ヒット曲に疲れたならジョージ・ハリスンを聴け~遅れてきた才能

ども、ビートルズをこよなく愛するゆとらです。

ザ・ビートルズのほとんどのヒット曲はジョン・レノンとポール・マッカートニーの作品でしょ?

と思っている方は多い。

もちろんそうなのだが、もう一人のソングライターを忘れてはならない。

そう、遅れてきた才能「ジョージ・ハリスン(George Harrison)」その人だ。

ジョージ・ハリスンと言えば、ビートルズ好きの間では「Something」(サムシング)や「Here Comes The Sun」「Taxman」あたりをイメージする人が多いと思うが、意外とビートルズ解散後のジョージの曲を聴いたことがない、という人も多いように思う。

いやいや…勿体ないよ、というか、すごいんだぜ、むしろジョージ・ハリスンはソロが。

音楽数珠つなぎ、今日はザ・ビートルズのギタリスト「ジョージ・ハリスン」に焦点を当て、実質的初ソロ作品「All Things Must Pass」(オール・シングス・マスト・パス)が50周年を迎えることを記念して、ザ・ビートルズ解散後のジョージについてご紹介したい。

目次

ザ・ビートルズ解散後、ソロ作品で最初のNo.1はジョージ・ハリスン!

ザ・ビートルズの解散後、ジョン・ポール・ジョージ・リンゴは、それぞれソロ活動を開始する。

それぞれのソロ活動は、ザ・ビートルズ解散後すぐに開始され、ジョンは『ジョンの魂』、ポールは『McCartney』、リンゴは『Sentimental Journey』をそれぞれ発表。

ビートルズ解散後、ソロでNo.1を獲得するのは、ジョンかポールと誰もが思っていた中、なんとソロ作品で最初にNo.1になったのはジョージ・ハリスンの大作3枚組LP『All Things Must Pass』であった。

ジョージの才能爆発!『All Things Must Pass』の衝撃!

1970年11月にリリースされた『All Things Must Pass』(オール・シングス・マスト・パス)は、当時3枚組LPレコード(つまり値段も高い!)という大作にもかかわらず、全米・全英とも1位を獲得。

プロデュースはジョージ・ハリスンとフィル・スペクター。

アルバムのオープニングナンバー「I’d Have You Anytime」はボブ・ディランとの共作で、Quiet Beatle(静かなビートル)と呼ばれたジョージらしい渋い一曲だが、このアルバムが並みのアルバムではないことを静かに告げる素晴らしいオープニングとなっている。

この曲を聴いて「おっ…なんか期待できそうなアルバムだな。」としみじみ感じる、スライドギターが何とも味わい深い曲だ。

そしてこの静かなオープニングから一気に、当時の「ザ・ビートルズ」での鬱憤から解放されたジョージの気持ちを表すかのような爽やかな「My Sweet Lord」(マイ・スィート・ロード)が流れてきて、鳥肌がゾワゾワゾワッ!!

この流れを聞いたときの衝撃と言ったら!!

ジョージのソロ作品を見くびっていると、この1~2曲目でいきなりノックアウト寸前まで追い込まれる。

「My Sweet Load」は、もし聴いたことがないのなら絶対に聴いてほしい名曲で、表現するとしたら

・超・超!

と超を何個も付けたくなる位すばらしい!!

「おおおおーーーーーっ!!!ジョージ、ついに!」

と絶叫しそうな曲で、ジョージにしか作れないというような独特の雰囲気に溢れた超名曲。

ジョージのやや大人びた少しハスキーなヴォーカルもまさに絶好調で、色気すら感じるほど。

ビートルズのプロデューサーであったジョージ・マーティンが「信じられないほど、素晴らしい」と驚き・困惑にも似た絶賛の言葉を贈っているが、まったくもって同感で、これほど的確にこの曲、このアルバムを言い表した言葉を僕は知らない。

もちろん 「My Sweet Lord」 は、シングル・カットされ全米・全英1位をそれぞれ4週・5週と特大メガヒットとなっている。

ゆとら

この曲だけでもアルバム『All Things Must Pass』を買う価値はある!と思うぐらいの名曲。

つづく「Wah-Wah」も、一息つくどころか、これでもか!とアルバムの流れをさらに勢いづかせる。

やっと一息かと思いきや、またもや名曲「Isn’t It A Pity」で、このアルバムの素晴らしさを嫌というほど知らされることになる。

ザ・ビートルズの実質的なラストアルバム『Abbey Road』(アビー・ロード)に収録されたジョージの作品(サムシング、ヒア・カムズ・ザ・サン)を見てもわかるように、この頃にはジョージは【レノン=マッカートニー】に優るとも劣らない優れたソングライターに成長していた。

セカンド・シングルとして発表されチャート10位となった「What Is Life」(美しき人生)が続き、ようやく「If Not For You」あたりで少し一息つける感じとなる。

その後もジョージらしい水準の高い曲が続き、そのままLPの2枚目に突入。

エリック・クラプトンやバッドフィンガー、リンゴ・スター、ビリー・プレストンなどがレコーディングに参加しており、アルバム2枚目も水準は変わらず。

このアルバムは、曲順も緩急をうまく付けており、最後まで「聴かせる」アルバム構成となっている。

3枚目では(CDでは2枚目最後)ジャム5曲が収録され、(このジャムがまた素晴らしい!)いかにもジョージらしい一筋縄ではいかない作品として、あっけに取られたまま幕を閉じ、何とも言えない余韻を残す。

本当に…ちょっと信じがたいほど素晴らしいアルバムだ。。。

もし仮に1枚のアルバムだったとしても、というか、1枚のアルバムだったなら、それはそれで逆に(価格設定的に)もっとヒットしていたかもしれない。

ちなみに、このアルバムに収録されている「All Things Must Pass」「Isn’t It A Pity」「Let It Down」あたりは、ザ・ビートルズのゲットバックセッションでも聴かれ、もしビートルズが解散していなければ、ザ・ビートルズの曲として発表していた可能性もある。

一体どんな出来栄えになっていたのか?とファンなら想像するのも楽しいが。。。

今から『All Things Must Pass』を聴くなら、50周年のリミックス盤2CDもしくは、ファンなら未発表アウトテイク収録の3CDデラックス・エディションが音質的にもおすすめ。

アーティスト:ジョージ・ハリスン
¥3,960 (2021/07/09 17:43時点 | Amazon調べ)

3CDデラックス・エディションのアウトテイクの中にはビートルズナンバーでおなじみの「Get Back」のジョージが歌うややアコースティックなヴァージョンが収録されており、かなり興味深い音源となっている。(もちろん演奏はビートルズではない。)

ゆとら

フィル・スペクターのウォール・オブ・サウンド的な音もいいけど、過剰すぎる装飾を程よくカットし、ジョージらしいシンプルで無駄のないミックスが50周年記念盤『All Things Must Pass』の特徴。

その他ジョージソロ作品のおすすめ

バングラデシュ・コンサート

その後、ジョージはロック界初とされるチャリティーコンサート「バングラデシュ・コンサート」を開催し、大成功を収める。

その様子を収めたライヴ盤はもちろん名盤とされている。

ジョージソロ作品と言えるかは微妙だが、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、バッドフィンガーのファンの方も未聴ならぜひ、と言いたいところだが、ほぼDVD(映像)含め廃盤に等しい扱いなので、気になるなら入手困難になる前に手に入れておいて欲しい。

ソニーミュージックエンタテインメント
¥5,478 (2021/08/12 16:05時点 | Amazon調べ)

Living In The Material World

そしてその勢いそのままに、実質的なセカンド・アルバム 『Living In The Material World』 を1973年6月に発表。

またもや全米1位を5週連続で獲得(全英2位)していて、この時期のジョージの充実ぶりを示している。

アーティスト:ジョージ・ハリスン, Writer:ジョージ・ハリスン
¥2,926 (2021/08/12 15:52時点 | Amazon調べ)

オープニング曲「Give Me Love(Give Me Peace On Earth)」は、いかにもジョージらしいスタイドギターが効果的なシンプルかつ美しい楽曲で、やはりシングルとしてNo.1となっている。

こういった曲をかかせたら本当にジョージはうまいなぁ。

「Sue Me, Sue You Blues」も聴かせる曲だし、その次の「The Light That Has Lighted The World」は、アルバム『All Things Must Pass』に入っていてもおかしくないほどの美しいバラード。

「Don’t Let Me Wait Too Long」といったキャッチーな佳曲や、「The Lord Loves The One (That Loves The Lord)」「Try Some Buy Some」といったビートリーな(ビートルズっぽい)楽曲など、その後もレベルの高い楽曲が並び、 『Living In The Material World』 はジョージのソロ作品の中でも高水準なアルバムの一枚となっている。

今から聴くなら「バングラデシュ」がボーナストラックで収録された『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド+3』が、高音質MQA-CD(ハイレゾCD)となっており決定版となる。

だがこの後、ジョージは「My Sweet Lord」が盗作として訴えられたり、パティとの別れや、声帯を弱らせた状態で出たツアーが酷評されたり、とパッとしない時期が続くこととなる。

ジョン・レノンも観客席に訪れた全米ツアー終了前に発表となった『Dark Horse』(ダーク・ホース)以降も、必ずアルバム中に素敵な曲が収録はされていたものの、全体として成績不振なアルバムが続くこととなる。

とは言え、ジョージらしい落ち着いた作品は、周辺が最悪の時期に発表され評価があまり高くない『Extra Texture』(ジョージ・ハリスン帝国)でも、「This Guiter(Can’t Keep From Crying)」など佳曲の収録やAOR的な風合いもあり、ファンなら愛聴盤となるのが、ジョージらしいと言えばジョージらしいかもしれない(笑)。

33 1/3

EMIとの契約が終わり、自身のダークホースレーベルから『33 1/3『George Harrison』(慈愛の輝き)を発表、それぞれ全米11位、14位と健闘している。

ユニバーサル ミュージック (e)
¥2,585 (2021/09/21 12:01時点 | Amazon調べ)

個人的にはあまり目立たないアルバムである『33 1/3』が結構好きだったりする。

ソリッドなベース音から始まる「Woman Don’t You Cry For Me」が実にシブい!ファンクだ。

つづく「Beautiful Girl」はジョージらしいマイナー調なのに、少し明るい響きで「あぁ~やっぱジョージいいよなぁ」としみじみ、「This Song」はややわかりやすすぎるけどイイし、「True Love」はジョージらしいスライドギターも満喫できる実にメロディが素敵な曲。

「Learning How To Love You」はAORの香り漂う大人の味わい。

ゆとら

アルバム全体の音は柔らかくもソリッドで、目立った曲はないものの、『33 1/3』実に味わい深いアルバム。

George Harrison ( 慈愛の輝き )

ちなみに再評価が進んだ今では 『George Harrison』(慈愛の輝き) は、 『All Things Must Pass『Living In The Material World』 と並ぶ傑作とされている。

アーティスト:ジョージ・ハリスン, その他:ジョージ・ハリスン, その他:ゲイリー・ライト
¥2,872 (2021/09/21 12:04時点 | Amazon調べ)

アルバムトップを飾る「Love Comes To Everyone」がなんとも素晴らしい!

久々にジョージの本領発揮!といわんばかりの、しみじみ系キャッチーな名曲。少しAOR的でもある。

ギターで参加のエリック・クラプトンが、自身の作品でもカバーするほどの名曲である。

ビートルズ時代の「Not Guilty」をはさんで、「Here Comes The Moon」。

あれ?そうだ、ビートルズ時代の名曲「Here Comes The Sun」の続編だったりする。

曲調は全く異なるも、これまた聴かせる一曲となっている。

ゆとら

「Blow Away」はビートリーらしいナンバーで、従来のファンもニヤリ。

アコースティックギターが美しい「Dark Sweet Lady」、そしてジョージ本人もお気に入りの「Your Love Is Forever」は、妻となるオリヴィアへ捧げる愛の歌で、実にメロディと響きが美しいナンバー。

アルバム全体として高水準の曲が続く好盤なので、ジョージソロ作の中でもぜひ聞いておいてほしい一枚だ。

その後ジョージは、ジョン・レノン射殺事件が起こったことをキッカケに、ジョン以外の元ビートルズの3人がコーラスに参加した「All Those Years Ago」(過ぎ去りし日々)で全米2位を記録し、久々にヒットチャートを賑わした。

だが「All Those Years Ago」を収録したアルバム『Somewhere In England』(想いは果てなく〜母なるイングランド)は、さほど高い評価は得られず、ジョージのソロ作で初めてゴールド・ディスクを逃してしまう。

アーティスト:ジョージ・ハリスン, Writer:ジョージ・ハリスン
¥3,036 (2021/09/21 12:33時点 | Amazon調べ)

シングルカットされた「Teardrops」などキャッチーな曲もあるが、ジョージらしからぬ音もあり、全体的にはやはりパッとしないのも確かだ。

ゆとら

個人的にはアルバムラストを飾る「Save The World」がジョージらしくて好きなんだが。。。

その後、チャートとしては最低を記録する『Gone Troppo』(ゴーン・トロッポ)をはさみ、次のヒットはジェフ・リンがプロデュースした『Cloud Nine』(クラウド・ナイン)まで長い間待たねばならなかった。

Cloud Nine

1987年に発表された『Cloud Nine』 は全米8位となり、日本ではジョージのアルバムの中で最も売れたアルバムとなっている。

アーティスト:ジョージ・ハリスン, Writer:ルディ・クラーク, Writer:ジェフ・リン, Writer:ゲイリー・ライト
¥2,611 (2021/09/21 13:00時点 | Amazon調べ)

E.L.Oのジェフ・リンがプロデュースしているだけあって、音的に影響が大きく、全体の音の感触やコーラスがジェフ・リンというかE.L.O風だ。

ジェフ・リンがビートルズ好きということもあり、楽曲をうまくアレンジし仕上げている感触で、「This Is Love」「Devil’s Radio」なんかが顕著だが、ポップな感触が本作では良い方に出ている。

「When We Was Fab」は、ビートルズ時代(マジカルミステリーツアーあたり)を彷彿とさせる曲で、ビートルズファンも必聴だ。

「Someplace Else」はジョージらしさとジェフ流がうまくミックスされた実に味わい深く素晴らしい曲。

これを待っていたのだよ!ジョージ!!

そして「Got My Mind Set On You」は全米1位、全英2位の大ヒットを記録。久々にジョージがメインストリームに返り咲いた瞬間だ。

個人的にはあまりジョージらしい曲ではないので、微妙な感じもするのだが(笑)、ポップでキャッチーな感じが時代には合っていたような気がする。

ゆとら

この曲のヒットで、ジョージは「世界一長い間ヒットを飛ばし続けた男」としてギネスブックに認定!!

改めて偉大なり、ジョージ・ハリスン。

LIVE IN JAPAN(ライヴ・イン・ジャパン)

ジョージ唯一のライヴ・アルバムが「LIVE IN JAPAN」(ライヴ・イン・ジャパン)だ。

アーティスト:ジョージ・ハリスン, Writer:チャック・ベリー, Writer:トム・ペティ
¥3,546 (2021/09/21 13:03時点 | Amazon調べ)

このライヴ・アルバムだけなぜか【SACD】(スーパー・オーディオ・CD)フォーマットでも発売されている。

ビートルズ時代の曲など織り交ぜながら、もちろん「My Sweet Lord」や「Give Me Love (Give Me Peace On Earth)」も収録。

以前のライヴ・ツアーが酷評されていたこともあり、エリック・クラプトンの進言により日本でのライヴが行われ、おおむね好評のままライヴを終えたようだ。

そのライヴが音源なんて、僕ら日本人にとってはうれしい限り。

チャート上はまったくヒットしていないものの、脇を固めるのはクラプトンなど鉄壁のメンバーで、貴重なジョージのライヴ盤となる。

なお遺作となる『Brainwashed』(ブレインウォッシュド)も、なかなかの出来。

アーティスト:ジョージ・ハリスン, その他:ジョージ・ハリスン
¥2,841 (2021/09/21 13:21時点 | Amazon調べ)

ジョージの残した音源を、息子でありギタリストでもあるダーニ・ハリスンとジェフ・リンが仕上げた傑作。

グラミー賞にもノミネートされた聴きごたえのあるラストアルバムである。

まとめ

ね?意外と後追い世代の僕らって、ジョージのこと、何も知らなかったんじゃないかな?

まさかギネスに認定されていたなんて(笑)。

ビートルズというと、何かとジョン・ポールに目が行きがちなところだが、ジョージも音楽的には何とも味わい深い。

「まだ聴いたことがない」のなら、まずは傑作・名盤とされているアルバムから聴いてみるのはどうだろうか?

最近のチャカチャカしたヒット曲ばかり聴きなれた耳には、やや優しすぎるかもしれないが、逆にすごく新鮮かもしれない。

「信じられないぐらいに、素晴らしい!」と思わず漏らしたジョージ・マーティンの言葉を信じて、ぜひ聴いてみることをオススメしたい。

では、今後もエヴァーグリーンな音楽を求めて。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる