お家が映画館~今こそ「ホームシアター」を組もう!

ども、オーディオ&ヴィジュアル(AV)が大好きなゆとらです。

コロナ禍でおうち時間が増えている人が多くなっているが・・・

そんななか「ホームシアター」を組みたいと思っていないか?

家にいる時間が多くなるにつれて「Amazonプライムビデオ」や「Netflix」などのサブスク動画配信サービスの利用が増えている。

実は、その余波として「ホームシアター」に取り組む人が増えているのである。

動画サービスはもちろん、せっかく持っているブルーレイやDVDもできるだけ高画質・高音質で、できれば「映画館」のように楽しめたら・・・実は激烈楽しい!

だけど、

ホームシアターってどうやって組めばいいの?

どんなシステムを組めば満足できそう?

こういったお声が多い。

ってなわけで、10年以上前から「ホームシアター」に取り組む僕から、効率の良いホームシアターの取り組み方や、おすすめのシステムを紹介しておきたい。

ぜひ参考にして、最大限ホームシアターを楽しんでほしい。

目次

ホームシアターに必要なものは?

「ホームシアターやってみようかな?」

と思ったら、一体何が必要になるのか。以下まとめてみた。

ホームシアターに必要なもの

1.ディスプレイ(TVやプロジェクター)

2.AVアンプ

3.スピーカー

4.動画プレーヤー

ひとつずつ解説していこう。

1.ディスプレイ

映像を映すためのディスプレイが当然必要だ。

これは「TVを持っていない」という人は少ないだろうと思うが、できれば大画面で楽しみたい。

液晶テレビや有機ELテレビでももちろんいいが、もし「プロジェクター」を用意できれば、より大画面で映画を楽しめるため、雰囲気がググッと【シアター】になる。

付随して、場合によっては「スクリーン」が必要になる。

「プロジェクター」導入にはスペースの問題や家族の理解と許可が必要だと思われるので、ややハードルは高いかもしれない。

だがもし「プロジェクター」の設置ができれば、もう気分は「映画館」。

理想のホームシアターが組めることになるので、ぜひ検討したい項目だ。

ゆとら

プロジェクターが設置できれば最高だね!

「プロジェクター」を選ぶ際のポイントは主に以下のとおり。

『解像度』

『コントラスト』

『設置性』

『解像度』というのは、どれだけ細かく映像を表示できるかを表すもの。

「フルHD」「4K」とかっていう表示を電気屋で見たことがないだろうか?それだ。

『コントラスト』というのは、明暗の差をキチンを表示できるかどうかの目安になるもので、「10000:1」とかっていう表示になる。

大きい数字が左側に入るほどコントラストが高く、メリハリのある映像が表示可能。

まぁスペックだけで比較するものでもないんだが。。。

「解像度が高く、コントラストが高い」ほど、細かい描写が可能だ。

「雰囲気だけ味わえれば」という場合、『解像度』はあまり気にしなくてもいい項目に思えるかもしれないが、「大画面になる」ことによる『解像度』の影響は想像以上に大きいものだ。

今どきの映像コンテンツをしっかり表示させるなら、最低「フルHD(1920×1080)」の解像度以上のものを選ぼう。

ブルーレイディスク(BD)の解像度が「フルHD」だからだ。

ゆとら

地上波デジタル放送は「フルHD」ではないが、それに近いよ。

そしてもし可能なら「4K(3840×2160)」を選んでおけば、より綺麗で鮮明な映像が楽しめる。

(4K解像度ではない映像も「アップコンバート」と言って、4K相当まで引き延ばしてくれるため画質的に有利とされる。)

衛星デジタル放送で「4K」画質の放送がされ始めたことや、「UHD BD(ウルトラブルーレイディスク)」は「4K」画質なので、ちょっとでも高画質にシアターを満喫したいなら「4K」となる。

「Netflix」「Amazonプライムビデオ」など動画配信サービスでも「4K」画質のものが増えてきている。

ただし「4K」に対応したプロジェクターはそれなりの値段になることも多いため、できるだけコスパ重視で選びたい。もしくは他のシステムにかける値段と相談して導入するか決めてほしい。

設置場所が確保できるなら、僕のおすすめは超ハイコスパ機『ViewSonic PX747-4K』(又はViewSonic PX727-4K)だ。

ビューソニック
¥68,800 (2021/05/03 07:44時点 | Amazon調べ)

映画館と同じ投影方式である「DLP方式」を採用し4KやHDRにも対応。

4Kでこの値段はありえないし、マジ画質の良さに関しては値段からは到底考えられない。

ただし新モデルの登場で在庫限りだと思われ、欲しいなら急いだほうがいい。

オーディオ雑誌やネット上では大体おすすめは「ソニー」「JVC」「エプソン」「BenQ」あたりとなっているが、正直値段が高いためハードルが高くないだろうか?

フルHDなら最近人気の「Anker Nebula」シリーズは設置性が高く便利だと思うし、値段も手が出る範囲。

フルHD以上のそれなりのプロジェクターなら、スクリーンに投影して初めて映ったときに

「キレイ!!映画館みたい!」

と感動することだろう。

最近、そんな感動したかい??

日々、自分のワクワク以外に時間やお金を使ったりガマンばかりしすぎて、こういったワクワクが「生きる」原動力となることに気づいていない方が多いように思う。

なんて言うものの、僕自身がそうなっていることが多々ありハッと気づく瞬間があるのだけど。。。

「最近、感動してない」って方は、そういったワクワクを自分のために取り戻してはどうだろうか?

参考までに僕のケース

僕は実際自宅でViewsonic「PX727-4K」を利用している。

以前使用していた上記某メーカーのプロジェクター(3LCD方式)よりも、むしろ画質的に優れていると感じる。

なぜそんなに優れているのに知られていないのか?

理由は「設置の自由度が低い」からと思われる。

「プロジェクター」によく付いている「レンズシフト機能」がなく、真正面に設置できなければ映画館のように投影することができない。

この問題は「天吊り」設置してしまえば解決するので、僕の場合「天吊り」している。(厳密には背の高いスチールラックを使った疑似天吊り。)

Bauhutte(バウヒュッテ)
¥16,667 (2021/05/03 08:05時点 | Amazon調べ)

あとは他社競合が勝負できないレベルの価格設定なので、宣伝費用をかけていないというマーケティングの問題だろうと思う。

でもネット時代の今は、やっぱりわかっている人はわかっている。

この『ViewSonic PX727-4K』は「「価格.com」で「プロダクトアワード」を受賞しているのだ。

ほんとに「口コミ」だけで売れているのが本当に良い商品だと思うけど、どうだろうか。

スクリーンに関しては、うちの場合、白い壁に映せなかったことと窓側に投影することになっため、カーテンを無くしてロールスクリーン兼プロジェクター用スクリーンを使っている。

ただし妻には呆れられるし、インテリア的には褒められたものではないので注意してほしい。

ディスプレイその他

さすがに「プロジェクター」は「価格」と「設置性」から、違う選択肢として「モバイルプロジェクター」も場合によっては有効かもしれない。

テレビの場合は、価格がこなれてきた「有機ELテレビ」をおすすめしておきたい。

映像の表現力が液晶テレビでは絶対に表現できないレベルなので、没入感が大画面とはまた違う意味でスゴイからだ。

2.AVアンプ

「AVアンプって何?」って人も多いかもしれない。

「AVアンプ」は、主に「ホームシアターのサラウンド」を担当するシステムである。

「5.1chサラウンド」とか「DOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)」なんて言葉、聞いたことないだろうか?

前からも後ろからも音が聞こえるようなサラウンドのことだ。

映画館は正にこの「サラウンド」を採用していて、最近では「左右」「前後」だけでなく「上」からも音が降り注いだりする。

DVDやブルーレイディスクには、この「サラウンド音声」のデータが含まれていて、そのサラウンドを再生しようと思うと、この「AVアンプ」が必要になる。

「サラウンド」にも色々あるが、「ホームシアター」という限り、自宅でシステムを組むことになるため、天井から音が降り注ぐ・・・なんて大げさなシステムを組める人は少ないと思う。

なので、最低「5.1chサラウンド」(=前後左右)再生できればいい、と思っておいてほしい。

ただし、このAVアンプ。

機種によって音質も機能も価格もピンキリである。

もうあれこれ説明しすぎると混乱すると思うので、ズバリオススメを載せておく。

映画館の雰囲気重視の場合の選択は、ヤマハの「RX-A1080」。各種オーディオ賞受賞の名機で10万円以内。

ヤマハ(YAMAHA)
¥89,799 (2021/05/03 08:31時点 | Amazon調べ)

ヤマハは入門機からマニア向けまでかなり幅広くAVアンプを展開し、最もAVアンプに力を入れている日本のオーディオメーカーだ。

中でも基本的な音質がグッとUPするのが「AVENTAGE(アベンタージュ)」と呼ばれるモデルの型番4ケタ(1080など)からになる。

何度も買い替えたくないという方は、アベンタージュの末弟「RX-1080」が価格と機能のバランスが取れていいと思う。

2018年発売なので、技術進歩が著しいデジタルオーディオの世界では最新モデルとは言えないかもしれないが、基本の音質レベルが非常に高いのに加え、自動的にAIが視聴している映像・音楽に合わせたサラウンドを作り出してくれるという「サラウンドAI」という画期的な機能が素晴らしい。

ヤマハは2021年最新モデルを発表しているが、アベンタージュ4ケタ機種ではなく入門機のみ。

「サラウンドを作り出す」ことは、【音をあれこれ加工し「音質低下」をまねく】というのはもはや古い考え。

以前のAVアンプや他社メーカーのサラウンド機能はそうだったりもするが、ヤマハ「アベンタージュ」の場合、「音」そのものには手を加えず反響音のみ「加える」という方式のため、音質劣化はほぼ無しと考えていいレベル。

実際僕はヤマハのAVアンプを何台か使ってきたが、「RX-A1080」はとても自然なサラウンドを再現してくれる。

ヤマハは昔からサラウンドに真剣に向き合ってきたメーカーで、実際にある「ホール」や「劇場」の音データを測定し、それを再現するために工夫してきたという歴史がある。

そして再現するためのDSP(デジタルシグナルプロセッサー)と呼ばれるものも、他社が32bit(ざっくり言うと数値が高い方が精度が高い)のところ、ヤマハは再現性を高めるため64bitというこだわりよう。

このあたりは他のメーカーには真似できないヤマハの優位性だ。

「RX-A1080」の値段がちょっと…というのもわからんではないが、『AVアンプにお金はケチらない方がいい』というのが長年ホームシアターをやってきた僕の結論だ。

ゆとら

AVアンプの質が、もろに音質と映画館の雰囲気に影響するよ。

ホームシアターの核であるAVアンプは【それなりの物】を選択しておこう。

ヤマハのAVアンプを選ぶなら「AVENTAGE(アヴェンタージュ)」型番4ケタ以上のモデル

次点でのオススメはデノンの「AVR-X4700H」だ。

デノンはヤマハとは対照的な音作りで、サラウンドに対して「ストレートデコード」へこだわりを見せるメーカー。

ヤマハのようにサラウンドを作り出すのではなく、ディスクに収めている情報をできる限りストレートに引き出すという考えだ。

対照的ではあるが、デノンの音作りも素晴らしく、太い低音に支えられた実在感のある音質が大きな特徴となっている。

やはりAVアンプのモデルはピンキリだが、この「AVR-X4700H」はミドルモデルで、このモデルからアンプとしての『格』が上がり音質がグっとUPする印象。

押し出しの強いやや派手めの音が好きな方はデノンも視野に入る。

個人的な感想を言わせていただくと、デノンの音は長時間の映画鑑賞だと「やや疲れる」。

音の張り出しが凄く、ある意味「映画館らしい」迫力ある音が楽しめるのだが、その分、無意識レベルで「ややうるさい」と感じるのかもしれない。

その点、ヤマハの音は「ノイズが少なく大人な音」という感じで、僕の好きな「アナログライクな音」で聴感上気持ちイイ。

ヤマハの理念は「ナチュラルサウンド」なので、個人的にはデノンも好きだが、僕がヤマハの大人な音が好きな年齢になってきたのかもしれない。

3.スピーカー

スピーカーもピンキリだが、サラウンドを鳴らそうとすると、最低5台必要になるのでコスパが非常に大切な要素だ。

コストは大切だが、安くてもある程度「オーディオ的にそれなりの音」が鳴らせるキチンとしたスピーカーを選びたい。ホームシアターの満足度を上げる重要な要素が「音質」だからだからだ。

特にメインスピーカーとセンタースピーカーから鳴る音が多いので重要になる。

スピーカーは値段幅が非常に大きいので、いくつかオススメをあげておきたい。

まずは英国KEFの「Q350」

「Q350」はホームシアター用途はもちろん、本格的なオーディオとしても使えるスピーカー。

KEFはオーディオ好き以外は馴染みがないメーカーかもしれないが、英国BBC放送のモニタースピーカーにも選ばれるほどのメーカーで、国内スピーカーより暖かくクラシカルな音質が特徴。

見た目も独特だが国産にはない魅力がある。

ツィーターとウーファーが一体となったUni-Qと呼ばれる特許技術で、スイートスポットが広く雄大な音という特徴はシアターにピッタリだ。

実際、KEFの音質に魅せられてKEFのスピーカーをベースにホームシアターを組んでいる方も多い。

リアサラウンドとしては、ひとまわり小さい「Q150」でも十分迫力ある音が楽しめる。

センタースピーカーとして「Q350」を使用してもいいが、専用スピーカーとしては「Q650C」もしくは「Q250C」となる。

実はセンタースピーカーはセリフのみならず出力する音数が多いため、軽視されがちだがかなり重要なスピーカー。

やや値段は張るが「Q650C」にしておきたいところではある。

ただしKEFで5台揃えるには値段が…という方にはアメリカのメーカーJBLのStage「A130」「A120」でお値段を抑えて組むのも悪くないだろう。

ペアで1万数千円と、KEFの半分以下の値段で組める。

「A130」をメインスピーカーにして、「A120」はリアサラウンドスピーカーとして使う感じだ。

JBLのスピーカーは実際に映画館でも採用実績があるため、映画鑑賞との親和性は比較的高い。

センターは、JBLで組むなら同じStageシリーズ「A125C」となる。

もし新品にこだわりがないのであれば、ヤフオクやメルカリで旧モデルを安く手に入れることを考えてもいいだろう。

ちなみに「5.1ch」ではなく「7.1ch」とか、最新のサラウンドだと「5.1.4ch」など、より多くのスピーカーが必要になるサラウンドもあるが、このあたりは【まず5.1chシステムを組む】ことから発展していけるので、まずは5台分のスピーカーを揃えよう。

それと「0.1ch」は「サブウーファー」という重低音を担当する専用のウーファーシステムとなるが、これは必ずしも必要ない。

重低音がホームシアターのひとつの魅力ではあるが、サブウーファーから出る重低音はかなりの音量なので、場合によっては近所迷惑になる。

まずは5台のスピーカーだけでも上記システムならそれなりの低音が出るので、0.1chは後から考えよう。

というか住宅事情によって、上記5台のスピーカーでも「重低音が足りない」「重低音が欲しい」と思った場合にのみ設置を考えてよい。

サブウーファーの設置は5台のスピーカーを鳴らしてみてから!!

4.プレーヤー

映画や動画を再生する機器(プレーヤー)が必要である。

最近では必ずしもDVD・BDプレーヤー(もしくはレコーダーでもOK)が無くても「Fire TV Stick」などがあれば、動画配信サービスを利用できるためディスク以外の動画なら再生可能だ。

テレビをディスプレイとして利用する場合、テレビにアプリがインストールされている場合、もしくはネットに接続できる場合「Fire TV Stick」すら要らないかも。

コスパに最も優れるのはやはりアマゾンの「Fire TV Stick」ということになろうと思うが、やはりこれも「4K」に対応しているのが最も望ましい。

再生機だけというのは最近需要が少ないようだが、ソニーの「UBP-X800M2」みたいなハイコスパ機があるので、ぜひそういった機器でオーディオも楽しんでほしい。

「UBP-X800M2」なら、4Kの「ULTRA HDブルーレイ」はもちろん「SACD(スーパーオーディオCD)」「DVD-オーディオ」まで、ディスクメディアが幅広く再生可能なユニバーサルプレーヤーで、音質・画質にも手抜かりなしなのに3万円代は破格。

ホームシアターまとめ

さて、ホームシアターの参考にはしていただけただろうか?

必ずしも上記のシステムで組む必要はなく、家にある余っている昔のミニコンポのスピーカーをリアサラウンドに活用する、など、ホームシアターの組み方は人それぞれだ。

だが「プロジェクター」と「AVアンプ」はホームシアターの根幹を成すものなのに、意外と適当に選ばれているのが勿体ない。

それらの有る無しと質の違いでホームシアターの良さが格段に異なってくる。

ぜひ環境を整えて設置にチャレンジしてほしいと思う。

ホームシアター導入のハードルが高いと思って導入しないのは本当にもったいないことだ。

めっちゃ楽しいのはもちろん、毎日の生活にワクワクが戻ってくるので、カタチはどうであれまずは「ホームシアター」の第一歩を踏み出すことをおすすめしておきたい。

実際に導入したら、問題点やもっとココをこうしたい、など出てくるので、まずはどんなものでもいい。

行動しよう。

行動が次のワクワクを呼ぶ。

こころが動くことにお金を使うことは無駄遣いじゃない。

むしろいつの間にか使っているような無駄遣いをやめて、ワクワクのためにこそお金を使うべきだ。

毎日の生活に少しの「ゆとり」と人生の豊かさを取り戻してほしい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる