ソニー生命の変額保険(バリアブルライフ)ってどうなの?FPがお答えします。

ども、ファイナンシャルプランナーゆとらです。

さて、今日はアクサ生命ユニットリンクに次いで、最近質問の多い「ソニー生命バリアブルライフ(有期型)」について。

「ソニー生命のバリアブルライフ(変額保険 有期型)という保険を勧められたんだけど、どうなの?加入しても問題ない?」

この質問にガチでFPがお答えしたい。

ソニー生命バリアブルライフ(変額保険 有期型)は保険商品だが、死亡保障に加えて、運用効果を狙った金融商品のひとつ。

なお、

・そもそもバリアブルライフを含む「変額保険」より、つみたてNISAやiDeCoを使い、投信にした方がいいんじゃないか?

という問いや、

・どこに投資すればよいか、わからない。

・損するのがイヤだ。怖い。

・もっと良い投資先があるのではないか?どうせやるなら一番良いものを教えてほしい。

このように考えている人には以下の記事で回答しているので、そちらを参考にしてほしい。

ではソニー生命のバリアブルライフは有りなのか。

僕個人の回答としては「あり」なんだが「ナシ」だ。

どういうことか解説していこう。

目次

ソニー生命のバリアブルライフ(変額保険 有期型)選ぶなら「世界株式型」一択!

まずソニー生命のバリアブルライフ(変額保険)には主に2種類あるので整理しておこう。

「終身型」と「有期型」だ。

このうち「終身型」については、その名のとおり一生涯の死亡保障が付いてくるが、運用に関しては株式型を50%までしか入れることができず、どちらかというと死亡保障重視の商品となっている。

貯蓄・資産運用という観点からは「有期型」(または変額個人年金という商品もある)となるので、今回は「有期型」に焦点を当てて説明していく。

さて、ソニー生命バリアブルライフ(変額保険 有期型)だが、全部で8種類の特別勘定(運用してくれるファンドと捉えてほしい)を用意している。

実績から考えて、この中から運用目的で選択すべきは「世界株式型」だ。

というか「世界株式型」一択である。

この「世界株式型」についてだが、アクサ生命ユニットリンクの際に説明した「MSCIワールドインデックス」指数を開発したMS、つまりモルガン・スタンレーに助言をもらいつつ、運用はソニー生命がしている。

MSCIワールド・インデックスをベンチマークとし、それを上回る成果を目指す、と書かれているが、つまりは広い目で見てアクティブ運用だ。

ソニー生命は変額保険の老舗で、1999年から運用を開始しているという長い歴史があるが、この「世界株式型」においては、当初より運用をしていた場合、2020年8月段階でなんと「年率11%超え」という驚異的な数字をたたき出している。

他のファンドも実績は同時点でプラスのものが多いが、ズバ抜けて「世界株式型」の実績がスゴイ。

もちろん今後の運用実績に保証があるわけではないのだが、ドルコスト平均法という長い目で見る投資としての観点なら「世界株式型」以外の選択は勿体ないと思う。

余談だが、バリアブルライフには「オプションA」「オプションB」とあるが、つみたて重視の「オプションA」が望ましい。

途中、年2回までは基本保険金額を超えた部分をお小遣いのように引き出すことができるからだが、長期的には引き出さない方が良いので、あくまで「どちらかというとオプションA」ぐらいの認識でOK。

ソニー生命バリアブルライフ(変額保険 有期型)は加入してもいいのか?

ここまでだと、ソニー生命バリアブルライフ(変額保険 有期型)は、死亡保障が付くうえに、投資としても素晴らしい商品のように思える。

いや、実際に猫も杓子も「つみたてNISA」でインデックスファンドを購入してお金を増やそうという流れの中、それを上回る実績が出るかもしれないという点で、選んでも間違いではないほど良い保険だと個人的には思う。

アクサ生命ユニットリンクと同じく、保険の場合「保険関係費」が引かれたうえで運用に回るので、純粋に運用したいなら「つみたてNISA」「iDeCo」という風潮があるが、こういった優秀なファンドを選択できる変額保険なら「アリ」だ。

ただ「教育費のつみたて」として、つまり学資保険替わりに検討する場合、慎重に考えたほうがいいかもしれない。

実際に預けたお金の2倍近くに増やした人もいるが、時期が良かっただけかもしれないし、使う時期が決まっていて、必ずその時期に満期金を受け取る必要がある、といった場合は、リーマンショック級の暴落時に満期を迎えた場合など、やはり損失が出ることもある程度覚悟しなければならないだろう。

なので、老後資金としては十分に「あり」なんだが、同じ変額保険を選ぶなら、僕ならアクサ生命ユニットリンクにするなぁ。

これが「ナシ」と言った理由。

比較してみるとわかるのだが、ソニー生命の場合、アクサ生命と比べて以下の点で見劣りする。

・保険関係費がアクサ生命より多い。

・クレジットカード払ができない。

・払済にした場合、特別勘定で運用されない。

どういうことか詳しく見ていこう。

ソニー生命バリアブルライフ(変額保険 有期型)のデメリット

アクサ生命ユニットリンクと同様、10年以内の解約は「解約控除」というペナルティがかかる仕組みとなっている。

これはデメリットだが、解約せず長期に運用するという縛りにもなるため、逆の視点から見るとメリットと言えなくもない。

よって、ソニー生命バリアブルライフ固有のデメリットを上げておきたい。

・保険関係費がアクサ生命より多い。

これは単純に比較するとわかるが、アクサ生命のユニットリンクの方がわずかだが「保険関係費」が少ない。(多くはそうだが、全年齢でそうとは限らないことはお断りしておく。)

保険関係費が少ない方が運用には有利となるので、わずかと言っても長期間を考えると、少しでも「保険関係費」が少ない方が良い。

ソニー生命の「世界株式型」に匹敵するぐらいの「キャピタル世界株式」を特別勘定に持つアクサ生命を選びたくなるんだよね。

・クレジットカード払ができない。

ソニー生命の致命的な弱点・デメリットは「クレジットカード払い」ができないことだ。

厳密には初回のみできる場合がある(代理店による)が、毎月の保険料支払いにはクレカ払いが使えない。

クレカが使えないなんて・・・今どきこれは無いだろう。

運用する側としては、クレジットカードのポイントは1%ほど付く場合が多く、長期間となるとバカにできない。

これは完全にソニー生命が時代に乗り遅れているとしか言いようがない。

・払済にした場合、特別勘定で運用されない。

これは非常にマニアックな話になるが、「払済」と言って、保険料払込期間途中で保険料の支払いをストップし、その後保障を保険期間満了まで残す方法がある。(「払済」する際の解約返戻金の額によって出来ないこともある。保障の額は当然減ることになる。)

一般的には、不測の出来事でどうしても保険料が払えなくなった場合に「せっかく今まで掛けてきたのだから…」と、保障を残すような場合に使われるのだが、この「払済」後、アクサ生命ユニットリンクは「特別勘定」で運用してくれるのだが、ソニー生命は「一般勘定」に移され、ファンドでの運用は停止となる。

つまりは、「払済」後は、アクサ生命は運用を続けてくれるが、ソニー生命は運用を停止する、ということ。

不測の事態で保険料支払いをストップしても、まだ増やせる見込みが残るアクサ生命の方に魅力を感じるのは僕だけではなかろう。。。

バリアブルライフのメリット

逆にソニー生命バリアブルライフ(変額有期)固有のメリットもあげておこう。

1点目として、ソニー生命の変額保険はオプションA(積立重視)とオプションB(保障重視)が選択できるが、オプションAを選択した場合、変動保険金(=運用実績が良く、基本保険金額から保険金が変動し増えていた場合)部分のみを保険期間途中でも引き出すことができる。

ただし、これはメリットでありデメリットでもある。

すぐに引き出してしまうと、結局複利でお金を増やすという機能が落ちてしまうからだ。

大きく増やそうとするなら、途中で引き出さない方がいい。

よって「保険」という特性を生かして、途中で引き出せないことが逆に長い目でみてプラスになることを考えるとメリットでもありデメリットという見方となる。

2点目としては、満期の際、運用成績が悪く損失が出ている場合、満期保険金を受け取らずに少しの期間延長ができる仕組みになっている。パンフレットにも掲載されていないが…。

これもメリットではあるが微妙だ。。。

そもそも満期に損失が出ているような変額保険には加入したくないし、適切に特別勘定を組み入れて、ある程度の期間継続すれば損失の可能性は限定的だからだ。

まとめ

さて、ソニー生命バリアブルライフ(変額保険 有期型)について、少しは参考になっただろうか?

ソニー生命の営業(ライフプランナー)には優秀な人が多い。

変額保険についても非常に魅力的なプレゼンをお聞きになられたのではないだろうか。

だが、情報が溢れる現代は、比較もせずに盲目的に何かを選ぶ、というのは実に勿体ない時代だ。

これは、保険をバカにしてインデックス投信をしている友人より、変額保険に加入している方が、長期的に見てお金が増えていてもおかしくはない、ということにも通じるのだけど。

保険だから、アクティブ投信だから、という理由でバッサリ切り捨てる人はたいていの場合、情報が足りていない。

盲目的に情報に踊らされることなく、判断してみてほしい。

優秀なファンド込みで、金融商品を検討するなら、変額保険もアリなのだ。

もちろん「死亡保障が不要だ」というような人には向いていないが、家族がいて、守るべき人がいるなら「保険だから投資・運用に向かない」なんてことは無いハズだ。

「保険は不要」という風潮ばかりを盲目的に信じるのもどうかと思うけどね。

自分の家族に万一が起こっても、間違いなく同じことが言える人だけ「保険は絶対に不要」と発言すべき。

保険金を受け取った人は「保険は不要だった」なんて言わないからね。

イザという時、万一の時には「(多くの場合において)払った分以上に保険金が出る」のが変額保険。

ただし、僕個人的にはアクサ生命のユニットリンクがいいと思うので、この辺りもぜひ参考にしていただき、人生にゆとりと豊かさを少しでも増やせれば幸いだ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる