ソルトミル・ペッパーミルは、性能良くて安くてオシャレ『モントスコ』がコスパ最高!

ども、ガジェット大好き・家電大好き・食べるの大好きFPゆとらです。

ひょっとして塩やコショウを挽く「ミル」をお探しではないだろうか?

ちょっと「こだわり」が出てくると、「自分で挽きたくなる」のが塩やコショウ。

好みの量・加減で挽けるのはもちろん、ガリガリとミルで挽く行為そのものが楽しかったりする。

ただ・・・意外と好みのミルってないもので、あってもかなり高級なものすぎて、プレゼントにはいいけど、自分で普段使いするにはちょっと・・・とか、逆に安いのだとプラスチックで挽きごたえがなく残念・・・みたいなミルが多かった。

が、好みに合う素晴らしいミルをとうとう見つけてしまった。。。

それが塩が業務用としても使用される【モントスコ】のセラミックミルである。

MONTOSCO(モントスコ)
¥1,144 (2021/12/17 14:01時点 | Amazon調べ)
ゆとら

っつーか、セラミックミルに入った岩塩を買った・・・という方が真実に近いのだが。

専用ミルばかり探していたので、完全に盲点だったのだけど。。。

「モントスコ」はシシリアンソルト・ピンクヒマラヤンソルトとして販売されていて、容器がセラミックミルになっているのだ。

このモントスコの岩塩が美味しいのはおまけで、ミルがとても素晴らしかったので、ぜひ紹介したい。

目次

ミルとして販売していない?オシャレで使い勝手が良く安い『モントスコ』

僕は普段、岩塩を買ってガリガリしており、ちょっとオシャレなミルを探し続けていた。

だけど、なかなかお目当てのミルに出会うことができなかったんだよね~。

気分によって「粗挽き」にしたり、細かく挽いたりが自在にできて、食卓に置いてオシャレだったら言うことなし!

湿気を考えると、できれば木製のミルではない方がよい。

プラスチック製のミルもチャチいので却下。

量の微調整もできるよう、自動ではなく手動タイプで、できれば金属製もしくはガラス製でデザインの良いものはないだろうか?

しかし

挽き具合を調整でき、シンプルかつオシャレで、なんと言っても手ごろな値段!

なんていう納得のいくミルがなかなか無い。

たまに「おっ!」と思っても、かなりの高級品だったりする。

ゆとら

う~ん、コスパ悪いのは無しだな。

など、アレコレ贅沢を言ってるから見つからないんだ・・・と思っていた。

が、ある日、たまたまAmazonで検索していると

ん?

MONTOSCO(モントスコ)
¥1,243 (2021/12/17 14:46時点 | Amazon調べ)
ゆとら

こ、これ・・・ミルとしての販売じゃないけど、デザインもシンプルでメチャいいんじゃ!?

ミルなんて意外と買い替えしないし、ずっと「気に入ったものを使い続けたいなぁ」と思い続けてきたのだが・・・。

盲点だった。。。

『ミル』ばかり探していたから見つからなかったのだ。

まさか「専用ミル」じゃなく、ミルに惹かれて購入する塩やコショウがあるなんて。。。

当たり前だが、中に塩(ソルト)やコショウ(ペッパー)が入っていても、なんら悪いことはない。

というか、むしろ全然イイ!安い!!

中身が入ってること考えると、メチャメチャコスパ良くないか、これ?

ってことで、ついでにペッパーまでお揃いで購入してしまった。

MONTOSCO(モントスコ)
¥1,143 (2021/12/17 14:16時点 | Amazon調べ)

『モントスコ』ミルの大きさ・デザインは?→丁度いい感じ。

で、家に届いた『モントスコ シシリアンソルト』『モントスコ ミックスペッパー』(セラミックミル)。

想像以上に素晴らしかった。

大きさ・サイズは?

たぶん、スマホやPCで画面上で見て、値段から想像するよりはやや大きめ。

ただこれが絶妙なサイズで、大きすぎず小さすぎずで食卓に並べても邪魔な感じはしない。

デザインは?

「モントスコ」のデザインはシンプルで、むしろシンプルな分、スマートで格好いいかも。

食卓に置かれていてもショボくないデザインは、「専用ミル」でないのが信じられないほど。

ビンはガラス製で、貼られているシールは剝がせるので、モントスコ感を出したくないなら剥がして使ってもいいだろう。

ミル目当てで購入したけど、シシリアンソルト(岩塩)とミックスペッパーがそれぞれギッシリ詰まっている。

当分、これで塩とコショウは足りるな。。。

岩塩はいつも健康に気を付けて、精製塩ではなく、自然のクリスタルソルト(ヒマラヤ岩塩)を、粗粒で源気商会さんで購入しているのでミルだけで良かったのだが。。。(これもコクがあり美味いので激おすすめ!)

『モントスコ』はイタリアの100%ナチュラルな香りと味を届けるブランド

一応「モントスコ(MONTOSCO)」というブランドについても、変なメーカーやブランドじゃないか確認してみた。

わかったのは、『モントスコ』が、変どころかメチャクチャしっかりしたブランドであることだ。

モントスコはイタリアのブランドで、イタリア国内の大学との共同研究により確立した独自製法によって、薬剤を一切使わない100%ナチュラルな味と香りを届けてくれるブランドだということがわかった。

一般家庭用だけでなく、業務用にも使われているようだ。

ゆとら

モントスコ・・・フツーに素晴らしいブランドだった。。。

『モントスコ』のセラミックミルは挽き具合が気持ちいい

さて、本命のミルについて。

これがまたモントスコのセラミックミルは文句なしなのだ。(間違えてプラスチックミルの方を買ってしまわないように。)

大した力を入れなくてもガリガリ挽けるので、ミルを使うのがチョー気持ちいい!

大きさも丁度よく、手に馴染みやすいし、中のツマミで挽き具合(細かさ)が調整できるのも、痒い所に手が届いてグッド。

もちろん欲を言えば、というか上を見れば、モントスコよりも、もっと力をかけずガリガリ挽けるミルもあるが、この値段(約1200~1300円)でこの挽き具合は立派。

しかもソルト(またはペッパー)付なのだ。(本当はそっちがメインで「ミル付」なのだが。)

もちろん詰め替え(リフィル)も可能。

よって文句のつけようがなく、間違いなく「買ってよかった」ものなので、ミルを探しているならぜひオススメしたい一品である。

実際、アマゾンでも高評価が付いているが、ソルトやペッパーへの評価もさることながら、ミルについて言及している評価も多数見受けられ、「今後はコレ一択」なんて口コミまである。

それほど、モントスコのミルは使ってみて素晴らしいと感じる人が多いのだ。

100均のモノとか、スーパーで5、600円かけてミル付きのチャチいソルトを買うぐらいなら、間違いなくコイツ(モントスコ)の方が長持ちするしイイと思うぞ!

『モントスコ』のミルはコスパ最高~まとめ

さて、モントスコの『ミル』について、少しは参考にしていただけただろうか。

専用で販売されているミルよりも、個人的にはシンプルなデザインで飽きがこなさそうだし、専用ミルに勝るとも劣らない性能かと。

ゆとら

なんせ中身ありで1000円ちょいで買えるし。

ちなみに最後に、中身の方である「塩(ソルト)」「コショウ(ペッパー)」ともに、一般的なものより美味しいことも付け加えておきたい。

「安物買いのゼニ失い」は避けたい。

かと言って、高級品を買って「失敗した」というのは最悪だ。

多くの人にとって「ソルトミル(ペッパーミル)」は、【それなり】のモノでいい、と思っておられると思うが、そんな考えにピッタリ・・・いや、予想の上をいく満足度なのが「モントスコ」のミル付き岩塩なのだ。

この予想以上の満足というのが「ワクワク」や「ゆとり」にはとっても大切。

このような感情を毎日味わえるように工夫できれば、人生は一段と輝くのだ。

それに『モントスコ』なら、もし購入して好みに合わなくてもイタくない価格設定。

最悪、中身だけでも味わえばいいし。

だが、個人的には先述のとおり「専用ミル」に勝るとも劣らない性能とデザインで、正直オシャレで性能の良いミルを回すだけでもちょっと楽しい。

もしちょっと気の利いた「ミル」を探しておられるなら、選択肢のひとつに加えてみられてはいかがだろうか?

きっと価格以上の満足・・・どころか大げさに言うと、毎日のゲンナリを癒す助けになり、自分で良いリズムを作っていく、という大切なことに繋がると思う。

僕個人は、他によっぽど気に入ったデザイン・使い勝手のミルが見つからない限りは、このモントスコを使い続けるだろう。

ゆとら

ひょっとして「一生モノ」かも。

こんなに安く手に入っていいのだろうか・・・。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる