お家で作るコーヒーがまずい?原因は豆じゃない、水だって!

「水を変えればコーヒーは美味くなる」

ども、コーヒーにこだわりのあるゆとらです。

どうも自分で作るコーヒーがまずい・・・?

高級な珈琲豆を使い、マシンにこだわってみたけど、あまり変わってないかも・・・なんてことはないだろうか?

それ・・・少しズレちゃってるから。。。

原因は「水」じゃないか!?

飲み物はまず「水」が美味しくなきゃ、全部まずくなるんだ。

コーヒーは、コーヒー豆(粉)と「水」でできている。

「豆」とか「ドリップ方式」だけ変えてもダメなんだよね。根本的なところを変えなきゃ。

言われてみれば当たり前だが、みんな何故かスルーしちゃって、コーヒー豆にばかり目が行っているようだ。

コーヒーを美味しくする解決策は「水」の質を上げること。

かと言ってあまりコストはかけたくない。

そんな場合の解決法を書いとく。簡単なので読んで試してみてほしい。

目次

「水」がマズけりゃ、コーヒーもまずい

コロナ禍でおうち時間が増え、自分でコーヒーを作る人が増えている。

コーヒーマシンなんかもよく売れているようだ。

最初は自分で淹れたコーヒーに満足していたとしても、コーヒーを毎日飲む人ほど「もっと美味しくできないか?」と考えているのではないだろうか。

「街の喫茶店で飲んだ、あの味に近づけたい」なんてね。

そこで勘違いしがちなのが、『コーヒー豆』にこだわろう、『ドリップ方式』にこだわろう、という勘違い。

いや…こだわった方が美味しくなるけど、順番が後だよ、と。

自分で作るコーヒーを美味しくするには、まずは元となる「水」を変えるのが先。

「水」が不味いと、いくら良いコーヒー豆を使ってもマズいものはマズい。

ドリップ方式がどうとか、豆のグラインド方式がどうとか・・・いや、それ以前の話だって!

残念ながら根本原因を改善しないとコーヒーは美味しくならないのだ。

だからコーヒーがマズいと思うなら、まずは「水」を考えてほしい、というワケ。

どのように「水」を美味しくするか?

「水」が美味しけりゃ、あとは淹れ方次第でもっとコーヒーは美味しくなる。

「水」を変えて「自分で作ったコーヒーって喫茶店レベルじゃないの?」と思えるコーヒーを目指そう。

じゃあどうすれば美味しい水にできるのか?

方法はいくつか考えられる。例えば・・・

・ペットボトルのミネラルウォーターを購入する

・ウォーターサーバーを導入する

・浄水器を設置する

まぁざっと上記3つが簡単に導入できそうな方法だ。

それぞれメリット・デメリットがあるが、僕が断然おすすめするのは「浄水器を設置する」だ。

なぜならペットボトルの場合、毎度毎度購入するのが面倒。

しかも配送でもしてもらわない限り、重たいペットボトルを毎回持って帰らないといけないし、ゴミも出る。

ウォーターサーバー導入の場合、結構設置場所を取るし費用が結構かかる。

水の購入費だけにとどまらずウォーターサーバーの電気代もかかってしまう。

一般的にmlあたりのお値段を比較すると、ペットボトルよりウォーターサーバーの方が割高となる。

よって、長い目で見てコストパフォーマンスが最も高く、一度設置してしまえば手間がかからないのと、モノをきちんと選べばペットボトルの水より「美味しい水」が作れるのが「浄水器を設置する」という方法になる。

一度浄水器を設置してしまえば、基本的には「水道代」しかかからない。

スクロールできます
方法美味しさコスト(費用)
ペットボトル
ウォーターサーバー
浄水器

ペットボトルの水は水道水とほぼ一緒

ちなみによくある誤解として、『市販のペットボトルの水はなんとなく体に良さそう』と思われているが、ペットボトルの水は水道水と大した違いはない。

日本の場合、世界でも最も安全とされるレベルの水が水道水から出ているし、水道水の元となる水は天然水だ。

水質の基準とされるものが異なるため、一般的に水道水は消毒のため塩素やトリハロメタンが含まれる。

これが水道水が不味い原因の一つだが、安全性という意味では、どこぞの研究ではペットボトルの水と水道水では大して変わらないことが証明されている。

それはさておき、不味くなる主な原因である塩素(やトリハロメタン)を浄水器でカットしても、実は水道水はあまり美味しくならない。

ゆとら

他にも水をまずくなる原因があるからだよ。

「コーヒーがマズイ」を解決する電解還元水

そこでおいしい水をゲットするために僕がおすすめしたいのは、ズバリ健康にも良いとされる「還元水」(アルカリイオン水)である。

余計な成分が除去され、弱アルカリ性を帯びた水はまろやかで美味しくなるし、健康にも良い。

つまり「電解還元水(酸化還元水)」を作ってくれる浄水器を導入しよう、ということになる。

僕が導入した、お値段控えめでおすすめの浄水器は「ハイテクヘルスウォーター2」

この「ハイテクヘルスウォーター2」で作った水は健康に良く、味はナチュラルミネラルウォーターと同等かそれ以上と言っても過言ではない。

「ハイテクヘルスウォーター2」を通した水は、雑味がなくなり、まろやかでほんのり甘くなる。

ゆとら

試験薬がついてるから、塩素が除去できたかも確認できるよ。

我が家にあるのは「二代目」で、2台合わせるともう十数年の付き合いだ。

以前とは販売会社が変わったこともあり、お値段も以前より安く買えて23,800円だ。

塩素を除去するだけではダメ~浄水器は適当に選ぶな!

うちは妻の希望で、キッチンにシャワーヘッド付の水栓を導入している。

シャワーヘッドがあると洗い物をする際べんりだからだが、シャワーヘッドタイプの水栓だと、そのシャワーヘッドへの取付に適合する浄水器がほぼ無いと言ってもいい。

当初、シャワーヘッド部分に【浄水フィルター】をセットできるタイプの水栓にするしかないのだが、この浄水フィルターごときでは全然ダメだ。

水がまずい!!

フィルターを取付けるだけの簡易な浄水なので仕方ないのだが、蛇口に付けるタイプの浄水器は似たり寄ったりの味になるだろうと思う。

塩素が除去できているのは確認できるものの、味にトゲがあり、明らかに不味い。

先述のとおり「塩素」を除去するだけでは、水の味まで改善することはできないらしいのだ。

よってコーヒーの味も期待できない。

そこで我慢ならない健康マニアな僕は以下のような浄水器を探し始めた。

・塩素除去だけでなく、水の味を確実に改善し美味しくする

・フィルターをしょっちゅう交換しなくてもよい

・つまり・・・「高性能でコスパの良い浄水器」

該当したのは2つ。

「スーパーロングライフ浄水器」と「ハイテクヘルスウォーター2」だった。

蛇口が適応できれば「スーパーロングライフ浄水器」もオススメできる。

※うちの蛇口には適応しなかったので、「ハイテクヘルスウォーター2」をわざわざ水栓から分岐させて何とか導入した。

これが大正解で、マジでおすすめできる。

まず「水」がペットボトルの天然水以上に美味しくなった。

ゆとら

まろやかで、やや甘みがある水に!

水道水と違って、ふつうに「水」としてゴクゴク飲めるようになった。

しかもハイテクヘルスウォーター2は長期間(実使用で8年~10年ほど)カートリッジ交換不要なのだ。

水が変わるとコーヒーは断然うまくなる!

さて、水が変わったことでコーヒーは美味しくなったのだろうか?

当然だ。美味しくなった。それも「かなり」だ。

うちは僕も妻もコーヒー好きで、毎朝コーヒーを淹れているが、コーヒーマシンから漏れるコーヒーの香りが朝からとっても幸せな気分を運んできてくれる。

飲んでみるとコーヒー自体にトゲトゲしさがなくなり、香り高いコーヒーが飲めてちょっぴり感動。

間違いなく「水」のおかげである。

「浄水器の導入」というちょっとした工夫で、朝から美味しいコーヒーが飲めるのだ。

導入しないなんてもったいない。

僕は自分でグラインダーを使って、手動でコーヒー豆を挽くこともあるが、忙しい朝にはパナソニックの「全自動コーヒーメーカー NC-A57」に豆から挽いてもらってドリップまでお任せしている。

正直、手で挽いたときと同等以上の味わいなので、「ラクして美味い」が簡単に実現してしまった。

まとめ

自分で作るコーヒーがまずいと思ったら、まずは「水」を変えてみよう。

その後に「豆」や「マシン」にこだわれば、より「本当の美味しさ」を堪能することができるハズだ。

何事も「本質」が大事。

本質を見極め、根本を改善させることに注力して、人生全体をより良く「豊かに」していってほしいと本気で思う。

コーヒーを毎朝飲んでいるなら、さっさと浄水器を導入した方が吉。

おいしいコーヒーが幸せとやる気を運んできてくれる。

さぁ本質を追求するクセをつけて、人生のワクワクを少しずつ取り戻そう。

それでこそ人生は輝く。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる