ネットで確定申告~「電子申告」やってみた

ども、ファイナンシャルプランナーのゆとらです。

「電子申告」しなきゃ損な時代になっているが、確定申告はちゃんと「電子申告」しているだろうか?

今までは管轄の税務署に直接行って「確定申告」を済ませていた僕も、昨年から「電子申告」で行うようになった。

僕は青色申告者なので「特別控除額が10万円アップ」するからだ。

※正しくは、青色申告者は「電子申告」しないと、特別控除額が10万円ダウンしたのだよ。。。

青色申告者は損しないよう、絶対に「電子申告」で確定申告した方がいいぞ。

もし青色申告者でなくても、オンラインで確定申告を行うことで、わざわざ税務署へ行かなくてもいい、

添付書類はある程度省略可能、というメリットもあるので「電子申告」しておく方がいいだろう。

コロナ禍の間は密を避けたほうがいいので特にそうだし、これからの確定申告は「電子申告」がスタンダードになる。

なんだか「電子申告」って難しいんじゃないの?って?

実は「電子申告」は最初だけ面倒だが、やってしまえばメチャかんたんなので、手順を残しておきたい。

目次

確定申告をネットで「電子申告」する手順

「電子申告」の手順はこうだ。

なお、令和3年よりスマホでもより簡単に「電子申告」できるようになったが、事業所得など申告できない所得もあるため、個人事業主は基本的にパソコンでの「電子申告」の手順となる。

※freee(全自動のクラウド会計ソフト)ならアプリでスマホでの電子申告にも対応。質問に「〇・×」で答えながら入力していくだけの、かなり確定申告がラクになる会計ソフト。

1.マイナンバーカードの取得と「電子証明書」を発行する

2.e-Taxの開始届をし「利用者識別番号」を取得する

3.国税庁HP(e-Tax)または会計ソフトなどで、申告書を作成する。(freeeなど、できれば全自動のクラウド会計ソフトを使うことをオススメする。)

4.ソフトや環境を整えて「電子申告」する。(またはスマホなら超簡単)

5.必要であれば、書類を郵送する。

ま、手順としてあげれば非常に単純かつ簡単に見える。

「電子申告」でつまずきやすい点は?

1.マイナンバーカードの取得と「電子証明書」の発行

手順よりもまず、何よりも先に「電子申告」に必要となる「マイナンバーカード」の取得を早めに済ませておこう。

役所に申請してから約1ヶ月ほどかかるからだ。

マイナンバーカードが発行されたら、同時に「電子証明書」の発行も済ませておこう。

「電子証明書」は、住民票のある市区町村役場で申請することになる。

マイナンバーカードを持っていけばやってもらえるが、この際の注意点は「暗証番号」を設定するところ。

非常にややこしいのだ!!

この際の暗証番号には2つあって、ひとつは「利用者証明用」として4ケタの数字、もうひとつは「署名用」として6~16ケタの英数字をパスワードとして設定することになる。

そして実際にe-Taxで使うことになるので、絶対にメモして無くさないように!!

電子証明書発行の際のパスワードはメモ必須!(無くすな!!)

2.e-Taxの開始届をし「利用者識別番号」を取得する

確定申告書の作成うんぬんより「e-Tax」の登録の際に少しつまずくかも・・・というか、ただ単に面倒なだけである。

税務署に「e-Tax開始届出」を行うか、e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナーから「開始届出書」を送信して、「電子申告」に必要な「利用者識別番号」を取得しよう。

このとき登録した「利用者識別番号」それから「納税用確認番号」(電子納税の際に必要)は必ずメモなりして残しておこう。

3.国税庁HP(e-Tax)または会計ソフトなどで、申告書を作成する

e-Tax(「確定申告書等作成コーナー」)で確定申告書を作成してもいいが、そうなるとまた「事前準備セットアップファイル」のインストールが必要だ。

インストール自体はかんたんだが、面倒くさくて、つい紙で申請してしまいたくなるだろう。

だが、青色申告者はガマン!!会計ソフトなら楽勝なので、そちらを使うことで大幅にストレスがかからなくて済む。

僕はfreeeという全自動のクラウド会計ソフトを利用している。

4.ソフトや環境を整えて「電子申告」する

パソコンで「電子申告」するなら、「公的個人認証サービス」利用者クライアントソフトのダウンロードとインストールが必要となる。

マイナンバーカードに記録された「電子証明書」を利用するために必要なソフトである。

登録とか発行とかインストールが多くて、なかなか面倒くさいね。。。

そして「ICカードリーダー」だ。

ICカードリーダーは通販で購入しておこう。有名メーカーものじゃなくて安物で十分だぞ。(2,000円以内で買える。)

大抵のICカードリーダーやマイナンバー記載の面、つまりICチップを上に向けて挿入する。

これマジで上下逆さまでやってしまいがちなので要注意だ。

なお、スマホでもマイナンバーカード読み取りが可能な機種で、かつパソコンとbluetoothでペアリングできればICカードリーダー代わりに使用可能だ。

ただし、bluetoothでペアリングさせるくせに、ブラウザは古いInternetExplorer11しか対応していない等、ワケがわからん仕様なので、スマホで「電子申告」してしまうか、パソコンで「電子申告」するなら必要経費と思って「ICカードリーダー」を購入した方がいいと思うぞ。(たいした値段じゃないし。)

そしてもう一つ。

マイナンバーカードの「署名用パスワード」などが必要となるので、先述のとおりメモって保管しておかないと、翌年以降大変めんどうなことになるぞ!

確定申告用のファイルか何かをつくって、e-taxの「利用者識別番号」などと一緒に保管しておくことをオススメする。

毎年これ忘れてあたふたしてる人が多いのだ。

「電子申告」まとめ

とにかく初めての「電子申告」は面倒だ。

だがひとつひとつ、ゆっくり手順通り一度やってしまえば、freee(全自動のクラウド会計ソフト)なら記憶しておいてくれるので、翌年以降はかなり楽勝になる。

ただし「電子申告」できたことを確認するには、更に使用するブラウザの拡張機能のインストールが必要になったりする。

これは支持どおりやっていけば問題なかろうが・・・何度インストールやらさせれば気が済むのだろう。。。

まぁ面倒ではあるが、毎年確定申告をしているようなら「電子申告」は、今後避けて通れない道だ。

青色申告者は「電子申告」できないと「控除額」が下がるという、直接【金】に絡むことになっているので、今のうちに「電子申告」ができるようになっておこう。

なんでも「早め早め」に動いておくと、結局はあとに「ゆとり」ができることになる。

面倒くさいと言って後回しにしていては、本当に「損をする」仕組みになってしまった。

毎日の「ゆとり」はもちろん、お金に「ゆとり」を持たせるためにも確定申告は2021年以降は絶対に「電子申告」で行うと自分に誓おう。

では、ゆとりある毎日を。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる