感動の香り&美味しい!自家焙煎コーヒー思ったよりやり方簡単!!

ども、人生に幸福を創るFPゆとらです。

おいしいコーヒーなら「自家焙煎珈琲」。

なんとなく美味しそうな響きだけど、自分でやるのは面倒だし・・・。

なんて思ってない?

僕も最初は「面倒」と思っていたんだけど、やってみたら自家焙煎珈琲はメチャクチャ簡単!

揃える道具も思っているより激安。

で、出来上がる味・香りはほんとに素晴らしい!やらなきゃ損のレベル!

「美味しいコーヒーを安く作れる」という点で、実はコスパ的にも超おすすめ。

「まったり」「ゆったり」した気持ちになれることもあって、最高の癒しにもなる。副次的な効果として、瞑想に似た効果がある。

自家焙煎だからと言って、焙煎機(ロースター)も高価なものは全くもって不要!

ようこそ、めくるめく「自家焙煎」の世界へ!!

目次

なぜコーヒーを自家焙煎するのか?

まず自家焙煎をわざわざする理由について。

自分好みに仕上げられる、とか、まったり優雅な気分になれるなんて効果もあるけど、やっぱり一番は「香りがサイコー」「美味しい」ってことになると思う。

そして何といっても楽しい!!

まぁそれら全て込みで、自家焙煎が自分で淹れるコーヒーの究極形だよと言いたい。

お店で焙煎したコーヒー豆を家で挽いて飲むのも美味しいけど、どうしても焙煎後の豆は時間が経つにつれ劣化していく。(焙煎後すぐより、2~3日後が最適とされる。)

おおよそ14日間(2週間)ほどで香りが抜けていくのだ。

それに、豆に湿気が移ったりして香りが台無しになることもある。

なので家で本当に美味しいコーヒーを淹れたいなら、自家焙煎が最高かつ最良な方法ということになるのだ。

自家焙煎に必要な道具と時間

自家焙煎って面倒!

というイメージをお持ちの方。僕も以前はそう思っていたのだけど。

まず、量にもよるけど自家焙煎にかかる時間は10分ぐらいで、実は面倒というほどの時間はかからないぞ。

焙煎するための道具はピンキリあるが、自宅で嗜む程度なら思いっきり安いもので構わない。

僕が使ってるのは『髙儀カフェパン』

ね?メチャ安くて1,000円もかからない。これが最安値かつ必要十分。

なんなら家にあるフライパンでも焙煎はできるんだけど、チャフ(薄皮)が飛び散りやすいので、できれば上記のように網のフタ付きのカフェパンがおすすめ。

他にも『煎り上手』とか『いりたて名人』(各数千円)なんてのもあって、とにかく煎れればなんでもいいのだ。

最初はあまりこだわらず、テキトーなぐらいでいい。

焙煎に慣れてきて「もっと本格的に」ってことになったら、その時また考えればいいのだ。

ゆとら

(かなり本格的にやる人を除いて)いきなり自家焙煎機なんて買っちゃったら小型でも結構邪魔になると思うよ。

あとは豆を冷ます(かつチャフ飛ばし用の)ステンレスのザルがあればいい。

持ち手付のが便利。ざるは小さくていい。

あとは豆を挽くミルとコーヒーメーカー。僕は全自動コーヒーメーカーに豆挽きも任せちゃってる。(ミルも持ってるけど。)

自家焙煎のやり方は簡単

さて自家焙煎のやり方。

とっても簡単なので安心してほしい。

おおまかな手順は

  • コーヒー生豆を購入
  • カフェパン(焙煎機)で焙煎
  • 焙煎した豆をザルに移し冷ます(チャフも飛ばす)

以上ここまで約10分。10分ぐらいならいつでも気軽に作れると思いません??

まずはコーヒー「生豆」を手に入れよう

「生豆」はなかなか近所に売っている店がないと思うので、通販(ネット)で購入しよう。

まずは焙煎がうまくなるまで、そして好みがハッキリするまで、お試しセットなどで色んな生豆で焙煎してみよう。

焙煎機で生豆を焙煎してみよう

生豆が手に入ったら、カフェパン(焙煎機)に入れ、ガス火で焙煎してみよう。

なおガス火にかける前に、欠けている豆や虫食いや異物がないか確認してピックアップ(ハンドピック)するのが一般的。

ただ、最初はそこまで神経質にならなくていい。目立った欠点豆・不良豆があれば取り除くぐらいで十分だと思う。

豆は焙煎すると少し膨らむので、思ったより少なくていい。(1人前10gが目安)

均等になるように、カフェパン(焙煎機)を回しながら焙煎するんだけど、この際網フタ付のカフェパンがやっぱり便利。

フタを閉めて、ちょっと縦回転するように回してやるとムラが出にくい。

・・・と言っても、大きな焙煎機やプロでなければ多少のムラは出ることがあるので、あまり気にしないようにしよう。

それもまた味があって良し。最初から神経質にならず、楽しみながらテキトーなぐらいで丁度いいのだ。

パチパチ音がしてきたら、それを「ハゼ」と言う。1ハゼ、2ハゼなどあるが、最初はテキトーでいい。

焦がしたっていいじゃないか。それもまた経験だ。

人生において「幸福」を感じようと思ったら『経験・体験』に勝るものはない。失敗経験もまた楽しい。失敗するから、成功したときに楽しいし嬉しいのだ。

ザルに移したらすぐに冷まそう

焙煎具合を確かめながら、よく見る程度のコーヒー豆の色になったら、すぐにザルに移す。

ザルに移したら、うちわやドライヤーで豆の熱を取りながら、チャフ(薄皮)を飛ばす。

豆はすぐに冷まし始めないと、その間に焙煎が進んでしまうが、それらも全て最初はテキトーでいい。やっている内にわかってくるようになる。

これで終了。ここまで約10分。

そのまま豆を2~3日寝かすとガスが抜けて、豆の風味が最も生かせると言われている。

ただ飲みたければ、すぐそのまま挽いて飲んでも十分美味しい。ベストは2~3日後ってだけ。

どう?簡単でしょ?

自家焙煎って自分でやったらまずい?おいしい?

よく美味しそうな喫茶店で見かける「自家焙煎珈琲」という文字。

自分で焙煎しても美味しいコーヒーができるの?

喫茶店だから美味しく焙煎できるんじゃないの?

と不安になる人もいるかと思うけど、まったく問題ない。

自分で焙煎してみればすぐにわかるけど、自家焙煎・・・つまり新鮮な豆を焙煎して挽くとまず「香り」が大きく違うことに驚くと思う。

この香り(フレグランスと言う)がまずもって素晴らしい!

「珈琲が美味しいカフェ」のあの香りが家で堪能できる。

そしてお味は雑味がなくクリア!!

キリマンジャロだとか、モカだマンダリンだとか、そういう話じゃなくって、焙煎間もない珈琲豆ってだけで

こんなに違うものなの?

ってビックリするよ、きっと。僕も妻も感動しちゃった。

今までコーヒーがまずい・飲めないと思っていた人も、ひょっとすれば「美味しい!」と喜んでくれるかもしれない。

それほど違うので、僕は「自家焙煎」10分かける価値はおおいにある、と思うんだけどね。

その感動をぜひ味わってほしいし、きっと自家焙煎、やってみたら「楽しい!」って感じると思うんだよね。

この無意識レベルの「楽しい」が、幸福度アップに貢献してくれるんだよなー。(自分で人生に幸福を創ろう。これが僕のモットーです。)

簡単だし、それでいて焙煎豆を家で買ってきて飲むのとは全くレベルの違う美味しさが楽しめるんだから!

まとめ

自家焙煎の魅力が少しでも伝わっていれば嬉しい。

まとめると、自家焙煎は

  • かんたん
  • コーヒーの香りがサイコー
  • 味も雑味が無くクリアでウマイ
  • 焙煎すること自体、楽しい
  • 経験・体験値アップで幸福感が増す

ん?いいことばかりじゃないか(笑)。

で、必要なのは

  • コーヒー生豆
  • 焙煎機(カフェパン)
  • ザル

たったこれだけ。

自家焙煎って、思ったよりお金はかからず誰でも簡単にできるってこと。それでいて「美味しい。楽しい。」

ぜひこの幸福体験を味わってほしいし、人生の楽しい趣味のひとつとして、人生に幸福を創ってほしいと願ってやまない。

珈琲好きな人はもちろん、珈琲が苦手な人にもオススメできるのが、コーヒーの自家焙煎だ。

では今日も人生に幸福を!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次