実は添加物が多いプロテイン!正しく選ぶポイント~コスパにこだわるFPが教える

ども、コスパにこだわるFP兼カウンセラーのゆとらです。

健康のために、あるいは筋肉のために、ダイエットのために「プロテイン」を飲む習慣がある人が増加中だ。

かくいう僕もプロテインを、ほぼ毎日飲む。

ただ同じプロテインでも、値段・中身・たんぱく質含有量、その他添加物なんてのはさまざまだって知ってるかな?

要はちゃんとプロテイン選びをしないと、逆に健康を損なった・・・とか、実はコスパが悪かった、なんてことにもなりかねないのだ。

そこで今回は、コスパにこだわりながらもコスパだけではなく、体が喜ぶ(←健康にはコレ大事!)『本当の意味でコスパの良いプロテイン』を選ぶポイントをお伝えしていきたい。

最後まで読んでいただくと

プロテインにはプロテイン以外にこんなものが入っているんだ。。。

ここは気にしてなかったけど結構重要かも・・・。

と、より健康に気を使えるようになると思うので、プロテインを愛用していえる方は見ていってほしい。

目次

プロテインは意外と添加物だらけ

プロテインを選ぶ際、『添加物』について考えたことはあるかな?

実は結構プロテインに添加物は入っている。

その代表的なものが「甘味料」。

プレーンを選ばない限り、ほとんどのプロテインは「ココア」とか「抹茶」とか、飲みやすいようにフレーバー(味)がついている。

このフレーバーが実はクセモノで。

添加物として人工甘味料・合成香料が使われていることが非常に多い

人工甘味料不使用のものを選ぶ

パッケージをよく見てほしい。

「スクラロース」「アスパルテーム」「アセスルファムK」なんて言葉がないか?

それ、人工甘味料だよ。。。。

人工甘味料は、「人工」という名のとおり「化学的に合成された甘味料」。

カロリーゼロで血糖値も上がらないから、人工甘味料は健康にとって悪いものではない、とか、砂糖よりダイエットに良い、という認識をお持ちの方もいるようだ。

だけどまだまだ未知の部分が多く、継続的に人工甘味料を摂取することで体にとって良くない影響が出る、とする意見も根強い。

例えば、

  • 消化・吸収で体に大きな負担がかかる
  • ホルモンバランスが乱れる
  • 腸内細菌に悪影響
  • うつ病や脳卒中の危険性
  • 発がん性がある

などなど。

実際、動物実験で危険性が確認されたあるものもあるし、過去に販売中止になった人口甘味料もある。

マイケル・J・フォックス(バック・トゥ・ザ・フューチャーなどで有名)がパーキンソン病を発症したのは、実はダイエット〇〇(商品名伏せとく)に含まれる人工甘味料が原因ともささやかれていたり。。。

味覚に敏感なら「人工甘味料」を摂取しただけで、独特の後味の悪さや悪寒を感じる人もいる。

ゆとら

正直「人工」とか「合成」なもので個人的には良かった試しがなく、できれば自然のものを選びたいなぁ。

よって、健康のためにプロテインを摂っているのなら、できるだけ「人工甘味料」「合成甘味料」「合成香料」は避けたほうが良さそうだ。

この点、フレーバーが付いていても「ステビア」や「ココナッツシュガー」など自然の甘味料を使っているプロテインも、少ないがちゃんとあるのだ。

アミノ酸スコア100のものを選ぶ

ほとんどのプロテインはそうなんだけど「アミノ酸スコア100」のものを選ぼう。

アミノ酸スコアが高いものは「質のよいたんぱく質」が多い、とされているからだ。

ホエイプロテインなら、ほとんど「アミノ酸スコア100」になっているはずだけど、念のため確認して購入しよう。

せっかくならグラスフェッドのプロテインを選ぶ

あとは「グラスフェッド」のプロテインを選択するといい。

グラスフェッドというのは、自然の環境(牧草)のみで飼育された牛から取れたミルクから作られているものを指す。

グラスフェッドなら、牛はストレスが少なく、当然取れるミルクはより自然に近くなり、体にも優しいものになる。

一方、飼育に問題がある場合、牛は成長ホルモンを与えられ、ストレスまみれで育ち、また添加物まみれのエサを食べさせられて育つため、取れるミルクもグラスフェッドに比べ品質が劣ることになる。

どちらがいいかは言うまでもない。

意外と盲点なのが「たんぱく質含有量」だ。

体が喜ぶ優しいプロテインとは?

というわけで、「グラスフェッド」で、かつ「添加物が少ない」(GMOフリー)ホエイプロテインが良いプロテインの指標となる。

もちろんコストパフォーマンスや絶対的な値段も気になるところ。

コスパの盲点!?プロテインは、たんぱく質含有量もちゃんと見て選ぼう

コスパで考えるときに、意外と見落としがちなのが「たんぱく質含有量」だ。

これは比較を後述する。

どれも満たしてくれそうで、オススメできるプロテインは2種類。

『チョイス SILVER WHEY (シルバーホエイ) ホエイプロテイン ココア 』『LOHAStyle ホエイプロテイン チョコ (カカオ) 1kg』だ。

コスパと総合力でオススメは『チョイス SILVER WHEY (シルバーホエイ) ホエイプロテイン ココア 』(抹茶味もある。)

\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

「バルクスポーツ」「HIGH-CLEAR」「FIXIT」「naturich(ナチュリッチ)」など、他にも安価で添加物フリーもいくつかあるが、グラスフェッド・GMOフリーのフレーバー付プロテインでは「チョイス」が僕の知る限り最安値。

容量も微妙に多い1.05kgが嬉しく、たんぱく質含有量含めたコストパフォーマンスでは『チョイス SILVER WHEY (シルバーホエイ) ホエイプロテイン』が群を抜いている。

グラスフェッドではない通常のプロテインに交じってもコスパは良い方なのだ。

※チョイスにはシルバーより上級のゴールデンプロテインがあり、有機ココア・有機抹茶使用になるのと乳酸菌がプラスされたグレードアップ品となっている。値段も1,500円ほど高い。

味で選ぶなら『LOHA Style(ロハスタイル)ホエイプロテイン チョコ(カカオ)1kg グラスフェッド』だ。

ペルー産の有機カカオを使用していて、かなり本格的な風味なので、これだけでもつい選びたくなる魅力がある美味しさ。

ゆとら

ちなみに「モンドセレクション」も受賞している。(←個人的にはどうでもいい所だけど。)

つまり、どちらも成長ホルモン不使用で「牧草飼育乳牛 100%」(グラスフェッド)で作られた「人工甘味料」「合成香料」無添加のプロテインで、かつお値段控えめ(=コスパ良し)ということになる。(甘味料はステビアを使用)

けど、ロハスタイルのプロテインには「ちょっとなぁ・・・」という部分がないわけではない。

できれば、たんぱく質含有量は70%以上を選ぶ

先述のとおり「たんぱく質含有量」はダイレクトにコスパに関わってくる。

プロテインの主目的は「たんぱく質の摂取」なので、これは結構重要な指標なのだ。

味は文句なしの『LOHA Style(ロハスタイル)ホエイプロテイン チョコ(カカオ)1kg グラスフェッド』のたんぱく質含有量は約67%。

最もオススメの『チョイス SILVER WHEY (シルバーホエイ) ホエイプロテイン ココア 』は、たんぱく質含有量73.4%。

(表示上は)含有量に6%以上もの開きがある。

そう、味良しのロハスタイルのプロテインには以下2つの弱点・デメリットがあることがわかるのだ。

  • ただし、商品によって「無水換算値」が表示されている場合があり、実際のたんぱく質含有量より表示が少し水増しされているケースもあり、見極めはやや難しい。
  1. たんぱく質含有量が少ない。
  2. カカオ味以外の味のお値段が高い!!
  3. アミノ酸スコア100とは表示されていない(けど満たしている?)

できれば「たんぱく質含有量80%以上」が理想だが、これはどこのメーカーでも「プレーン」以外だと結構厳しい。

よって、できればたんぱく質含有量70%以上を選ぶようにしよう。

味はロハスタイルの方が断然美味しいのだが、コスパ面が際立っている『チョイス SILVER WHEY (シルバーホエイ) ホエイプロテイン ココア 』を最もオススメとした理由はこの辺り。

さらにコスパを上げたいなら、僕がやっているように「プレーン」とフレーバー付きプロテインを混ぜて使うといいよ。

ゆとら

甘いと感じる人には、なおオススメ。

あとはロハスタイルのプロテイン、なぜか「イチゴ味」「有機抹茶味」「バニラ味」だと一気に値段がアップする。。。

いや、どれも味は本格的で群を抜いて美味しいんだけどね。

「プレーン」はさすがにお値段控えめだけど、プレーンなら前述の『チョイス』、もしくは同じロハスタイルでも100円差なら「カカオ(チョコ)味」を選んでしまうかな。。。

\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

まとめ~体に優しいプロテインを選ぼう

というわけで、今回は「体に優しい(体が喜ぶ)プロテイン」の選び方についてご紹介させていただいた。

特に

コスパに関わる「たんぱく質含有量」は盲点だった!!

という方は多いんじゃないかな?

また今まで、甘味料や香料については気にせずプロテインを選んでいた、なんて方も多いんじゃないかと思う。

プロテインもそうだけど、毎日のように口にする食べ物や飲料は、添加物が蓄積されたりする関係上、中長期的にみて体にとってすごく大事だ。

ただ美味しければいいってわけじゃなく、できるだけ体に優しいものを選んで健康を意識したいところ。

健康あってこその楽しい毎日になるからね。

もちろん継続には味も美味しいことが大切。

と言っても、こういった事に気付いて周りを見渡すと、ほとんどの物に人工甘味料や化学的に合成されたものが使われていることに気付くだろう。

今や「体に良いもの(優しいもの)」を選ぼうと思ったら、なかなか探すのが大変なのだ。

けど、病気や体を壊してから気付いても遅いよ。

健康にも「ゆとり」を持って、(ちょっとお値段がしたとしても)体にとって何が良いのかを優先して健康維持に努めてほしい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次