日本酒『雪月花』【ふるさと納税】は花邑より美味いかも…

ども、ゆとらです。

『雪月花』(せつげっか)という日本酒はご存知だろうか?

両関酒造という蔵が作っているのだが。

そう、あの『花邑』(はなむら)の両関酒造だ。

『十四代』という超人気日本酒を作っている高木酒造から、技術指導を仰いで作られた日本酒としてプレミアがつくほど人気が高い『花邑』。

その『花邑』を作っている両関酒造のフラグシップ日本酒が、純米大吟醸の『雪月花』(せつげっか)なのである。

だが『花邑』は知っていても『雪月花』は知らない、なんて人が多い。

実にもったいない!

純米大吟醸『雪月花』は、ひょっとして『花邑』より美味いかも・・・?

美味しい日本酒をふるさと納税でおトクに手に入れたい!と思っている人にも超おすすめできる日本酒『雪月花』

ふるさと納税も日本酒も得意な僕が『雪月花』をゲットしたので、どんな味だったかシェアしたい。

目次

日本酒『雪月花』とは?

『雪月花』は、いまや『花邑』で有名な両関酒造(秋田県)が醸す日本酒だ。

『花邑』で全国的に知られる前から、両関酒造のトップは純米大吟醸の『雪月花』である。

「純米大吟醸の」とあえて言うのは純米吟醸の「雪月花」もあるから。

この純米大吟醸『雪月花』はアマゾンでも【4.4/5】と高評価なのだ。

純米大吟醸『雪月花』は美味しい?美味しくない?

さて純米大吟醸の『雪月花』。

『花邑』を醸す両関酒造とあって期待が高まるが、はたしてその味は?

おおおぉ~・・・。

美味い!実に・・・実にキレイで洗練された味。

スーっと引っかかることなく喉を通過していくキレイさ。

これは普段日本酒を飲まない方でも思わず「ウマイ!」とこぼすレベルではないか。

おそらく女性にも好まれる洗練度で、アルコール感を感じさせない造り。

『花邑』とはまた違った洗練度合いだ。

実はこういう「キレイ系」の味は、純米大吟醸酒ではよくある。

よくあるのだが、ただキレイすぎて、というか「キレイなだけで何か物足りない」という純米大吟醸は多い。

だが『雪月花』はキレイなだけではない。

しっかりした余韻というか、スーッと綺麗に流れていくその瞬時に、コクや旨味をしっかりと感じさせてくれる。

だから「飲みやすいな。」ではなくシンプルに「ウマイ!」になるのだ。

これは実にレベルが高い!!

バランスがいい、とはよく使われる表現だが、この高次元でのバランスの高さはどうだ!

僕の日本酒と合わせるアテの定番『藁焼きカツオのたたき』と合わせていただくと・・・

もうこのまま天国でも後悔ないほどである。

よって「素晴らしい・・・」というのが率直な感想となる。

飲んだあなたもおそらく同じ感想だろうと思える。

両関酒造と言えば『花邑』ばかりに気を取られていた。

『十四代』が大好きな僕としては、『十四代』系である『花邑』より好みに合う日本酒は両関酒造には無いような気がしていた。(勝手に、だが。)

いやいや・・・

ひょっとして『花邑』より『雪月花』の方がウマイかも。。。。

ってか、たぶん『雪月花』の方が洗練されている。

『花邑』とはやや方向性が違うのだ。

もちろん『花邑』もウマイし、個人的には好きな日本酒だ。

『花邑』には、あの『十四代』にある何とも言えない米の旨味というか、スーッと入ってキレていった後の、独特の薫る余韻がある。

その余韻は『雪月花』にはなく、また違った、もっと透明感のある余韻。

従来の日本酒の美味しい部分だけを、極限に洗練させていった感があり、日本酒としてのバツグンの完成度を誇るのが『雪月花』だと感じる。

これは恐れ入った。ここまで完成度の高い日本酒にはそう出会わないから。

両関酒造、さすが高木酒造から見込まれるだけの技術がもともとある、ということなんだろう。

『雪月花』は、ふるさと納税で手に入る

この純米大吟醸『雪月花』は、ふつうに酒屋やネットで購入することができるが、おすすめの入手法としては【ふるさと納税】である。

秋田県湯沢市
¥10,000 (2021/08/24 12:27時点 | 楽天市場調べ)

720mlしかないのが残念だが、他のふるさと納税返礼品と合わせて実質2000円で手に入るのだから、使わない手はない。

飲んで気に入ったら通販でも何でもいいから、フツーに買えばいいだけだ。

『花邑』と違って、入手自体はそれほど困難ではないようだ。(ただしプレミアが付いている酒店もあるようだ。)

『雪月花』は先述のとおりウマイのだが、『花邑』の方が全国区で有名になってしまったため、穴場の日本酒なのかもしれない。

もしくは、純米大吟醸『雪月花』は両関酒造のフラグシップ銘柄だけあって、お値段もそれなりにするため、そこまでの人気になっていないのかもしれない。

まとめ

『雪月花』について参考にしていただけただろうか?

正統派・洗練・綺麗なんて言葉が似合うキレイ系日本酒が純米大吟醸『雪月花』というのが、僕の感想。

なんで『花邑』の陰に隠れているか(別に隠れていないかもw)がわからないレベルの高い日本酒だ。

プレミア価格で『花邑』を購入するなら、定価で『雪月花』でもいいんじゃないだろうか。

日本酒好きな方にはもちろん、むしろ日本酒が苦手な方にも美味しく飲んでいただける稀有な銘柄だと思うので、ぜひゲットして試してみてほしい。

きっとあなたの『美味しい日本酒リスト』に加わる一本となるだろう。

ウマい=幸せ、なので、毎日の幸せ度アップに、ワクワクに、『雪月花』をおすすめしたい。

あなたの「豊かな人生」に乾杯しよう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる