「ロスト・シンボル」の重要な謎の伏線と疑問点まとめ

lost symbol

ども、コスパにこだわるFPゆとらです。

個人的にダン・ブラウンの最高傑作と感じる『ロスト・シンボル』(ドラマ映画化)の謎(伏線)・疑問点について解説したい。

『ロスト・シンボル』は、謎が謎を呼ぶ長編のため映画化はかなわなかったものの、長編ドラマ化(全10話)することでフリーメイソンの深遠で独特な世界観を表現しているのが大きな特徴。

今回紹介するのは下記「5つ」。(ネタバレ注意)

目次

1.ピーター・ソロモンの手が指し示すものとは?

『ロスト・シンボル』は、冒頭から惨たらしいシーンが登場。

フリーメイソンの金の指輪と刺青が象徴的なピーター・ソロモンの切断された右手首が、連邦議会議事堂に置かれていた。

そして指輪・刺青の他に、手のひらには【SBBXⅢ】と刻まれているのを発見するラングドン教授。

その手の指し示すものとは古の門の先にある「古の神秘」。

ピータ・ソロモンはフリーメイソン最高位の階級に属する人物であり、秘伝の知恵を授けるカギとなる一人である。

謎の男マラークから『「古の門」を探せ』と指示されたラングドンは、ソロモンの指が指し示す「古の神秘」を探すことになる。

なお【SBBXⅢ】とは、連邦議会議事堂の地下2階13号室(サブベースメント=地下室)を示したもので、そこにはピータ・ソロモンの「自省の間」があり、フリーメイソンを象徴する小さな「ピラミッド」が置かれていた。

そしてそのピラミッドに冠石は付いていなかった。

2.小さなピラミッド・金の冠石の謎とは?

そのピラミッドには16文字の暗号が記されており、ピーターがラングドンに預けていた「金の冠石」をはめることによって暗号が完成する仕掛けとなっていた。

16文字の暗号は

『S O E U
 A T U N
 C S A S
 V U N J』

そして冠石の表面には『The secret hides within The Order』と刻まれていた。

3.ピーターの指輪と石の箱の謎とは?

謎はそれだけではなかった。

冠石の入った石の箱の底には『1514AD』と記されていたのだ。

この意味するところは、ドイツの芸術家アルブレヒト・デューラー(AD)が1514年に完成させた「メランコリアⅠ」

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/

ピラミッドの16文字の暗号は、この「メランコリアⅠ」に隠した数字によって解読する、という伏線であった。

もう、このあたりからグググッとストーリーに引き込まれていくんだよね。

この謎が謎を呼ぶ展開はラングドンシリーズの醍醐味!

4.ピラミッドの謎・疑問点ふたたび

「メランコリアⅠ」の右上部分に描かれた「4×4」の数字を解読すると以下のとおり。

『16  3  2 13
  5 10 11  8
  9  6  7 12
  4 15 14  1』

これは縦横斜めの和(合計)は、すべて34となる。33階級あるフリーメイソンの更に1つ上、とも受け取れる。

わかる人にだけわかるように仕掛けた暗号。

フリーメイソンでよく使われる仕掛けでもあるようだ。(サクラダ・ファミリアにも似たような仕掛けがある。)

これをピラミッドの文字を順番に当てはめていくと

『J E O V
 A S A N
 C T U S
 U N U S』

となり、ラテン語で「Jeova Sanctus Unus」エホバサンクトゥスウヌス(唯一にして真の神)という言葉となる。

ここでピンとくる人はくるのか…?しかしまだ謎は続く。

さて、冠石が入っていた箱の底には、ピーターの指輪がぴったりはまるような窪みがある。

指輪をはめて33度(なぜ33度かはわかるよね?)回すと箱が展開し、丸中黒を中心にした十字架が浮かび上がる。

【丸中黒を中心にした十字架】から連想されるのは「薔薇十字団」

連想するラングドンは、「Jeova Sanctus Unus」と合わせ、さらに解読を進める。

そして薔薇十字団の一員で、錬金術師でもあり、フリーメイソンであったとされる「アイザック・ニュートン」に辿り着く。

「Jeova Sanctus Unus」という文字は、JをI、VをUにし、文字を入れ替えると浮かび上がる「Isacus Neutonuus」(アイザック・ニュートン)となる。アナグラムなのだ。

ちなみに「Jeova Sanctus Unus」はニュートンが科学論文で記した別名である。

ニュートンがヒントであることを突き止めたが、解読にはまだ先がある。

ラングドン達は「ニュートン度」という温度測定法(33度が水の沸点とされる)を試すことにする。

ニュートン度で冠石を温めることによって、隠された文字『Eight Franklin Square』が浮かび上がった。

これは錬金術でも使われた、特定の温度で発光する物質が塗られていたためであった。

すでに刻まれていた文字と合わせ『The secret hides within The Order Eight Franklin Square』が正確な刻まれた文字であると、ようやくここで判明。

謎がさらに謎かけとなっていく多重の仕掛けは、さすがフリーメイソン。

この文字が意味するところは、「フランクリン街区八番地」という場所ではなく「フランクリンの八方陣」(フリーメイソンであったベンジャミン・フランクリンが1769年に発表したもの)であった。

というのも、ニュートン度で熱した冠石だけでなく、ピラミッドの底面にも隠された「八方陣」が浮かび上がっていたのだ。

一行目「Heredom↓」

二行目真ん中に「丸中黒」(サーカムバンクト)

三行目に「L(石工の定規)、Au(金)、∑(シグマ)、ピラミッド、Δ(デルタ)、E(水銀)、ウロボロス」

四行目以降に「大ピラミッドと下に伸びた階段」

が描かれていた。

この意味するところは、Heredom(フリーメイソンの聖堂=テンプル会堂)の↓(南を指す)にある「ワシントン記念塔」にの頂上にある文字(「LAUSDEO」=三行目の文字列をアルファベットに直したもの=「神を讃えよ」の意味)が、「古の神秘」そのものであることが判明したのだった。

ふ、複雑すぎる。。。

これ、ラングドン教授じゃないと謎解けないよね。。。

5.マラークという人物の謎とは?

物語途中から、謎の人物マラークの本当の正体が明らかになっていく。

獄中で死亡したとされるザカリー・ソロモン(ピーター・ソロモンの息子)その人だったのである。

全身に刺青を入れ、フリーメイソンの古の神秘を手に入れるべく生まれ変わったザカリーがマラークであるという衝撃も、『ロスト・シンボル』の見どころのひとつ。

実の父の手を切断し、母を殺害し、姉キャサリンをも追い詰めようとするシーンは、ザカリーではなくマラークという別人格である旨を再認識させ、思わず手に汗を握ってしまうシーンだ。

ドラマ後半で徐々に明かされていく謎だけど、序盤で分かった人はいたかな?

あれっ・・・?そんな謎ってあったっけ?
もう1度見てみたいなぁ・・・

というあなたへ・・・!

『ロスト・シンボル』を今すぐ、実質無料で見ることができる方法をご紹介するぞ。

※最新の配信状況は各動画配信サービスで最終確認をお願いします。

■おすすめ動画配信サービス【実質無料】

下記の動画配信サービスなら

『ロスト・シンボル』を実質無料で見ることができるよ!

「U-NEXT」で無料視聴できる!

U-NEXTのポイント
  1. 31日間の無料お試し期間がある
  2. 220,000本の作品を見放題で楽しめる
  3. 無料期間に600円分のポイントが使える
全10話は無料お試し期間でも見られる。

新規登録すると31日間の無料お試し期間と600円分のポイントが付いてきて、ポイント利用で『無料』でフル動画を視聴できます。

31日間無料でU-NEXTを体験する

クリックすると「U-NEXT公式HP」に移動します。

無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに…

※31日間の無料トライアル期間で解約してもお金はかかりません。

無料トライアルの登録や解約の手順は、以下の記事で説明しているよ。

U-NEXT無料トライアルの登録、解約する場合の手順

■総合評価&あらすじ

『ロスト・シンボル』のあらすじ

ハーバード大学教授ラングドンは、恩師のピーターに頼まれ訪れたワシントンD.C.の議会議事堂で、凶悪な事件に遭遇する。

ピーターの娘・キャサリンやCIAのサトウらと事件を捜査するが、議事堂建設やフリーメイソンに関わる巨大な陰謀に巻き込まれていく。

出典:U-NEXT

みんなの評判は?

https://twitter.com/ai0ai0birthnow/status/1538143071992393728

こんな人におすすめ

『ロスト・シンボル』は、ドラマ化にあたって映画『ダ・ヴィンチコード』『天使と悪魔』『インフェルノ』の監督ロン・ハワード、そして原作者ダン・ブラウンも製作に加わっており、製作陣の熱の入れようは相当。

実際にドラマ『ロスト・シンボル』を見てみると、第一話から非常に濃い内容で、「上のごとく、下もしかり」など古代ロマンにも満ちた、謎が謎を呼ぶ展開は見どころたっぷり。

映画化を望む声が大きかったものの、話がコンパクトな映画の枠に収まらなかったんだと思う。

『ダ・ヴィンチコード』や『天使と悪魔』にはまった人はもちろん、都市伝説好きや神秘・ミステリー好きにもオススメ!

ロスト・シンボルは全10話

まとめ

『ロスト・シンボル』の謎・疑問点について解説した。

  1. ピーター・ソロモンの手が指し示すものとは?
  2. 小さなピラミッド・金の冠石の謎とは?
  3. ピーターの指輪と石の箱の謎とは?
  4. ピラミッドの謎・疑問点ふたたび
  5. マラークという人物の謎とは?

あれっ・・・?そんな謎ってあったっけ?
もう1度見てみたいなぁ・・・

というあなた・・・!

「U-NEXT」

で今なら実質無料で見れますよ!

「U-NEXT」で無料視聴できる!

U-NEXTのポイント
  1. 31日間の無料お試し期間がある
  2. 220,000本の作品を見放題で楽しめる
  3. 無料期間に600円分のポイントが使える
全10話は無料お試し期間でも見られる。

新規登録すると31日間の無料お試し期間と600円分のポイントが付いてきて、ポイント利用で『無料』でフル動画を視聴できます。

31日間無料でU-NEXTを体験する

クリックすると「U-NEXT公式HP」に移動します。

無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに…

※31日間の無料トライアル期間で解約してもお金はかかりません。

無料トライアルの登録から解約の手順は、以下の記事で説明しているよ。

U-NEXT無料トライアルの登録、解約する場合の手順

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる