ザ・ビートルズはロックを知る出発点~リマスター高音質で聴く~

「ザ・ビートルズはロックの出発点である。」

ども、エバーグリーンな音楽探究家でFPのゆとらです。

最近、ステキな音楽聞いてる?

もし、あなたがまだビートルズの曲を聞いたことがないなら、家時間が多い今こそ聞いてみてほしい。

なぜならビートルズを聴くことで、さまざまなロックのことがより理解できるようになるから。

だからビートルズを聴かずに死ぬなんて本当にもったいないのだ!

「古くさい音楽でしょ?」「音悪いし…」

そう言いたくなる気持ちはわかる。

が、今ビートルズはリマスターやリミックスされて音がイイのだ!先入観を持たずに一度聴いてみてほしい。

ちゃんと聴いたことがない人は本当にラッキーだ。

だって、今からロックの出発点『ザ・ビートルズ』が堪能できるなんて羨ましい限りだからだ。

目次

ザ・ビートルズとは?

ザ・ビートルズは言わずと知れたイギリスのロックバンド。正式にはThe Beatles。

メンバーはジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4人。

名前ぐらいはどこかで聞いたことがことがあるだろう。また知らず知らずのうちに彼らの作った曲を耳にしているはず。

ビートルズは『20世紀最高のバンド』とか『史上最高のロックバンド』と呼ばれてるんだ。

ビートルズはもう解散しているし、メンバーの半分は無くなってこの世にいないけど、世界中にいまだ熱狂的なファンがいて、リマスターやリミックス、そして未発表テイクなど、作品も未だにリリースされ続けてる。

世界中のミュージシャンはもちろん、日本人のミュージシャンにカバーされたり、オマージュ(ビートルズの曲が元ネタ)された曲なんて数えきれないほど。今でも新たにつくられている。

ビートルズの遺伝子を受け継ぐミュージシャンはもちろん多いし、コピーバンドも無数に存在するが、60年代のバンドでいまだにコピーバンドがライブやって喜ばれるなんて「ザ・ビートルズ」や「ザ・ビーチボーイズ」ぐらいだ。

なぜこんなに熱狂的なファンが多いのか?

それは、ぜひ一度ビートルズの楽曲をじっくり聞いてみてほしいのだが、実は聞き方や聴く順番にはコツがある。

聞き方を間違えると「ビートルズってよくわからん!」となりかねなく、誰しもがハマりそうな罠なので以下に注意を書いておきたい。

ザ・ビートルズの聴き方のコツ

誤解なきように言っておくと、ビートルズの聴き方に正解はない。

なので、コツと言ってブログに書くと、ひょっとすると熱狂的なファンから「それは違う!」とお叱りを受ける(ファンそれぞれに聴き方のコツがあると思うのだ)かもしれない。

が、メッチャ大事なことなので、あえてお叱りを承知でゆとら流「聴き方のコツ」をお伝えしたい。

ゆとら

このコツを知らないと「もったいない」よ。

正直ビートルズのCDは、あまりにもたくさん出ていてどれから聞けばいいのかわからない、という風になりがちだ。

で、結局「ベスト盤」とか「コンピレーション盤」と言ったものから聞いてしまう人が多いのだが、ビートルズの場合、それは絶対にやめてほしいのだ。

もちろん、最新のベスト盤「1」のリミックス盤は音が良いのでおすすめではあるのだが、最初に聞くのはやめてほしい。

「赤盤」「青盤」と言った前期・後期の代表曲を集めた公式コンピレーションアルバムもあるのだが、それもちょっと待ってほしい。

「Let It Be」とか「Hey Jude」「Help!」などでビートルズの曲が好きになる人ももちろんいるだろう。上記ベスト盤にはそれらが入っている。

でもビートルズの場合、短期間にバンドが音楽的に急成長したため、ビートルズ初心者がいきなりベスト盤を聴くと、あまりの音楽的な変遷ぶりに頭が混乱する。。。と思うのだ。

実際僕がそうだった。

僕の個人的な経験から言わせてもらうと、僕が初めて聞いたのは「青盤」(ビートルズ活動後期のベスト盤)だった。

有名な「Let It Be」が入っていたから聞いてみようと思ったのだ。

でも「青盤」を全体を通して聞いてみて「???」となった。(「赤盤」だと比較的わかりやすいのだが。)

「なんか良い曲もあるけど、難解な曲も意外と多いのかな?(音質も悪いな… ※リマスター前のものだったから。。。)」という感じになってしまったのだ。

今だったらわかるのだが、そりゃいきなり「I Am the Walrus」なんかは、ちょっと難易度が高いのだ。

今の音楽に耳が慣れているとなおさらそうなると思う。

ザ・ビートルズは何がいいのか~じわじわ理解できることもある

「本当に良いものは、いつ聞いてもいいんじゃないの?」

と言いたくなる気持ちはわかる。

だが、良いものを自分が一発で理解できるとは限らないのだ。

まずは今の音楽に慣れきってしまった耳を’60年代前半になじませる。

それでこそ、「おぉっ!なんだこれ!?」と今までの音楽観とは異なる刺激に喜び、本当にビートルズの魅力がバンバンに伝わると思うのだ。

つまり、ビートルズの曲を手軽に網羅できるという意味でベスト盤・コンピレーション盤は一見良さそうだが、いきなりはダメ。それではビートルズの魅力が伝わりづらい。

ちょっと後期なんかはポップさが欠けてとっつきにくい曲もあるのだ。

そこで、おすすめする聴き方は「発売されたアルバム順に聴く」聴き方だ。

つまりファーストアルバム「Please Please Me」から聞く。

ただし絶対に外せないポイントとして、音質が良い2009年リマスター盤で聴いてほしい。

ユニバーサル ミュージック (e)
¥2,418 (2022/05/16 23:06時点 | Amazon調べ)

ポールの「1、2,3,4~!!」の掛け声からスタートの「I Saw Her Standing There」で始まり、ジョンのシャウトがいかにもロッケンロールな「Twist & Shout」で締めくくられるアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」は、最初から最後までアッという間のビートルズデビューアルバム。

タイトル曲「Please Please Me」は『カモン、カモ~ン』の掛け合いがステキなセカンドシングルで、今の時代ではあまり聞かないパターンのロック。

ゴキゲンでポップなロックなので、一気にビートルズワールドへ引き込まれるだろう。

ビートルズは初期の頃の曲の方がキャッチーで理解しやすいし、いかにも’60年代って感じでグッドなのだ。

まずはマージービートと言われた初期を聴く。

そうすると実際に1960年代にビートルズにハマった人たちを体感(追体験)でき、これでグッと来た人だけその後のアルバムを順に聴いていけばいいのだ。

ザ・ビートルズはデビューアルバム「Please Please Me」(リマスター盤)から順番に聴く

ビートルズはリマスターから聴け!

ここでもう一つ聴き方のコツというか注意がある。

先述のとおり、必ず「2009年リマスター盤」で聴いてほしいということ。

リマスター前の旧CDは非常に音が悪い(今の音楽に慣れた耳ではそのように感じる)のだ。

なんせ’60年代の録音で、80年代にまだ未熟なCDだから。。。(なのでレコードは音が良かったりする。)

だが、2009年にビートルズが現役時代に発表した公式アルバムすべてがリマスターされた。

このリマスターに喚起したファンも多かった。(僕もその一人。)

非常に丁寧にリマスターされており、ノイズもかなり少なくなったので、ようやくビートルズの音源が今の耳にも聞きやすくなった。

音質の差は相当なので、もしリマスター前のCDを聴くと、曲の良しあしより「なんだビートルズ、音悪いな」で終わってしまう人もいると思われる。

それではもったいないので、ビートルズは必ずリマスター盤を聴くようにしよう。

ファーストアルバムの「Please Please Me」がメチャクチャ気に入った!という人や、もう「どうせ全部聞くんだろ?」って方は、ビートルズのリマスターアルバムと限定DVDがセットになったBOXを買って損はないぞ。

初心者はビートルズはステレオ盤で聴こう。

ユニバーサル ミュージック (e)
¥13,500 (2021/09/14 22:30時点 | Amazon調べ)

’60年代という時代背景から、ビートルズのアルバムは途中(4作目)まで「モノラル」がオフィシャル盤だった。

ザ・ビートルズ・モノ・ボックスは上級者向け

ってこともあって白いBOX「ザ・ビートルズ・モノ・ボックス」なんてものもあるが、ややマニアックな内容になることと、今の耳にモノラルはちとキツイので、かなりビートルズが好きになってから。

モノラル音源としては音質がいいが、最初は手を出さないことをおすすめする。

ビートルズの音源はモノラルとステレオでミックス違いや編集違いがあって、コアなファンなら両方聞いて「この曲はモノラルの方が迫力があっていい」とか「〇秒ステレオの方がフェードアウトが遅い」とか「モノラルに入っているこの音はステレオだと聞こえない」とか「ステレオだとこの曲はボーカルがダブルトラックになっていない」などマニアックな話題にも事欠かない。

そういったところもビートルズのファンにはたまらない魅力となっているのだが。

ユニバーサル ミュージック (e)
¥49,800 (2021/09/14 22:31時点 | Amazon調べ)

ビートルズ初心者は「ステレオ」から聴くこと

ザ・ビートルズのリミックス盤は高音質で新鮮!!

ビートルズをアルバム順に聴いていく過程で好きになった方は、ぜひ音質が良い最新のリミックスされたアルバムも聴いてみてほしい。

リミックスと言っても何か音を足したということではなくて、トラック毎にノイズリダクションして音質を磨いて・・・とマニアックな話はともかくとして「高音質盤」と考えてもらえばいいだろう。

’60年代に活躍したザ・ビートルズのリミックスアルバムが今でも発売されるのだ。

いかにビートルズが世界中から愛されるモンスターバンドなのかがわかる。

イエロー・サブマリン~ソングトラック

実はビートルズのリミックスで最も発売が古いのが「イエロー・サブマリン~ソングトラック」。

ユニバーサル ミュージック (e)
¥2,404 (2022/01/16 12:26時点 | Amazon調べ)

公式アルバム「イエロー・サブマリン」は、アニメ映画「イエロー・サブマリン」のサウンドトラックという一面を持ち、A面の6曲こそビートルズの楽曲だが、B面の7曲はビートルズのプロデューサーであるジョージ・マーティン編曲のオーケストラで構成されている。

それはそれで心地よい楽曲も多いのだが、7曲もヴォーカルが入っていないので、ファンにはやや物足りないアルバムであることも事実だった。

そこで映画に使われたヴォーカル入りの曲を集めたコンピレーションアルバムが作られた。

それが「イエロー・サブマリン~ソングトラック」である。

1999年9月13日にリリースされた「イエロー・サブマリン~ソングトラック」は、なんと楽曲がリミックスされるとのことで、発売当時ファンを狂喜乱舞あるいは困惑させた。

ただしリミックスの時期を考えると、最新リミックス盤に比べ、音質は劣ってしまう。

僕は好きだけどね、このアルバム。「Hey Bulldog」なんかは2009年リマスターより好きだな~。

ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)

2018年に50周年を記念してリミックスされたのが、通称「ホワイト・アルバム」と呼ばれるアルバム「ザ・ビートルズ」

2018年発売ということもあって、かなり音質の向上が凄まじい。

リミックスを担当しているのは、ジョージ・マーティンの息子ジャイルズ・マーティン。

ジャイルズは「音質を良くしすぎないよう配慮した。」と語っていたが、とんでもない!かなりの音質アップだ。

’60年代に録音された音源とは思えない高音質でビートルズが堪能できる。(だが先述のとおり、しょっぱなからコレを聴くのはやめてほしい。)

ABBEY ROAD(アビー・ロード)

そして実質的なラストアルバムで、ビートルズの中でも超のつく名盤「Abbey Road」(アビー・ロード)。

超名盤「アビー・ロード」のリミックス盤も必聴。

「Come Together」(カム・トゥギャザー)では、ジョンの聴いたことない声がミックスされているなど、隠し要素まである。

LET IT BE(レット・イット・ビー)

そして、発表されたアルバムとしては最後となる「Let It Be」(レット・イット・ビー)。

50周年CDはコロナ禍で?発売されず、51周年にめでたく発売となった。

音質向上はもちろんだが、こちらは個人的には、スペシャル・エディション・スーパー・デラックスに収録の幻のアルバム「GET BACK」(ゲット・バック)も聴いてみてほしい。

ザ・ビートルズ1(ベスト盤)

ベスト盤「ザ・ビートルズ1」のリミックスも発売されているので、リマスターアルバムをすべて聴き終わったら、ミックスや音質の違いを楽しんでみてほしい。

「Paperback Writer」(ペーパーバック・ライター)なんて、もう別モノと思えるほど。

LOVE(ラヴ)

そしてすべてのアルバムを聴き終えた上級者向けリミックス盤が「LOVE」(ラヴ)だ。

ユニバーサル ミュージック (e)
¥2,404 (2022/01/16 12:45時点 | Amazon調べ)

「LOVE」(ラヴ)は、「シルク・ドゥ・ソレイユ」(ミュージカル)のサウンドトラックとして制作された異色のリミックス盤。

ただリミックスされているのではなく、なんとビートルズが公式に発表した213曲の中から130曲もの曲や公式には発表されなかったアウトテイクが、全26曲としてコラージュされている。

ビートルズの曲がこんな形で蘇るとは誰も想像していなかっただろう。

ビートルズの曲を新鮮な驚きとともに体験できる異色のアルバムだ。DVD-AUDIO付限定盤だと、5.1chのマルチトラックで更に驚きが増すが、再生機を持っているのはオーディオマニアぐらいだろう。。。

ジョージ・マーティンプロデュースの最後の作品としても有名。

まとめ

ビートルズは何回も聴いているはずなのに、何度聴いても飽きない。

いや・・・飽きないどころか、聴くたびに新鮮な驚きや喜びをくれる。

これって、スゴくないだろうか?

普段、日本のヒット曲や時代に媚びた音楽ばかり聴いている耳には、ビートルズを聴くことで

「今まで自分が聞いていた音楽って何だったんだろう?」

って音楽観がガラッと変わる人も少なくないほど。

実は僕もそんな幸せな一人なんだが。

音楽が最も輝いていたと言われる’60年代や’70年代など、ビートルズがキッカケで、今までに興味がなかった時代の音楽に興味を持つことになるかもしれない。

そうするとエバーグリーンな音楽をどんどん聴きたくなる。探したくなる。

聴く音楽の幅が広がり、どんどんどんどん素敵な音楽に繋がっていく。

これは本当にステキな発見で、人生の楽しみがまた一つ増えることになる。

そう、ビートルズは出発点だ。

邦楽ばかり聴いているなら洋楽にも興味が湧くはずだし、ビートルズの音楽を知ることで、音楽への興味・造詣が深まる。

実際、日本人のミュージシャンでもビートルズの音楽に影響を受けている人は多いし、曲にビートルズの元ネタが密かに(時にはわかりやすすぎるほどに!)仕込まれていることもある。

コロナで鬱々した日々が続くが、少しでも【楽しみ・ゆとり】が持てるよう、ザ・ビートルズのようなウキウキ・ドキドキできるエバーグリーンな音楽を発見し、日々のストレス発散に取り入れよう。

まだビートルズに出会えていなかった?

羨ましすぎる!!

ザ・ビートルズ・・・あなたの生活に「ステキな(スゴイ)音楽」という、新たな彩りと、音楽を聴くことの更なる楽しみが生まれること間違いなしだ。

あわせて読みたい
ビートルズの次はザ・ビーチボーイズを聴いて~ロックと美しいハーモニーの融合 ども、エバーグリーンな音楽探究家ゆとらです。 どうも誤解されてると思うんだよね? 何がって「ザ・ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)」の音楽についてだ。 「ザ・ビ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる