プロテインは組み合わせろ!コスパと味で選ぶならこの組み合わせ

ども、健康オタクでコスパにこだわるFPゆとらです。

日常的に摂取するプロテインの値段を何とか抑えたい!

と思っていないだろうか?

プロテインって本当に多くのメーカーが出していて、どれが本当に品質が良くてコストパフォーマンスがいいのか、なかなかわかりにくい。

更に言うと、コストパフォーマンスはいいけど「飲みにくい」「マズイ」プロテインは、できたら避けたいよね?

ってか、マズいと続かないから。マズくて。

その悩み、プロテインの『組み合わせ』で解決するよ。

ん?

そう、実は『組み合わせる』ことが肝だったりする。

目次

プロテインでこだわるべき3つのポイント

日常的に不足しがちなプロテインを補うことが大切だよ、というお話は以前させていただいた。

もちろん僕が言うまでもなく、ずーっと以前、古代からプロテインは大切とされてきた。

「プロテイン」という言葉の起源は古代ギリシャ語「プロティオス(主要、第一のもの)」というほど。

僕は『藤川理論』つまり「うつ消しごはん」「メガビタミン+プロテイン」も実践しているので、プロテインの風味やコストについては結構しょっちゅう考えているのだが、まずは毎日飲むプロテインだからこそ、こだわりたいポイントが3つある。

  1. 品質
  2. 飲みやすさ(味)
  3. コスト(価格)

この3つだ。

健康やダイエットのためにプロテインを摂るのに「品質」が悪ければ「本末転倒」だよね。

そしてプロテインで健康や体形を維持しようと思えば「飲み続ける」ことが大切となるので、自分好みの「飲みやすさ(味)」を探すことも大切になってくる。

更に「飲み続ける」のなら、「コスト(価格)」は無視できないところだ。

よって、この3つは重要なポイントなわけ。

この3つを「1つのプロテイン」で全て満たしてくれる商品は、残念ながら今のところ僕は出会ったことがない。

惜しいのはあるんだけど。

No.1なので有名だしドラッグストアでも簡単に手に入るので、僕が真っ先に購入したプロテインは「ザバス」だった。

だが「続けていく」にあたり、

これよりコストパフォーマンスが良いものはないの?もっと美味しいプロテインは?

と探していくと、これが結構あるのだ。

なのでプロテインの『組み合わせ』をオススメしたいのだが、まずはそれぞれの項目でおすすめできるプロテインをご紹介しよう。

おすすめのプロテイン

1.たんぱく質含有量から選ぶプロテイン

「たんぱく質含有量」でイチ押しなプロテインが『ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート プレーン風味』だ。

ファイン・ラボ
¥5,049 (2022/05/22 22:35時点 | Amazon調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

ファインラボのプロテインの中でもこの商品がおすすめなのは、「WPI製法」(後述する)の中でも独自の製法で作られており、「たんぱく質含有率」が圧倒的(95.4%!)なのと、糖質・脂質が少なく、さらに通常のWPI製法より栄養素も豊富に残されていることだ。

「水に溶けやすい」イコール「ダマになりにくい」のも素晴らしい。

「たんぱく質だけを摂りたい人」にとって、余分な糖質・脂質をかぎりなく減らせることも利点。

また乳糖不耐症でプロテインを摂るとお腹を下しがちな方やダイエット目的にも最適。

つまり・・・「たんぱく質を摂る」という観点からすると、すべてが高品質

だがその分、価格は高い。1kgで5,000円以上するのだ。

そして味はお世辞にも美味しいとは言えない。

ゆとら

特別マズイわけではないけど、味は赤ちゃんが飲む「粉ミルク」のような感じを想像していただきたい。

プロテインの製法には主に2種類。

WPC・・・「乳糖」等、不純物を除去せずに作る製法で、安価だが雑味が残りやすい。

たんぱく質含有率もWPIに劣る。(目安70~80%)

WPI・・・「乳糖」等、不純物を除去する製法で、造粒工程が必要で手間がかかる分、高価になる。

たんぱく質含有率が高い。(目安90%)

藤川理論の藤川徳美先生やメンタリストDaiGoがおすすめしているプロテインでもある。

2.飲みやすさから選ぶプロテイン

次に「飲みやすさ」から選ぶプロテインをご紹介しよう。

上記、個人的に「最強」なのが『ビーレジェンド プロテイン ペコちゃん ミルキー風味1kg』である。

\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

これは「プロテインの常識」を覆す美味さ!

あの「ミルキー」の味をプロテインで再現している・・・。

色んなプロテインを試したが、味に関してはこれが一番だ。

プロテインの味へのこだわりがすごい(というかマニアック!)ビーレジェンドが作るプロテインなので品質もしっかりしており、ダマになりにくく溶けやすいのも良い。

「うつ消しごはん」の藤川先生がオススメしているプロテインの一つなので、品質は信頼できる。

WPC製法だが、たんぱく質含有率から考えるとコストパフォーマンスも良いほうだ。

味は甘い。正直、甘すぎる(笑)ので、好き嫌いは分かれると思う。

だが甘いからと言って糖質が多いわけではないのがグッドだ。

それにこの「すぎる」ぐらいの甘さが、プロテイン離れしていて非常識に美味しいのだ。

ただし人工甘味料が使われているので、より健康志向の方は人工甘味料不使用の『LOHAStyle ホエイプロテイン チョコ (カカオ) 1kg グラスフェッド 』がオススメ。

グラスフェッドなので、ストレスフリーな牛から取れた健康的なミルクを原材料としているし、ステビアを甘味料とて使っており自然な甘さ。

それでいて、ペルー産の高品質なカカオ使用で、僕はこれ以上のカカオ(チョコ)味のプロテインを知らない、というぐらい美味しい。

変に甘くなく、上質なチョコを食べているような甘さ。

ココア・カカオ・チョコ風味なら断然一押し。

3.コストから選ぶプロテイン

さて、最後にこれも外せない「コスト(価格)」で選ぶプロテインだ。

人によっては「これが一番重要だ!」って人もいるだろう。

こちらについては、『CH ホエイプロテイン 1kg×3袋 プレーン味 WPC アミノ酸スコア100 NICHIGA(ニチガ)』で決まりだ。

\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

まったくこだわりのないパッケージ(笑)!(だがそれでいいのだ。)

1kgで3~4,000円するメーカーが多いなか、3kgでも7,000円以下。

1kgあたり2,780円は最安値。

しかも3kgで一つのパッケージではなく、1kgが3袋のほうが衛生上ありがたい。

しかしながら、楽天市場でポイント還元込みだと最安値近くなるプロテインもある。

それが『KOSEI ナチュラルホエイプロテイン 1kg スプーン付』

なぜかアマゾンでは見かけない。

普通は「価格が安い」と主に「品質が犠牲になる」ことが多い。

だがニチガやKOSEIのプロテインに関しては、パッケージがしょぼいことを除いて(笑)、WPC製法の中でもたんぱく質含有率は悪くないし、品質もしっかりしてる。

なのでオススメできる。

もし「健康のためにプロテインを摂取したいけど、どうしても値段が・・・」と思っているならコレ一択でもアリ

ゆとら

楽天ヘビーユーザーの僕は、プレーンは『KOSEI ナチュラルホエイプロテイン 1kg スプーン付』を愛用しているよ。(アマゾンヘビーユーザーでもあるけどね。。。)

KOSEIについては無添加なので、シェイクしたときに多少ダマが残るのはご愛嬌だ。

ダイエット目的でのカリカリの糖質制限をしてるわけではなく、かつ「乳糖不耐症」(牛乳でお腹をこわす)ではないなら、WPC製法でコストパフォーマンス抜群な『CH ホエイプロテイン 1kg×3袋 プレーン味 WPC アミノ酸スコア100 NICHIGA(ニチガ)』または『KOSEI ナチュラルホエイプロテイン 1kg スプーン付』で間違いない。

プロテインおすすめの飲み方は「組み合わせ」

さて、おすすめのプロテインを重要ポイントごとに紹介してきた。

そして・・・僕のおすすめの飲み方は、これらを『組み合わそう』という飲み方だ。

例えば、体調とか気分によって

『今日は「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート プレーン風味」と「ビーレジェンド プロテイン ミルキー風味」の組み合わせでいこうか』みたいな。

コイツ、バカなのか?

と思われただろうか。

はい、否めません。

ピュアアイソレートだけだと味気ないけど、そこにミルキー風味が加わることで「ミルクセーキ」のようなプロテインが出来上がる。

体調によってはプレーン風味が異常にマズく感じたり、ミルキー風味がくどく感じられる日もあるので、【組み合わせがちょうどいい】と気づいたのだ。

『KOSEI ナチュラルホエイプロテイン』に、ちょっとコクを加えたい場合や物足りない場合、『LOHAStyle ホエイプロテイン チョコ (カカオ) 1kg グラスフェッド 』を加える、というのが僕の定番だったり・・・。

「ココア味」は定番でプロテインの中では最もよく飲まれる風味だけど、それだけだと甘すぎる、なんて場合にプレーンを合わせることで味もコストも調整できるってな感じだ。

『ビーレジェンド プロテイン ミルキー風味』は、強烈な味なので何かと『組み合わせ』することで味変を楽しめたり。

逆にくどいと感じる場合は『ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート プレーン風味』『KOSEI ナチュラルホエイプロテイン 1kg スプーン付』と組み合わせる。

こういう風にすると限りなく【自分好みの風味】が、体調と気分次第で作れるってわけ。

『品質重視』とか『好みの風味重視』なんてのも自由自在だ。

ただし!

3つも同時にプロテインが家にあるわけで・・・めちゃくちゃ邪魔である。

ゆとら

奥さんに怒られるよ(笑)。

(この辺がバカである。自覚はしている。)

でも「今日はどれにしようかな~?どれを組み合わせようかな~?」なんて気分で選べることはとても楽しい。

つまり、僕が言いたいのは「毎日ゆとりを持って、楽しくプロテインを飲もうよ」ってこと。

ダイエットでも健康管理でも、楽しくないと続かないよ?

ちなみにウチは夫婦で毎日プロテインを飲んでいるので、少しずつ時期をズラしてそれぞれのプロテインを購入している。(おのずとどれかが早くなくなり、どれかが残るからだ。)

まとめ

さて、今回は「プロテインを組み合わせて飲む」という事をご紹介させていただいた。

プロテインを『組み合わせる』という発想はあまり今までなかったかもしれない。

けど一度やってみていただきたいが、「意外と合う」のでビックリだ。

さらに言うと「楽しい」し、プレーンと合わせる場合コスパも良くなる、というおまけ付。

ただ、「カシス味」と「ミルキー風味」など、あわないであろう組み合わせも当然ながらあるので、なんでもかんでも組み合わせればいいってわけじゃない。

もともとミルク系と相性がよい味(ココアやカフェオレや抹茶、いちごミルクなど)は「ミルキー風味」とブレンドして美味しくなる確率が高い、ということは覚えておいて損はないかもね。

あとは「プレーン」だけだと味気ないから、ちょっと風味付けしてみる、なんてのは僕もよくやる組み合わせだ。

ぜひお試しあれ!

こころにも余裕と「ゆとり」を持って、楽しくプロテインを飲もうではないか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次