自分で作る!喫茶店に負けない美味しいコーヒー【全自動】

このページにはプロモーションが含まれます。

ども、コーヒー・カフェラテ大好きなコスパにこだわるFPゆとらです。

毎日のコーヒーが習慣になっている人は多いよね。

コンビニ派、スタバ派、カフェ・喫茶店派、缶コーヒー派からペットボトル派まで・・・・

人それぞれだけど、毎日コーヒーを飲むなら「自分で淹れる派」が色んな面でコスパがよいよ。

何より好きな時間に飲めるし、自分好みに仕上げられる。

けど、「自分で本格的なコーヒーを作るのは面倒!」とそんな風に思っている人もいるかもしれない。

が、全くそんなことはない。

今はヘタに自分で淹れるより本格的なコーヒーを作ってくれる「全自動コーヒーメーカー」という便利なマシンがある。

しかも、味もハンドドリップにかなり近く、喫茶店にも負けないレベルなのだ。(実際、使っている喫茶店もある。)

というわけで、カフェラテ・コーヒーを毎日飲む僕から、自宅で極限に手軽に、つまり全自動で美味しいコーヒーを入れるおすすめの方法をお伝えしたい。

目次

自宅で美味しいコーヒーを作るには?

まずは、一般的に自宅でかんたんに「全自動で」美味しいコーヒーを作るための条件・方法を確認しておこう。

実に単純かつ簡単だけど、これを怠ってるからマズイ!となるわけで、逆に条件を整えるだけでコーヒーの味は改善するはず。

コーヒーは粉ではなく豆の状態で購入しよう

知ってるかもだけど、コーヒーの香りが最も高いのは、豆から挽いたとき。

豆から挽いたときの、あの香りがコーヒーの魅力の大きな要素のひとつなんだ。(保存にも有利)

挽きたてのコーヒーは本当に香り高いので、粉からコーヒーを淹れて飲んでるなら、実に「香り」で損していることになる。

豆から挽いて、挽きたての新鮮で芳醇な香りを味わう。

こういった「小さな幸福感」を味わう工夫をしているかが大事。

ゆとら

その小さな幸せの積み重ねがストレスを軽減してくれるのだ。

ということで、必然的に豆から挽ける全自動マシンもしくはコーヒーミル(グラインダー)が必要になる。

コーヒーは粉ではなく豆で購入しよう!

評価No.1の全自動コーヒーメーカー:パナソニック「NC-A57」はデカフェにも◎

オススメとしては、豆から挽けるしっかりした「全自動コーヒーメーカー」をゲットするのが中長期的にみてヨシ。

自分で豆を挽いて、ハンドドリップをして・・・というのも楽しい作業だけど、経験上、次第に飽きてくる(笑)。

忙しいときには面倒だしね。

だったら、最近の「全自動コーヒーメーカー」がいい。

ハンドドリップのような工程で喫茶店並みに仕上げてくれるものが多いので、マシンに任せてしまった方が幸せになれる。

ラクして美味しいコーヒーが何度も作れるため、「全自動コーヒーメーカー」は、長い目で見て買っておいて間違いない。

さまざまなコーヒーメーカーから発売されているけど、おすすめは、価格ドットコムやモノクロ等忖度なしの雑誌、どちらでもNo.1評価のパナソニック「NC-A57」

僕が実際に使っていて、大変重宝しているモデルでもある。

「NC-A57」は、豆を選ぶと、本当に喫茶店に負けない味のコーヒーになる。

浄水機能が付いているので、良質の水が用意できなくてもそれなりに美味しく仕上げられる。

ミルはコーヒー豆を均一に整えてくれる機能が備わっていて、味に雑味が出ないよう工夫されている。

カフェインを気にしてデカフェにしている

夜はカフェインを取りたくないのでカフェインレスで

なんて場合にも「デカフェ豆」専用のモードがあって、デカフェも美味しく仕上げてくれるのが素晴らしい。

僕は夜はデカフェなので、これも大変ありがたい機能。

「NC-A57」は【味変】もできる。

というのも、フィルターが「粗挽き」「中細挽き」と2種類付属。

濃い味が好きなら「中細挽き」、スッキリ繊細な高級豆の場合「粗挽き」なんて使い分けができるのだ。

仕上げモードも「リッチ」「マイルド」と2種類(厳密には「デカフェ」あわせて3種類)あるので、全部で4種類の味を好みや体調に合わせて選択することができる。

気まぐれで自分で豆を挽くとき以外、僕はほとんど「NC-A57」にお世話になっている。

前モデル「NC-A56」もベストセラーだったが、「AC-57」はデカフェモードが付き、さらに豆を挽く際の音も改善されているので、文句なしベストバイだと思う。

特にパナソニック「NC-A57」は、忙しい朝に大活躍する。

何といっても片付けがかんたん。

淹れ終わったら、真ん中の容器からパカッと粉になったコーヒーをペーパーフィルターごと取り出して捨てて、容器ごと軽く洗い流すだけ。

ゆとら

楽なのにラクチン!!

所要時間1分とかからないラクチンさ。

楽すぎることに最初は感動を覚えたほどだ。

よって、つい1日に何度も作って飲んでしまうレベルなのだ。

ペーパーフィルターは定番のものを使用する

ペーパーフィルターも100均一で売っているようなモノはできるだけ避けたい。

「メリタ」「カリタ」など、コーヒーにこだわりを持つメーカーが販売しているフィルターにしておこう。

コスパから言ったら『メリタ エコブラウンシリーズ』。

淹れる杯に合わせたサイズを選ぼう。

ちなみに2~4杯用が 「NC-A57」 にジャストサイズだ。

ゆとら

ペーパーフィルターは、アマゾンが圧倒的に安いのでおすすめ。

僕は使い捨てないゴールドフィルターを使っていたことがあったけど、最終的にはペーパーに落ち着いた。

日本人好みの味になるし、ペーパーのほうが捨てるのが楽なんだよね。

おすすめのコーヒー豆

香り高いおすすめのコーヒーも紹介しておこう。

朝から飲むなら、僕がいつもお世話になっている澤井珈琲さんの「金」(ソルブレンド)「銅」(テルスブレンド)はどうだろう。

どちらも本当に香り高く、朝から気持ちをフレッシュにしてくれる。

パッケージがキラキラしていて、ちょっとした高級感があり素敵だ(笑)。

ゆとら

「金・銀・銅」のセットで、まずは好みが合うか試してみよう。

「銀」(ルナブレンド)は濃い苦味とコクが特徴なので、これはこれで美味しいが、朝よりまったりする昼以降のほうが合う。

もしくは同じく澤井珈琲の「クイーンモカ」は雑味がなく最高だ。

僕の「モカ」に対する酸味が濃いイメージを払拭したお気に入り。

やや高めなのでセールの時が狙い目。

デカフェ用おすすめ豆

デカフェはどうしてもカフェイン入りのコーヒー豆より、よく言えば「スッキリ」、悪い言えば「物足りない」感じになりがち。

なので、豆が良く、工夫して可能な限り風味を引き出してくれて、かつカフェイン除去方法が体に優しい方法である、という贅沢(だけどコスパの良い)豆を選択すべし。

個人的なおすすめは『ドリップコーヒーファクトリー』のデカフェ飲み比べセット。

日本1位焙煎士が監修している本格派。

まとめ

全自動コーヒーメーカーで朝から喫茶店に負けない香り高いコーヒーを淹れてみよう。

一見大したことないような日常のルーティンだけど、この朝のコーヒーが香り高いものかどうかで、自分の気持ちは意外と変わってくる。

また食後の一服時のコーヒーの美味さで、ストレスがスーッと自然に消えていく。

こういった「ささやかな幸せ」が人生には大切ではないかな?

それこそが「ゆとり」を生み「豊かさ」を味わえる大きなコツ。

そういう意味で「香り」というのは、潜在意識に気づかないうちに働きかけてくれる、実は超重要な要素。

だから、香りが高い豆から挽いた方がいいんだよね。

きっと人生がいい方向に向かうはず。

いい芳香なだけに!

おあとがよろしいようで。。。

※この他にもコーヒー・カフェラテを楽しむための記事がたくさんあるので、よかったら読んでいってください。

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次