる
  • 本ページの情報は2024年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

>メルカリで『ペルソナ4』のblu-rayを見てみる

マンガ(コミックス)『ペルソナ』はあまりオススメしないかも・・・

ちなみに、アニメ以外にも『ペルソナ3』『ペルソナ4』(派生作品もある)と電撃コミックスより漫画化されている。

著:曽我部 修司, その他:ATLUS
¥627 (2024/05/31 22:11時点 | Amazon調べ)
著:曽我部 修司, その他:ATLUS
¥564 (2024/06/05 17:40時点 | Amazon調べ)

やはりドハマりな僕は全巻購入してしまった。絵柄もよく似ていてよくできてるんだけど、主人公の名前(アニメや映画と設定が異なる)が気になってやや集中できなかった。。。

なので、個人的にはフルボイスの魅力も大なアニメ見るほうをオススメしておく。

ペルソナ3以降のキャラが絡む作品も楽しめる

『ペルソナ3』以降のキャラが絡む、と先述したけど、その代表的な作品がニンテンドー3DSで発売された『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』

>メルカリで『ペルソナQ』が安い

『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』は、3と4のキャラクターがフルボイスで登場。

この絡み方、嫌いじゃないわ~。

ただキャラデザインとシステム的なところが同じアトラスの作品『世界樹』シリーズ同様ポップに変身していて、好き嫌いがわかれそう。が、内容的にはかなり骨太なRPGに仕上がっていてやりがいはスゴいことは言っとく。

『ペルソナ3』キャラ、『ペルソナ4』キャラどちらをメインにするか決めることができるので、どちらのファンであっても楽しめる。

『ペルソナQ』は3と4のキャラが混成チームを結成し、密接に絡みながらストーリーが展開していくなど、ファンには堪らないゲームとなっている。

ってか『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』は、ストーリーもいかにもペルソナっぽくて、エンディングはやっぱり泣いた~。(んでもってエンディング曲「changing me」もサイコーなんだ!)

個人的にはキャラはポップにしなくても・・・とか、3DSのちっさい画面が・・・など、ちとツライ部分がありつつも、P4ルートでストーリークリア。

ゆとら

P3ルートは強くてニューゲームでやるかどうか悩んでいる。。。

>『ペルソナQ2』をメルカリで安く手に入れる

『ペルソナQ2 ニューシネマラビリンス』では、3と4に加えて5のキャラも参戦。

とんでもなく大所帯!けど賑やかなのが『ペルソナ』シリーズによく合っている。

『Q』に比べて大所帯すぎて絡みがちょい雑なんて評価もあるけど、僕は実は『Q2』の方が好き。

通常使うキャラはほぼ固定になっちゃうんだけど、キャラの調子によってアピールがあったり、特定メンバー参加のイベントも多数用意されていて、結局ほとんどのキャラを操作することになる。

ゆとら

『ペルソナQ2』はキャラの絡みもよく練られていて、ファンなら思わずニヤリとする場面も多い。

ストーリーについても、『Q』はエンディングで泣けたけど『Q2』は不覚にもゲーム途中で泣いた。

ただ、4の主人公がメンバーを呼ぶ際の名前が異なるのがファンからすれば違和感を感じるのも事実で、これで評価を落としている側面がある。

例えば『ペルソナ4』本編では里中千枝のことを「里中」と呼ぶのに対し、『ペルソナQ2』では「千枝」と呼んでたり。。。(天城雪子も同じ。)ええ…確かにコミュをマックスにして彼女にしましたよ、でも・・・。

でもペルソナファンならやって損なし!

大きなデメリットはもはやニンテンドー3DSを持っていない人が多かろうということだ。(既に手放したとか。)

3DSは中古で手に入れて、また手放すべし(笑)。バッテリーが心配なのでACアダプタとセット購入せよ。

>メルカリで「ニンテンドー3DS」本体を安く手に入れる

正当な続編『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』

『ペルソナQ』シリーズは、あくまで派生作品。

実は『ペルソナ4』の正当な続編が存在する。

それがペルソナ3のキャラも参戦する『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』(略して『P4U2』)である。

『P4U2』というふうに略されるのは、この前に『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』という作品があったからなのだが、これも『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』に含まれているので、『P4U2』をやればよし。

で、ストーリーとしては続編なんだけど・・・

なな、なんと「対戦格闘ゲーム」である。

ゆとら

なんで!?

わかりやすくいうと「ストⅡ」系の。

まぁファンなら値段も安いしストーリー含め、やって損はない。

ただし、ストーリーはやや大味(でも面白いけど)で、キャラボイスより、やや文字説明でのストーリー展開が多い点は言っとく。けど、ペルソナ3のメンバーが成長した姿が見られるだけでサイコーなのだ。

けど、これまた曲がヤバいのよ。。。「Break Out Of…」とか「NOW I KNOW」とかね・・・やっぱペルソナってスゴいわ。

もう一つの続編『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』

もう一つの続編が『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト(P4D)』

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』は、もともとPSVita専用ソフト。

なので、今からやるには中古でVita買うか、PS4(もしくはPS5)でやるために『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』DLコードが付いてくる『ペルソナダンシング オールスター トリプルパック』を購入することになる。

ちと値段高いな~。ってか、新品はプレミアついとる。中古だと大体DLコード使用済みなので注意しよう。

この『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』は、いわゆる「音ゲー」である。(もはやなんでもアリw)

『ペルソナ4』のキャラがダンスで踊りまくって、黒幕に近づいていくといったストーリーだ。

ストーリーは文字主体で進んでいくちょっと残念なパターンだけど、もちろんボイスも多々あって、ストーリー自体は悪くない。

等身大になったキャラが楽しく美しくダンシングする様はファンならかなり楽しめると思うよ。

ゆとら

主題歌「Dance!」はもちろん、他の『ペルソナ4』アレンジミュージックがサイコーなのは言うまでもないだろ?

よってその後『ペルソナ3』と『ペルソナ5』のダンシングが発売されることになるんだが・・・これらはストーリーはあってないようなものなので、ほんのオマケゲーム。

『ペルソナ・ダンシング』シリーズは、『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』のみ、ちゃんとしたストーリー仕立て。

ペルソナシリーズは音楽が良いから、音ゲーもやって損なし!

『ペルソナ5』の続編『ペルソナ5スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』

そして『ペルソナ5』の続編が『ペルソナ5スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』

あくまで『ペルソナ5』の続編なので『ペルソナ5ザ・ロイヤル』限定のキャラ(芳澤とか)は出てこない。

で、この『ペルソナ5スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』(『P5S』)だが・・・

今度はなんと「無双モノ」である。(ここまで来る笑)

わかりやすくいうと「ドラゴンクエストヒーローズ」のような。(「戦国無双」のようにワラワラは出てこない。)

ゆとら

無双モノでもバッチリはまるのが、さすが『ペルソナ5』。スゲー。

ストーリー構成もかなりしっかりしていて『ペルソナ5』が楽しめた人なら、『P5S』も絶対にやって損はないと断言しよう。

てか『ペルソナ5ザ・ロイヤル』クリア後の「ペルロス」(ペルソナロス・・・ペルソナをクリアしてしまい、ゲーム中の仲間と離れるのが寂しくて仕方ないこと)になりかける心をおおいに癒してくれる。

ゲーム要素がアクションというだけで、その他の世界観は『ペルソナ5』そのもの。

ゲームボリュームも十分で、めちゃくちゃ面白いぞ。

もう一つの続編『ペルソナ5タクティカ』

そして、『P5』シリーズ最新作がもう一つの続編『ペルソナ5タクティカ』

ペルソナ初のシミュレーションRPGだそうで・・・どうせ面白いんでしょ。→と思ってたら、イマイチの評価みたい。。。

キャラの等身が変わっちゃって、ちょいこれはファンならって感じかな。

音楽がイイ!ペルソナミュージックの魅力

PSVita(プレイステーションヴィータ)を、わざわざ中古で買ってまでやった『ペルソナ4ザ・ゴールデン(P4G)』で、僕はペルソナミュージックにハマった。

(あの・・・『P4G』もリメイクしてもらえませんかね?『P4D』も単体でオナシャス!)

そう、マジで音楽がサイコーなのだ!

事実、ペルソナシリーズは数あるRPGの中でもゲームミュージックが評判で、ライブチケットは即完売。

音楽の方向性は異なるものの、同じくRPGの『ドラゴンクエスト』に匹敵するレベルなのでは?

と思うけど、ペルソナの音楽はもっとスタイリッシュ。

ヴォーカル入りの魅力的な曲が戦闘や日常のシーンで次々流れてきて、現代のポップとして通用する。

『ペルソナ3』や『ペルソナ4』をやった人なら「うんうん」と頷くハズ。

で、どっぷりハマった証として、僕はCDやライブDVD(正確にはブルーレイ)も揃えることになってしまった・・・。

特に『ペルソナ4』シリーズは各種サントラをぜひ聴いてみてほしい。平田志穂子さんの声がイイ!!

もはやメイン作曲者である目黒将司は、ペルソナミュージックファンからは「神」と崇められている。(独立を発表。ライブには参加してくれてるけど。『ペルソナ6』の音楽はどうなの?)

「Your Affection」とか「Heart Beat,Heart Break」がゲーム中に流れてきたときにはぶったまげた!!

ペルソナ3のエンディング曲「キミの記憶」は、一時期ファン投票一位にもなった泣ける名曲。

ゆとら

いや~川村ゆみさんカッコよくていいし、個人的には平田志穂子さんの声好きだな~。

たまげたことに・・・ペルソナはアニメにもいい曲満載なのよ。。。。

ちなみに僕は喜多條敦志(作曲)の曲も好きだったりする。

『P4U』の「NOW I KNOW」とか『ペルQ』の「changing me」とかね、鳥肌モノ。

ちなみにヴォーカル入りの曲ばかりを集めた『PERSORA-THE GOLDEN BEST-』(空耳シリーズ。1~5まである。)だと効率よくヴォーカル曲が集められる。

>メルカリで『ペルソラ』をチェック

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』のサントラもファンなら欲しくなる一品。

あの小室哲哉や浅倉大介もリミックスに登場!!参りました!

またペルソナミュージックにハマった人ならライブも素晴らしいのでぜひ!!!!

ゆとら

ペルソナのライブは毎回数分で売り切れるほど、大人気なプレミアチケット。

個人的には『ペルソナ4』の音楽が好きなので、2012年~2015年ぐらいのブルーレイがしっくりくる。

けど、ライブとしての出来は『ペルソナ3~5』の曲が万遍なく演奏され、演出もダンシングな方たちが登場し盛り上がり最高の2017年ライブ『PERONA SUPER LIVE P-SOUND BOMB!!!!2017~港の犯行を目撃せよ!~』が完成度が高いと思う。ってか、毎回ライヴはパワーアップしとる。

まとめ~ペルソナ6発売前に絶対『ペルソナ3』『ペルソナ4』もやっとけ

ドハマりした愛すべき『ペルソナ』シリーズについてご紹介してきた。

ま、どれも面白いし音楽もいいよ、ということ。

ゲーム好きのみならず、普段ゲームしない人にこそ絶対にプレイしてほしいゲームだ。

んで、『ペルソナ6』は、おそらく期待をハズさない。

『ペルソナ5』がかなりレベルが高かったので、それを超えるのはかなりハードルが高いはずだけど、きっとアトラスのことだ、めちゃくちゃ面白いゲームになるはず!!

が、その『ペルソナ6』やその続編が出る前に、シリーズをやりつくしておけば、もっと『ペルソナ』を楽しめるのは間違いない!

さまざまなハードにペルソナ作品が登場した「いま」が『ペルソナ』シリーズのやり時だ~!!

まだ『ペルソナ』未経験の方は、この機会にやっとけ~~!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次