ブライアン・ウィルソンのソロ作品はどれでも素晴らしい!

ども、エバーグリーンな音楽研究家ゆとらです。

音楽数珠つなぎ、今日は「ブライアン・ウィルソン」だ。

ビーチボーイズの音楽の要であり、現役のミュージシャンでもあるブライアンのソロ活動に焦点を当てていく。

目次

ブライアン・ウィルソンのソロ活動

ブライアン・ウィルソンはビーチボーイズのメンバー。

ビートルズとのライバル対決や未発表アルバム「スマイル」の頓挫、ドラッグなどにより精神に破綻をきたし、徐々にビーチボーイズの活動から身を引いていく。

幾度か復活と隠居を繰り返し、1988年に待望のソロ活動を開始し、半分復活することとなる。

その後も紆余曲折あるものの、気づいてみればソロ作品を多数発表しており、そのどれもが質の高いアルバムとなっている。

ちなみに、ビーチボーイズの傑作アルバムは、ほぼブライアン・ウィルソンの手によるものだ、とこの際断言してしまおう。

「ペット・サウンズ」はもちろん、「トゥデイ」や「シャット・ダウンvol.2」など初期作品もだ。

ブライアンの類まれなるポップセンスが発揮されるのは、ビーチボーイズの作品だけではない。

他アーティストへのプロデュース作品もそうだし、ソロ作品においても存分に楽しめるものだ。

コアなファンならブライアンのソロ作品も聴いていると思うが、まだこれから、という方のために、ソロ作品の聴きどころを今日は紹介したい。

ブライアンのソロ作品に駄作なし!

ファンの偏見もあろうが、言ってしまうと、ブライアンのソロ作品に駄作はない。

アルバムの質が正直言って半端なく、未だに現役ミュージシャンの中でもトップクラスと言えると思う。

特にポップな楽曲においては、まだ彼の右に出るものは現れていないんじゃないかってくらい。

よって、ブライアンは生きてはいるが、すでにレジェンドであり、多数のミュージシャンから尊敬されている。

が、ビーチボーイズ時代のブライアンの「声」を期待してソロ作品を聴くとズッコケることになる。

「声」に関しては、ドラッグの影響もあったと思われるが、少ししゃがれた声になっていて、その分、ビーチボーイズでマイク・ラヴが担っていた低音が出るようにはなっている(笑)。

それはそれで魅力的ではあるが、ビーチボーイズファンの人は、あの透き通ったブライアンの声とは全く違うので、そこは覚悟して聴く必要がある。

ブライアン・ウィルソンのソロアルバムは、11作品出ている。(ベスト盤やライヴ盤除く)

結構出ているな、という感じだが、驚異的なのはそのアルバムのレベルだ。全てと言っていいほど捨てアルバムは無い。

おすすめのアルバムは全部!?

できれば全て聴いていただきたいが、中でも絶対に聴いてほしいアルバムを紹介しておくと、まずはファーストアルバム『Brian Wilson』

Brian Wilson(1988年)

ビーチボーイズ本体が、映画カクテル挿入歌「ココモ」で、久々の全米No.1ヒットを飛ばすなか、本体には大きく関与せず、ソロ作品として発表されたのが『Brian Wilson』だ。

後に発売されたデラックス・エディションが、リマスターされボーナストラックも入ってお得だが、すでにCDというメディア自体がストリーミングに押されている現在、廃盤に等しい扱いだ。

中古や輸入盤でもいいので、手に入れておくべしだ。

1曲目の「Love And Marcy」は、今もライヴでよく披露される名曲。

後のアルバムに2回も新録され収録されるぐらい、本人も気に入っているようだ。

ブライアンらしい美メロ満載の曲で、この曲を聴いた瞬間、

「あ、このアルバム買って正解だ」

と思わされるだろう。

3曲目「Melt Away」も、同様の流れを汲んだブライアンらしい佳曲。

その他もそれぞれに聴きどころがあるが、9曲目「Let It Shine」はビーチボーイズを思わせるハーモニーが美しい曲で思わずニンマリ。

そしてアルバム最後に収録の「Rio Grande」は、ビーチボーイズの「ペットサウンズ」~「スマイル」期を思わせる雰囲気の曲で、異なる曲調をうまく組み合わせた曲の展開が実に秀逸。

ファンなら「なるほど!」というビーチボーイズ的展開が、特に気に入るのではないかと思う。

デラックス・エディション(海外ではエクステンデッドヴァージョン)ならボーナストラックもキラキラ感あふれる「He Couldn’t Get His Poor Old Body To Move」や、いかにもブライアンらしい「Being With The One You Love」、映画「ポリスアカデミー4」挿入歌でシングルカットもされた「Let’s Go To Heaven In My Car」などボーナストラックとしては贅沢すぎる楽曲がたくさん。

絶対デラックス・エディションをゲットするべきだ。

Imagination(1998年)

続いては、実質的なセカンドアルバムと言っていい「Imagination」だ。

このアルバムまでに、セルフカバーアルバムと、ビーチボーイズ時代に未発表となった幻のアルバム「SMiLE」の共同製作者であるヴァン・ダイク・パークスとの共作があるが、ブライアンにしてはどちらも少しテイストが少し違うので、コアなファンにのみでOKだろう。

さらに実は「Sweet Insanity」というアルバムがお蔵入りしてしまっていて、こちらは最高傑作かというぐらい素晴らしいアルバムだったので(海賊盤が出回っている)、いつの日か正式に発表されることを祈るばかりである。

こちらも1曲目「Your Imagination」からして、幸せ感あふれる素敵な楽曲だ。

ブライアンの声も絶好調で、ビーチボーイズ時代のような透き通る声とまではいかないが、高音もしっかり出ていて、美しい楽曲にしっかり寄り添っている。

2曲目「She Says That She Needs Me」は、ビーチボーイズ時代の未発表曲「Sherry She Needs Me」のセルフリメイク。

ファンならビーチボーイズのバージョン(「Made In California」に収録)と聴き比べるのも面白いだろう。

そして5曲目「Keep An Eye On Summer」「Let Him Run Wild」も、ビーチボーイズ時代の楽曲のセルフカバー。

僕は「Keep An Eye On Summer」に関しては、このブライアンバージョンの方が、絶品のAOR作品に仕上がっていて魅力的だと思うのだけど。

そしてラストの曲「Happy Days」は、ファーストアルバム同様、ペット・サウンズ~スマイル期を思わせる楽曲。

だが、曲名どおりハッピーな曲なので、聴き終えてまた満足感に浸れる素敵なアルバムになっている。

That Lucky Old Sun(2008年)

さて、次は『That Lucky Old Sun』(ラッキー・オールド・サン)だ。

この作品までに、『Gettin’ In over My Head』そしてビーチボーイズの幻のアルバムを再現した『SMiLE』という話題作、それからクリスマスアルバム『What I Really Want for Christmas』が発表され、それぞれもちろん素晴らしいアルバムだが、この『That Lucky Old Sun』は、それらを凌ぐ出来。

『Gettin’ In over My Head』には、幻のセカンド『Sweet Insanity』からのリメイク曲が数曲収められたり、ポール・マッカートニー、エルトン・ジョンとの共演曲があったりと、聴きどころ満載。

『SMiLE』はビーチボーイズファンなら、もう言わずもがな。聴かないなんてあり得ない。

『What I Really Want for Christmas』は、ビーチボーイズ時代の名曲「Little Saint Nick」「The Man with All the Toys」のセルフカバーはもちろん、表題曲や「Chrismasey」といった新曲もメチャクチャ素晴らしい!

だが、よりブライアンらしいアルバムとなると、この『That Lucky Old Sun』なのである。

ブライアンのトラウマ「スマイル」にケリをつけたことや、上記の各種アルバム製作において、サポートメンバーであるダリアン・サハナジャやスコット・ベネットといったメンバーへの信頼がより強くなったのだろう。

ブライアンのやる気がみなぎり、サポートメンバーも実にイキイキ演奏(ヴォーカルにも参加)している感じが伝わってくる。

曲間をあえて空けずにつなげるという勢いある展開で聴かせる、泣けるほどにポップで、かつちょっぴり切ないブライアンワールド全開のアルバムに仕上がっている。

表題曲「That Lucky Old Sun」~「Morning Beat」と美メロの展開でググっと聴かせ、語りが入った後は「Good Kind of Love」「Forever She’ll Be My Surfer Girl」と名曲がこれでもか!と畳みかける。

これだ!これがブライアンだ!!

思わず叫びたくなるぐらい素晴らしい。

曲名もビーチボーイズ時代を思わせる「Surfer Girl」「Sun」「California」といった単語揃いで、スマイル期の曲「Can’t Wait Too Long」のカバーも収録。

完全に過去のトラウマを払拭し、キラキラしたポップ感が最高に気持ちいい!!

『That Lucky Old Sun』聴いていなければ絶対に聴いてほしい。

No Pier Pressure(2015年)

ベスト盤を除いて最新作が『No Pier Pressure

こちらも実に素晴らしい。

本家ビーチボーイズからアル・ジャーディンとデヴィット・マークスが参加しており、ビーチボーイズ色たっぷりのアルバムだ。

ビーチボーイズ50周年を機に、奇跡のリユニオンが叶い、アルバム『God Made The Radio』(神の造りしラジオ)を発表した影響が色濃く出ている。

このアルバム発表の前には『Reimagines Gershwin』『In the Key of Disney』が出ており、もちろんそれらも素晴らしい出来。

ブライアンのソロ作品にハズレなしなのだ。

『Reimagines Gershwin』は、ガーシュウィンの作品を、『In the Key of Disney』は、ディズニーの映画挿入歌などを、それぞれブライアンが脚色した作品である。

どちらも元々ブライアンの曲かと思うほどの仕上がりで、前者はポップながら、「The Like In I Love You」や「’s Wonderful」など、少しジャジーな感じがオーディオ的に実に気持ちいいし、ちょっとスマイル期に通ずる音作りも感じられて、さすがブライアンと唸らされる。

後者も、ディズニーのポップな曲が実にブライアンにぴったり。

「トイ・ストーリー」等でおなじみの曲がブライアンの手で新たな感触で楽しめるので、実に新鮮なのだが、マッチしすぎていて、本当にブライアンの曲かと思うほどだ。

まとめ

というわけで、ブライアンのソロ作品は完全に「ハズレなし」なので、どれを聴いてもレベルは高いのだが、もしまだ聴いていないなら、上記を参考にオススメからまずは聴いてみてほしい。

ビーチボーイズが好きなら、ブライアンのソロも気に入ることだろう。

ビーチボーイズじゃないから、と言って敬遠していたら勿体ないぐらい、素晴らしい楽曲揃いなので、ぜひ無くなる前にブライアンのアルバムを手に取ってほしい。

良質な楽曲が日々のワクワクをきっと取り戻してくれるハズだ。

ブライアンにより興味を持った方は、映像作品もいくつか出ている。

ブライアンの半生を映像化した「ラブ&マーシー 終わらないメロディ」は素晴らしい映画作品だ。

さぁ、今日もエバーグリーンな楽曲を求めて。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる