ブルース・ジョンストン~愛すべき渋い名曲たち

ども、フォーエヴァーミュージック愛好家ゆとらです。

音楽数珠つなぎ、今回はブライアン・ウィルソン(ビーチボーイズ)繋がりで、ブルース・ジョンストンを紹介したい。

実績十分なのだが、作品自体があまり多くなく、やや地味なので目立たない存在のブルース・ジョンストン。

だがビーチボーイズ好きなら、ブルース・ジョンストンのソロ時代の音楽も気に入ると思うし、絶対に聴く価値ありなのだ。

目次

ブルース・ジョンストンとは?

ブルース・ジョンストンは、ザ・ビーチボーイズ現役メンバーの一人で、古くから長く活動するミュージシャンである。

サーフィンミュージックの印象も強いザ・ビーチボーイズの中で、本当にサーファーなのはデニスとブルースだけ。

ソングライティングにも定評があり、プロデューサーとしての能力も確かであることは、ビーチボーイズでのプロデュースや、以下アルバム群で証明されている。

フィル・スペクターとも親交があるとか。

ビーチボーイズとの関係としては、中心メンバーであるブライアン・ウィルソンが作曲・プロデュースに専念したいため、ライヴ活動を降りる際に、グレン・キャンベルに続きサポートを任され、主にブライアンの代役としてビーチボーイズに抜擢され、正式メンバーとなった。

ブライアン同様、高音の美しいファルセットで聴かせる歌声は、ビーチボーイズの中でもブライアンの次に高い音が出せるのではなかろうか。

そして楽器もマルチにこなす天才ミュージシャンという顔も持つ。

そんなブルースなので、実はビーチボーイズ加入前からバリバリ一線級の活躍をしてきたのであるが、なぜかマイナーなんだよなぁ。

山下達郎も愛する「ブルース&テリー」

特にテリー・メルチャー(ドリス・デイの息子で、ザ・バーズのプロデューサーとしても有名)と組んだ「ブルース&テリー」のベスト盤「The Best Of Bruce & Terry」は色あせない音楽ファンには必聴のマストアイテム。

Sundazed
¥2,862 (2021/06/16 21:40時点 | Amazon調べ)

若き日のブルース・ジョンストンとテリー・メルチャーの才能が炸裂しまくった激烈サウンド!

本家ビーチボーイズに優るとも劣らないレベルの高い楽曲満載で、絶対に聴いてみてほしいのだ。

ビーチボーイズのカバー「Hawaii」から始まり、2曲目「Summer Means Fun」で、ブルースの透き通るようなファルセットと疾走感がめちゃくちゃ気持ちいい、夏の暑さと海を想像させる最高のサマーサウンドが早くも炸裂!

うわぁぁぁぁぁ~!!

もう買って良かった!と思えるナイスなベスト盤で思わず涙腺が緩む。

その後も捨て曲なしで飽きさせず、5曲目「Don’t Run Away」は、あの山下達郎氏が、あまりの素晴らしさにオマージュ曲「Only With You」(Don’t Run Awayそっくり!)を作ってしまったほど。

さらにブルースがソロでもセルフカバーした名曲「Thank You Baby」のブルース&テリーヴァージョンや、ビーチボーイズがビートルズの「Ticket To Ride」に代わって全米No.1に輝いた曲「Help Me Rhonda」のカバーなど。

さらにさらにバリー・マン&シンシア・ワイル作の「Girl, It’s Alright Now」や、この時期に欠かせないインスト曲もちりばめながら、このオシャレ感…素晴らしいとしか言いようがない。

ラスト2曲「Look Who’s Laughing Now」「Here Comes Summer」は、ビーチボーイズ顔負けの美しいハーモニーワークやファルセットを聴かせる極上のサマーソング。

そしてラストしばらくの静寂後ちょっとしたオマケが・・・あとは買ってのお楽しみだ。

まだ聴いたことのないビーチボーイズファン、またはサーフィン・ホットロッド系の音楽を愛する方は、絶対に絶対に!手に取って聴いてほしいアイテムが「The Best Of Bruce & Terry」(ザ・ベスト・オブ・ブルース・アンド・テリー)なのだ。

ザ・ビーチボーイズの素晴らしすぎるコピーにとどまらない「The Rip Chords(ザ・リップ・コーズ)」

ブルース・ジョンストンがビーチボーイズの正式メンバーになった、というのも当然の話だった。

ブルースがテリーと共にプロデュースした「The Rip Chords(リップ・コーズ)」のアルバムを聴けばそれがハッキリわかる。

当時流行ったサーフィン~ホットロッド路線のアーティストで、現在までメインストリームに名を残すのは、もはや「ビーチボーイズ」だけと言っても過言ではないが、いやいやブルース&テリープロデュースの「The Rip Chords」は、素晴らしい出来。

「Hey Little Cobra」「Three Window Coupe」の2枚のアルバムはどちらも当時の風合いを色濃く感じさせる胸キュンアルバム。

ビーチボーイズはもちろん、ブライアン・ウィルソンが関わっていた「ジャン&ディーン」のヒット曲「Surf City」を本家にも勝るとも劣らないコーラスワークでカバー、オリジナルの見事なホットロッドソングも違和感なく聴かせる。

アーティスト:リップ・コーズ, 演奏:リップ・コーズ
¥780 (2021/06/17 21:49時点 | Amazon調べ)
ソニーミュージックエンタテインメント
¥1,980 (2021/06/17 21:50時点 | Amazon調べ)

おおおっ~~!

と、思わずニヤけてしまう出来栄えとなっている。

こりゃ本家ビーチボーイズからブルースにお声がかかるわけだ。

地味だが素晴らしいブルース・ジョンストンのソロアルバム「Going Public

ブルース・ジョンストンは、ビーチボーイズに在籍中(一度抜け、また復帰したりしている)にも「Disney Girl(1957)」など名曲を生み出してはいたが、ソロ活動でも印象深い素晴らしい名曲を残している。

その代表的な曲が「I Write The Songs」だろう。

そしてその「I Write The Songs」が収録された「Going Public(歌の贈りもの)」は、実にブルースらしい佳曲が並ぶ素晴らしいアルバム。

エピックソニー
¥882 (2021/06/16 22:12時点 | Amazon調べ)

「I Write The Songs」は、バリー・マニロウに提供した曲で、グラミー賞最優秀楽曲賞を受賞し、全米No.1にもなっている素晴らしいバラード。

ブルースらしいメランコリックな曲だが、僕は個人的にはバリーが歌う「I Write The Songs」よりも、ブルースがセルフカバーしているピアノを主体としたバージョンの方が曲の雰囲気に合っていて好きだ。

もちろん曲自体が素晴らしく、どちらも素敵なのだが、より想いが乗っているのは作者であるブルースのバージョンではないかと思うのだが・・・あなたも聴いてみて判断してみてほしい。

アルバム「Going Public(歌の贈りもの)」には前述「I Write The Songs」はもちろん、ビーチボーイズ時代の名曲「Deirdre」「Disney Girl」、ブルース&テリー時代の「Thank You Baby」のセルフカバー、その他「Won’t Somebody Dance With Me」「Rock And Roll Survivor」など、絶頂期のブルース・ジョンストンが堪能できる、数少ない美メロ揃いで捨て曲なしの素晴らしいアルバムなのだ。

ブルース・ジョンストンのソロアルバムということで、あまり聴かれていないのが惜しい隠れた名盤とも言える作品だと思う。

ファンなら絶対に聴いて損はない。

その他ソロ名義の「Surfin’ ‘Round The World」も当時のサーフィン路線で面白いアルバムなのだが、当時らしくインスト曲が多く、余程のファン以外はやはり上記のアルバム群を押さえておけばとりあえずOKだろう。

まとめ

ブルース・ジョンストンは、その後「California Music」として活動したり、プロデュース業をしたり、実に多才ぶりを発揮している。

ビートルズのジョンやポールに、ビーチボーイズの「Pet Sounds」を真っ先に聴かせたのは実はブルースだったりと、地味に思われがちだが、ナイスガイで多才なのだ。

なので、逆にブルース作曲の曲があまり残されていないのが物凄く惜しい、ソングライターとしてももっと成功できたのに!と思うのは僕だけではないだろう。

絶版(すでになっているが…)になる前にブルース・ジョンストンのアルバムは手に入れておいて損はない。

コアでマニアックな人気のアーティスト作品はすぐに入手困難になるからだ。

実際、リマスターされた紙ジャケット盤「The Best Of Bruce & Terry」(表紙ジャケも異なる)は既にプレミア物となっている。

ブルース・ジョンストンの曲を聴くと、なんかしっとりと「哀愁」を感じることがある。

じっくり秋の夜長にブルースのソロ作品を聴くと、しみじみ「音楽っていいな・・・」と感じることができるだろう。

音楽に関しては、メジャーだから良いとかマイナーだから良くない、ということは決してない。

むしろマイナーな知られざる名曲は無数に存在している。

僕は今日もそんなエバーグリーンな曲を探している。

そしてまた、数珠つなぎでエバーグリーンな楽曲たちにめぐり合うことを期待して。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる