欠点なし?軽い掃除機ベストバイ~「Dyson Digital Slim Fluffy(SV18FF)」レビュー

ども、マキタのコードレスクリーナーを買おうと思っていたのに、いつのまにかダイソンの「Dyson Digital Slim Fluffy(SV18FF)」というモデルを買った、家電オタクゆとらです。

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

以前から「ダイソンの掃除機がいいんじゃない?」と言っても、頑なに「マキタ」一点張りだった妻が、家電量販店でダイソンのデジタルスリムフラフィを触ったら一変!

「ダイソンにしよ!」

・・・おい!

なぜこうなったのか?

というのは、「Dyson Digital Slim Fluffy(SV18FF)」が、実際触ってみて、ダイソン掃除機史上、もっとも日本人向けであり、かつ掃除機の中でも圧倒的ベストバイモデルだと実感したからなのだが。

いやこれ・・・今までのダイソン掃除機のモデルの弱点・デメリットをほぼ全部解消しちゃってるじゃん!!

これなら、ほかの掃除機は一切いらない。ロボット掃除機もいらない。(持ってるんだがw)

掃除機なんて頻繁に買い替えるものではないので、軽量掃除機やコードレスクリーナーを買おうと思っているなら、後悔する前にレビューを見ておいてほしい。

目次

Dyson Digital Slim Fluffy(SV18FF)の何が良かったのか?

「Dyson Digital Slim Fluffy(SV18FF)」 は、とにかく軽くて使いやすい!!

妻が「マキタ」のコードレスクリーナーと言っていたのにはワケがあってですな。

いわく「マキタのコードレスは軽い」ので、「したいときに【すぐに】【いつでも】掃除しやすい」というのが理由だったそうだ。

逆に「ダイソンのコードレス掃除機は、性能はいいけど重い」と思われていた。

実は「Dyson Digital Slim Fluffy(SV18FF)」の重さは1.9kgで、「重い!」というダイソンコードレス掃除機のイメージを史上初めて覆したモデルなのだ。

ダイソンによると、コードレス掃除機が「軽い」と感じるのは重さが2kgを切った場合、というデータが取れたらしい。

ちなみに他のダイソンのコードレス掃除機は、重さがすべて2kg以上である。

最新フラッグシップモデル「Dyson V15 Detect」は2.61kg、「Dyson V12 Detect Slim」はスリムとうたっているにも関わらず2.2kgある。

前モデルの「Dyson Cyclone V10 Fluffy」や「Dyson V8 Fluffy」も2.5kg、日本向けに軽量化され評判だった「Dyson V8 Slim Fluffy (SV10K SLM)」ですら2.15kgだった。

「Dyson Digital Slim Fluffy(SV18FF)」 が、いかに本気で「軽さ」に向き合ったモデルかがわかるだろう。

軽さだけじゃない! Dyson Digital Slim Fluffyの魅力

だが「Dyson Digital Slim Fluffy(SV18FF)」は、もちろん軽さだけで選んだわけではない。

実は「Dyson Digital Slim Fluffy(SV18FF)」が、 今までのダイソンのコードレス掃除機の欠点・デメリットを徹底的につぶしてきたモデルだからこそ購入に至ったのだ。(実際に購入者からは絶賛の声が相次いでいるようだ。)

「軽い」ことが第一条件であったことは間違いないが、それ以外に何がいいのかと言うと・・・

Dyson Digital Slim Fluffyの魅力(軽さ以外)

・長さがやや短いコンパクトなフォルム

・軽くても吸引力はダイソンならではの強力さ

・バッテリーの持ちがよく、充電時間も短くなった

残りの運転時間を表示する液晶ディスプレイ搭載

・バッテリーがボタンひとつで着脱可能

・クリアビンが水洗い可能になった

長さがやや短いコンパクトなフォルム

「Dyson Digital Slim Fluffy(SV18FF)」は、軽いだけではなくサイズもややコンパクト。

コンパクトと言っても、背の高い人が腰をかがめる程度ではもちろんなく、むしろ女性が「ちょうど良い」と思える長さになっている。

「ダイソンって重いし、ちょっと長さも長いから階段とか、高い場所の掃除が大変なのよね。」

こんな心配は完全になくなり、男性からして「軽い」ではなく、女性でも「軽い」「扱いやすい」と感じるモデルとなっている。

というのも、軽さに加えヘッド部分の曲がりやすさなど地味な部分も改善されており、取り回しが非常にかんたんになっているからだ。

知人いわく「これは使えばハッキリわかる」レベルらしい。

軽くても吸引力はダイソンならではの強力さ

軽くなっているからといって「吸引力が犠牲になっている」と思われているなら、まったく違う。

「Dyson Digital Slim Fluffy(以下、Digital Slim )」は、 2019年のフラグシップモデル「Dyson V11」シリーズを日本向けに改良したモデルなので、吸引力は「V12」シリーズがある最新で考えると最強ではないものの、2019年最強並で十分すぎるほど。

新開発「ダイソン ハイパーミディアムモーター」を搭載し、「V8 Slim」が毎分10万7000回転だったのに対して、「Digital Slim」は最大12万回転!と、回転数からも吸引力を犠牲にしていないことがわかる。

ダイソンのコードレス掃除機の利点である「吸引力」はま~ったく問題ない、どころか、使えばわかるが「エコモード」で通常は十分すぎるほど強力だ。

バッテリーの持ちがよく、充電時間も短くなった

「軽い」「コンパクト」で連想されがちな「バッテリー容量が少なく、運転時間が少ない」というのも問題なし。

エコモードで約40分以上は運転可能だ。

実は「Digital Slim」より軽い「Dyson Micro」という最軽量モデル(重さ1.5kg)があるのだが、こちらは吸引力がやや弱く、運転時間も20分とかなり短い。

軽量化で「いくつかの部分が犠牲になっている」モデルとも言える。

ゆとら

価格もやや高めなので、どうしてもより軽いモデルが欲しいワンルームに住む単身者向けかな。

妻も「ここまで軽い必要はない」とハッキリ言いきっていた。

一番運転時間が長いモデルは60分だが、40分もあれば家じゅうをキレイにするには十分。

約40分というのは「V8 Slim」と同じだが、充電時間は「V8 Slim」が5時間なのに対して、「Digital Slim」は3.5時間とより短時間で充電可能となっているのもグッド。

残りの運転時間を表示する液晶ディスプレイ搭載

「Digital Slim」では、見やすい液晶ディスプレイがつき、残り運転時間(バッテリー残)やエラー、メンテナンス時期などを表示してくれるようになった。

これは大きな進化だ!

一目でバッテリー残がわかる

残りの運転時間によって表示される色も変わる。

表示色が異なるのがわかる

これには妻も「やられた!」と声をあげていたので、結構魅力的な機能だと思う。

バッテリーがボタンひとつで着脱可能

付属のバッテリーがワンボタンで簡単に着脱可能になった。

ボタンひとつで取り外せるのは便利だ

これは使い勝手の点でかなり嬉しい大きなポイント。

今までのモデルも着脱自体は可能だったのだが、そのためにはネジを外す必要があり、わざわざネジ回しを使う面倒さがあった。

なのでバッテリーを取り外さず、コードレス掃除機を立てかけながら充電していた人は多く、これが地味にダイソンのデメリットだったのだ。

だが「Digital Slim」では、かんたんに取り外しが可能になったので、付属のACアダプタで充電はもちろん、予備バッテリーの付け替えもしやすくなった。

2つのバッテリーを使った連続運転もしやすくなろう。

そして立てかけたまま掃除機を部屋に出しておく必要がなくなり、掃除が終わればクローゼットなど収納場所に収めることができるようになった。(壁掛け器具すら不要になった!)

これは部屋の見た目をキレイにしておきたい方にとっては非常に大きな改善点だろう。

クリアビンが水洗い可能になった

クリアビン(吸い取ったゴミが入るアレ)が水洗いできるようになったことも地味に嬉しい。

今までのモデルもクリアビンが水洗いできなくはなかったのだが、ダイソンとしては実は推奨していなかった。

これはクリアビンが水に濡れたまま装着されることによって、他の電子部品に影響が出る可能性があったから。

「Digital Slim」では、モデルで初めて電子部品とクリアビンが完全分離されており、この問題は生じない。

もちろん本体フィルターやブラシも水洗い可能だ。

またダイソンのデメリットがひとつ解消されているのだ。

Dyson Digital Slim Fluffy(SV18FF) にして驚いたのは吸引力ではなくヘッド

僕が「Digital Slim」を使って驚いたのは、モーターヘッドだ。

吸引力が優れているというのは、ダイソンの代名詞であり誰でも知っているのだが、僕が思うにダイソンの優れたところはその吸引力を生かすモーターヘッドが素晴らしいというところ。

他社のコードレス掃除機の多くは、ヘッド部分でゴミを絡めとるのではなく、ヘッド部分にある吸引口からゴミを「吸い取る」だけ。

ダイソンの場合、ヘッドのモーダーブラシがしっかり細かいゴミも絡めたうえで、自慢の吸引力で吸い取るからゴミが残らないのだと思う。

フローリングの隙間にある粉や部屋の角のホコリなど、ビシッと吸い取る吸引力は「気持ちいい」の一言。

ゆとら

「ダイソン使うと他の掃除機には戻れない」というのは本当だった(汗)。。。

Dyson Digital Slim Fluffy(SV18FF)の欠点・デメリットは?

正直、欠点らしい欠点は見当たらないのだが・・・

やはり掃除機としての値段が高い、という点は欠点と言えるかも。

シンプルに掃除機としてみた場合、性能・使い勝手はダントツだと思うが、別に掃除できればいいよ、という人にとってはもっと安い掃除機がベストバイになるだろう。

あと機能面では、しいて言えばだがブラシが前回転するので、「後ろに進みにくい」こと、それと以前から言われる「指でトリガーを引きっぱなし」にしておく必要があることか。

ただ、後ろに進めないわけではないのと、軽いのでサッと持ち上げて、また前に進めばいいだけだったりする。

またダイソンは吸引力が優れているので、今までの掃除機みたいに何度も行ったり来たりしなくてもゴミを吸い取ってくれるため、後ろに進むケースはかなり減っていることは付け加えておきたい。

あと心配する方が多いかもしれないのが「音」だが、エコモードで使用することが多いからかもしれないが、むしろ「静か」な部類に入ると思う。

唯一、指でトリガーを引きっぱなしというのは、正直改善点と思う。

軽いということもあり「指がつらい」というほどではないが、一度ボタンを押せば、次に押すまで運転可能というモードがあってもいいと思う。

掃除機としては値段が高い。運転中は指でトリガーを引く必要があるのが人によっては欠点。

まとめ

「Dyson Digital Slim Fluffy(SV18FF)」 がやってきて、実は妻が一番喜んでいることは「軽さ」でも「吸引力」でもない。

何より喜んでいることは、「旦那(つまり僕w)が、進んで掃除する機会が増えたこと」だ。

そう、僕が掃除機を持つ機会が格段に増えた。

子どもが御飯やお菓子を床に落としたらササッとダイソン。

髪の毛やホコリがちょっと見えたらササッとダイソン。

今までは掃除の時間以外は、あまり掃除機を触ることがなかった。

いつでもサッと取り出せる軽さ、一発でシュッとゴミがなくなる快感、がそうさせているのだと思う。

値段さえ想定内なら、間違いなくベストバイ!と太鼓判を押せる素晴らしい掃除機なので、ぜひ「掃除機にこんな値段出すなんて」と思っている方にこそ使ってみてほしい。(僕がそうだったから。)

それとダイソンの「どのモデルにしようかな?もう少し安い旧モデルもあるようだけど・・・」と思っているなら、比べてみることをオススメする。

掃除時間が短縮され、軽いために掃除をする辛さ・面倒くささも大幅に改善。

個人的には「ゆとり」を生み出す断然のベストバイだと思うのだけど。。。

\ブラックフライデー開催中!/
Amazon
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる