iphoneなら「サブ回線」で通信障害に備えられるの知ってる?

ども、ファイナンシャル・プランナー兼投資家ゆとらです。

「サブ回線」を持つことは考えたことあるだろうか?

スマホが【iphone】なら、なんらデメリットなく、かつお金をかけず簡単に「サブ回線」を持つことができるのだが。

僕は実際に主回線と副回線(サブ回線)をiphone12mini一台で使っているんだけど、通信障害なんかの場合にはかなり助かると思うんだよね。

「サブ回線の導入」は無料でも可能だから、やらない手はない。

よかったら記事を読んでみて「サブ回線」の導入を検討してみてはどうだろうか。

目次

サブ回線があれば通信障害は怖くない!

2021年10月1日に発生したNTTドコモの通信障害。(2022年2月1日にも発生)

ドコモユーザーはもちろん、アハモの方やドコモに回線を借りているMVNO業者で契約している方は、長い場所では丸一日以上も復旧まで待たされ、非常に多くの方が影響を受けたようだ。

2018年にはソフトバンクでも全国規模で通信障害が発生し、同じく多くの契約者に影響が出た。

大手の通信業者であっても、頻繁ではないにしても通信障害の可能性は避けてとおれない。完璧ではないのだ。

ここまで大きな障害ではなくても、インターネットやWi-Fi環境など、ネットワークの障害は、あなたも一度は経験があると思う。

これはデジタル社会に生きる私たちにとって、避けられない障害のひとつとも言える。

そんなとき「もうひとつの回線」があればどうだろう?

もう一つの回線、つまり「サブ回線」があれば、障害が起こっていないほうの通信環境を使って、ネット接続も電話も何ら問題なく行うことができる。

ビジネスをしている方はもちろん、プライベートで待ち合わせをしていたり、急ぎの連絡が必要な場合でも「助かった~」となるわけだ。

でもサブ回線なんてお金がかかるでしょ?

なんて思われるかもしれないが、そんなことはない。

今は基本料金無料でサブ回線を備えることができるのだ。

大手通信業者でも通信障害は起こり得る。(実際に起きている。)

サブ回線にぴったりの「楽天モバイル」

「サブ回線」にぴったりなのは、皆さんご存じ「楽天モバイル」だ。

↓↓楽天モバイル公式サイト

「楽天モバイル」をメインで使っている方には申し訳ないが、他のキャリアをお使いなら「サブ回線にこそ楽天モバイル」が最適だ。

なぜなら、主回線(メイン)とするには、楽天モバイルは正直かなり頼りない。

通信が安定せず、イライラすることもしばしば・・・。予想よりはるかにストレスがかかる(笑)。(笑えないが。。。)

だが「サブ回線」となると、「楽天モバイル」ほどありがたい会社はない。

なんせ基本料金無料で、今後の発展も見込めるため、メインには頼りないとしても「サブ回線」としてはピッタリと言えるのだ。

「サブ回線」なんだから、メインで使用する回線とは別の会社の回線でなければならない。

例えば【ドコモ+アハモ】とか【ソフトバンク・ワイモバイル+LINEMO】、【au・UQモバイル+povo】ではダメ。

言うまでもなく同じ会社の回線を使っているからだ。

ゆとら

同じ会社の回線同士では、いざという時に「サブ」として使えないよ。

よって無料という武器を最大限活用できる「楽天モバイル」を上手に「サブ回線」として活用するのがいいというわけ。

基本料金無料「楽天モバイル」は「サブ回線」として最適。

なぜiphoneなら一台でサブ回線を持てるのか?

iphoneを持っているなら、迷わず「楽天モバイル」をサブ回線として契約すべきだ。

なぜなら、iphoneシリーズ(X以降)には『物理SIM』と『eSIM』の2回線を設定できるように設計されているから。(「デュアルSIM」と言う。)

iphoneは1台で「2回線」持てるように設計されている。

『物理SIM』というのは、スマホに入っているSIMカード(nanoSIM)、これで1回線。

一方『eSIM』というのは、SIMカードはなく、いわゆる疑似SIMとも言うべきもので、QRコードからSIMの情報をスマホに読み込んで設定をする。

よって「SIMカードはNTTドコモ」、「eSIMで楽天モバイル」という風に2回線を1台のiphoneで使えてしまう。

こんな感じになる。

もちろん2回線の契約なので、電話番号は2つできることになる。

ゆとら

せっかくiphone持ってるならこの機能、使わなソンなのだ。

すでに物理SIMの入ったiphoneを持っているなら、やり方は超簡単。

「楽天モバイル」で新規契約する際に「eSIM」を選択するだけ。

これでアッサリ1台のiphoneで2回線使えてしまう。

>>楽天モバイルを見てみる

どちらの回線を使うか、などiphoneの方で設定が可能となっている。

ゆとら

僕の場合、メイン回線(主回線)はソフトバンク回線の「ワイモバイル」。サブ回線(副回線)は「楽天モバイル」だ。

もちろん逆に設定することも可能だし、一度設定しても、随時かんたんに入れ替えることができる。

実際、通信障害というほどではなくても、一方の通信状況が良くない場合は、もうひとつの回線に切り替えて使ったりしていて、メリットしか感じない。

ただし180日間まったく利用されていない場合は、楽天モバイルから「利用停止」される可能性があるので注意!

詳しいメリットを知りたいなら、以下記事もよかったら参考にしてほしい。

まとめ~メリットが多い楽天モバイルはサブ回線に最適

さて、iphoneをお持ちなら「サブ回線」があれば通信障害も怖くないぞ!というオハナシだった。

通信障害は頻繁に起こるものではないけど、だからこそ起きたらアタフタしてしまいがち。

大切な連絡はすぐに取れないと、結構・・・いや、かなり焦ってしまうぞ。(実際に経験アリ。。。)

そんなとき、サッと回線を切り替えて、何事も無かったかのようにもうひとつの回線が使える。

これで料金が発生するなら、「わざわざそこまで・・・」と思うだろうが、無料でセッテングできるのならやらない手はないと思うのだが、どうだろう?

災害にも障害にも、将来のお金のゆとりについても、「備えあれば憂いなし」なのだ。

自分の毎日に「ゆとり」と「豊かさ」を生み出すために、できることはしっかりやっておくのがいいと思うんだけどね。

では、充実した毎日を送れるように「ゆとり」を持って備えておこう。

↓↓楽天モバイル公式サイト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる