ビートルズ『LET IT BE』スペシャル・エディションで幻のアルバム「Get Back」がやっと陽の目!

ども、ビートルズ大好きゆとらです。

ビートルズの映画『Get Back』(ゲット・バック)が延期からディズニープラスでの配信に代わり、

「あれっ?LET IT BE 50周年デラックス・エディションの発売は?」

と思っていたファンにとって、ようやくの『LET IT BE』スペシャル・エディションの発売となった。

コロナ禍もあり、50周年ではなく51年目となったが、もう無いと思っていたところに嬉しい発売!

スーパー・デラックス盤の方で、幻のアルバム『Get Back』(グリン・ジョンズ編集)がようやく陽の目を見ることになった。

だがビートルズファンなら「?」も隠せない、この『LET IT BE』スペシャル・エディション。

音楽数珠つなぎ特別編。どこが聴きどころで、何がダメなのか、改めて51年目に『LET IT BE』を考えてみよう。

目次

ビートルズが最後に発表したアルバム『LET IT BE』とは?

ビートルズのアルバム『LET IT BE』は、ビートルズのアルバムの中でも異色の輝きを放つアルバムだ。

ビートルズのオリジナルアルバムとしては、ラストに発売され、当然のように全米・全英No.1となっている。

異色である理由は主に以下が挙げられる。

・アルバムの原題は『Get Back』である。

・プロデューサーであるジョージ・マーティンの手によらない最初で最後のアルバムである。

・ウォールオブサウンドで有名なフィル・スペクターがプロデュースした唯一のビートルズのアルバムである。

・アルバムの製作は『Abbey Road』(アビー・ロード)よりも前である。

アルバムの原題は『Get Back』

アルバム『LET IT BE』は、もともとは『Get Back』(ゲット・バック)というタイトルの予定であった。

というのも、通称「ゲットバック・セッション」と呼ばれるスタジオセッションをすべて撮影して、新アルバムおよびドキュメンタリーの発表、そしてライヴを行おうというプロジェクトが『LET IT BE』の始まりである。

このプロジェクトは、原則オーバーダビングせずに、バンドの演奏のみで楽曲を収録するという、バンドの原点に返ろうという意味で「ゲット・バック」セッションと名付けられていた。

しかし、マネージャーであるブライアン・エプスタインを亡くし、何とか自分たちで活動してきたザ・ビートルズの散漫ぶりは「ホワイトアルバム」あたりで限界を迎えていたと言える。

メンバー間での軋轢もそれなりにある中で、四六時中撮影が行われるというストレスもあり、集中力を欠いた演奏が多いゲットバック・セッションの音源をメンバーは気に入らず、何とかまとめ上げたグリン・ジョンズ編集のアルバム『Get Back』は2度もメンバーに拒否にあっている。

プロデューサーであるジョージ・マーティンの手によらない最初で最後のアルバム

結局ビートルズは『Abbey Road』(アビー・ロード)の制作に入り、音源はフィル・スペクターに託されることになった。

そしてフィルお得意の化粧をほどこし完成したのが『LET IT BE』(レット・イット・ビー)という名のアルバムであった。

よって、ジョージ・マーティンがプロデュースしていない唯一のビートルズのアルバムとなる。

しっかりしたプロデュースの下、もう一度自分たちのクオリティを取り戻したいビートルズのメンバーたちは、実質的なラスト・アルバムとなる『Abbey Road』(アビー・ロード)のプロデュースを「もう一度、一緒にやってくれないか?」と、ジョージ・マーティンに依頼することとなった。

そして『Abbey Road』は、各所から絶賛されるクオリティの非常に高いアルバムとなった。

このあたりのドラマもザ・ビートルズマニアなら詳しいであろうエピソードだ。

フィル・スペクターがプロデュースした唯一のビートルズのアルバム

ビートルズを知り尽くした【5人目のビートルズ】とも言うべきジョージ・マーティンの手によらない事もあり、ビートルズの(特にポールの)あずかり知らないところでアレンジが施されることとなった。

まぁ実質的には「ホワイト・アルバム」の時にもジョージ・マーティンは締め出され、ほぼセルフ・プロデュースに近い形だったようだが。。。

ゆとら

「The Long And Winding Road」(ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード)の過剰に装飾されたオーケストラアレンジにポールが激怒した、というのは有名なエピソードだ。

それを裏付けるように、ビートルズのメンバーは解散後に『LET IT BE…Naked』(レット・イット・ビー・ネイキッド)という過剰なアレンジを排したアルバムを発表している。

ユニバーサル ミュージック (e)
¥2,356 (2021/08/27 10:35時点 | Amazon調べ)

ただし、この 『LET IT BE…Naked』 は、アレンジこそ過剰ではないが、同じ曲の多数の演奏から良いところばかりを編集する「マッシュアップ」という方法で製作されており、過剰編集と揶揄されることもある。

ただもう一つ付け加えると、散漫な音源をそれなりにまとめあげたフィル・スペクターを、ジョン・レノンとジョージ・ハリスンは高く評価し、その後自身のアルバムにもプロデューサーとして迎え入れている。

その最も顕著な成果としてジョージの大作『All Things Must Pass』(オール・シングス・マスト・パス)がある。

アルバムの製作は『Abbey Road』(アビー・ロード)よりも前

発表は、収録順とは逆に「アビー・ロード」より後となり、ビートルズが発表したラスト・アルバムとなった。

なおビートルズが事実上解散を発表したのが、1970年4月10日。

『LET IT BE』の発売は、解散後表明後の1970年5月8日であり、ドキュメンタリー映画と合わせて、アルバム『LET IT BE』はビートルズ解散を象徴する作品となってしまった。

『Abbey Road』(アビー・ロード)が非常にクオリティの高いアルバムだっただけに、最後に発表となった『LET IT BE』を聴いて「これだから解散したのか」とか「?」となったファンもいただろうことは想像に難くない。

アルバム『LET IT BE』ってどうなの?

で、結局『LET IT BE』(レット・イット・ビー)というアルバムは良いのか?悪いのか?

ファンなら賛否両論あるだろうが、今ではそれなりのクオリティを持ったアルバムと認識されている。

シングル化された「Get Back」の他にも「The Long And Winding Road」「Let It Be」「Across The Universe」など、それなりにレベルの高い楽曲が収録されているからである。

僕個人としては、やはりお蔵入りになった『Get Back』の方が聴きごたえがあると感じてしまうけどね。

『LET IT BE』スペシャル・エディション(スーパー・デラックス)の良いところ悪いところ

さて、アルバム発表から51年を経て発売される『LET IT BE』SPECIAL EDITIONは良いのか?どうなのか?

まずアビー・ロードの時には「デラックス・エディション」となっていたのが、今回「スペシャル・エディション」となっているのは何故なんだろう??

スペシャル・エディションのデラックスとかスーパー・デラックスというややこしいネーミングw

今後、映画『Get Back』や旧映画『LET IT BE』もセットになった【完全版】が発売されることの布石でないことを願うのみだ。。。

さて、「スペシャル・エディション(スーパー・デラックス)」と称される最も充実した盤は5CD+ブルーレイ1枚の合計6枚組の豪華仕様。

1CD、2CD、5CD+1BD、LPなど

良いところ

CDの方には、オリジナル『LET IT BE』の新ミックスはもちろん、アウトテイクが満載。

そしてファンには嬉しいのが、幻の未発表アルバム『Get Back』が収録されること。

収録内容からして、グリン・ジョンズが1969年にミックスした、いわゆる1st Mixである。

実は幻のアルバム『Get Back』には2つのバージョンがあり、1つは今回初めて発表される1st Mix。

そしてもう1つは、映画『LET IT BE』が発表されるに伴い、サントラとして編集された2nd Mix(Final Mix)とも言われるもの。

収録曲や曲順が異なり、どちらも味わい深い出来だが、その辺り今回抜かりない。

2つ目の『Get Back』で差し替えられた曲「I ME MINE」と「Across The Universe」のグリン・ジョンズ1970年ミックスがディスク5(CD5)に、『レット・イット・ビーEP』として収録されている。

この未発表アルバム『Get Back』のフル収録が、スペシャル・エディション(スーパー・デラックス)の魅力であり良い所だろう。

ファンならこれだけで「買い」だ。

幻の 未発表アルバム『Get Back』がフル収録 !!

アルバム『Get Back』では、フィル・スペクターのオーケストラアレンジが無くシンプルかつ美しい『The Long And Winding Road』や、フィルの編集が入る前の、より素に近いアレンジ・エディットの各曲を聴くことができる。

『The Long And Winding Road』 は、未発表曲を集めた『アンソロジー3』や先述『LET IT BE…Naked』でも聴けたが、アルバム全編通して公式な高音質で聴けるのは、やはり嬉しい!

オーディオ環境が整っている人にとっては、ブルーレイのハイレゾ音源や、5.1チャンネルサラウンド収録も楽しみの一つとなる。

ダメなところ

逆に、悪い所は、値段が高いところ。

6枚組であることを考えても19,800円は高すぎる!1枚計算で3,000円以上なのだ。

だったら、ボーナストラックは満載かと思いきや・・・「?」な部分も多い。

膨大なゲットバック・セッションやアップルスタジオでのテイクの中から、「なんであのテイクが収録されていないの?」ということだ。

例えばセッション中、過去のビートルズナンバーや、ジョン・ポール・ジョージそれぞれのソロ作品で発表となる曲の初期バージョンが何曲か演奏されている。

この値段なのだから、このあたりはメドレー形式でもいいので、多数収録されるとファンとしては嬉しかっただろう。

断片的ながら「Love Me Do」も演奏しているのに、なぜか「Please Please Me」は収録・・・とか、ジョンの「Gimme Some Truth」は収録されているのに、「Child Of Nature」(Jealous Guyの原曲)は未収録とか。

ポールの「Another Day」「Back Seat Of My Car」、ジョージの「Let It Down」は断片的でも収録してほしかった。

それなりに聴ける音源としては、ポールが歌う「Twenty Flight Rock」「Besame Mucho」や「Get Back」の様々なバージョン(テンポが早いバージョン、ジョンがリードヴォーカルのバージョン、「No Pakistanis」バージョン、ドイツ語バージョン)あたりも収録があればよかった。

ジョンが歌うロックな「I’ve Got A Feeling」「Rock And Roll Music」、ジョージがボーカルを分ける「Not Fade Away」等もあったハズだ。

まぁ膨大なセッションのなかで、今回収録されている音源が抜きんでて聴けるレベルになっているのかもしれないし、ほとんどが冗長で退屈な音源とされているので、ある程度仕方ない部分もあるが。。。

それと旧映画作品である『LET IT BE』も久しく廃盤のまま、今回も陽の目を見ることはなかった。

それと、ビートルズ最後のライヴである通称「ルーフトップコンサート」の音源もだ。

これは期待していたファンが多かっただろう。

トレーラーで発表されている映像を見ると、映像の方は綺麗にリマスターされているハズなので、今後ブルーレイで単品発売でもされるのだろうか?

後追い世代は、公式な映像作品である『LET IT BE』を見ることは、今後できるだろうか?

映像作品としての旧映画『LET IT BE』や、ルーフトップコンサート全編のリマスターは収録されず。

まとめ

出ないと思っていた『LET IT BE』の新しいエディションの発表をまずは歓迎したい。

『LET IT BE』はもちろん、未発表である『Get Back』までも、高音質で聴けるのだからファンには堪らない。

先述のとおり、期待どおりの部分、期待外れの部分、両方あるが、やはりファンにとっては、嬉しいスペシャルなエディションになることは間違いない。

メンバー2人がすでに故人となり、解散もしているバンドがここまで世界中で愛されているという事実。

偉大なバンド「ザ・ビートルズ」に敬意を表して、じっくり『LET IT BE』スペシャル・エディションを堪能しよう。

まだビートルズをよく知らない、という方は、ラストアルバムである今作ではなく、まずはオリジナルアルバムを順に聴いていくことをおすすめする。

その方が、さらに今作『LET IT BE』が深く味わえるからだ。

ファンとしては、ワクワク期待しながら、映像作品の『LET IT BE』も発表されることを心から待ちたい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる