ポール・マッカートニー~ビートルズっぽいおすすめアルバム

ども、エバーグリーンな音楽研究家ゆとらです。

さて、音楽数珠つなぎは、ビートルズ~ビーチボーイズ~ブライアン・ウィルソンときて、今日はビートルズのメンバー「ポール・マッカートニー」だ。

「ビートルズが大好きなのに、ポール・マッカートニーのソロ作品はあまり知らない」なんて人は意外に多いようだ。

いやいや・・・ポール、ソロでも素晴らしいんだから。

ポール・マッカートニーに関しては、ウィングス~ソロ活動においても大ヒットアルバムが多いので、ある程度絞ってオススメしていこう。

目次

1人ビートルズの本家本元ポール・マッカートニー

「Paul Mccartney(ポール・マッカートニー)」は、いわずと知れたThe Beatles(ザ・ビートルズ)の中心的メンバーの一人。

ま、ビートルズは全員がすんごいんだけれども、僕は「音楽的」な意味において、やはりポール・マッカートニーに一票を投じたい。

もちろん好みはあろうが、ソロ活動でのヒット曲の数の多さやクオリティ、知名度など多方面に置いて群を抜いていることは、客観的にみて間違いないからだ。

「ビートルズを見たければ、ポールのライヴに行け」とはジョージ・ハリスンの弁。

この言葉にはジョージ流の皮肉も込められているのだが、ウイングスの絶頂期は、確かにビートルズにも負けないぐらいの熱さがあった。

ビートルズ解散後のポール・マッカートニー

ビートルズ解散の原因は一つではないが、解散することが世に知れたのは、1970年4月10日、ポールがイギリスの大衆紙「デイリー・ミラー」でビートルズ脱退を発表したことであった。

いざこざを抱えたまま4月17日には、ビートルズ『Let It Be』(ビートルズ最後のリリースアルバム:1970年5月8日発売)より先に、自身のソロアルバム『Mccartney』をリリース。

手作り感満載の粗い曲が多いアルバムで、当時の評判はビートルズ解散の責任を負わされたことも手伝ってか散々であった。(ただしポールの知名度もあり、アルバム自体はビルボート1位のヒット。)

そしてしばらくポールの世間での評価はヒドイものであり、当時「ポールのファンだ。」と公言するとバカにされるほどヒドかったようだ。

ただビートルズファンとしては、ゲットバックセッション時に作曲した「Every Night」「Junk」「Teddy Boy」など、それなりに聴きどころがあるし、何より名曲「Maybe I’m Amazed」は、ポールのソロを代表する作品のひとつで、ポールの絶品のシャウトが聴ける曲。

当時シングルカットされなかったのが不思議なぐらいだ。

ただヴォーカルなしの曲も多く、初心者は「Maybe I’m Amazed」はベスト盤などで聴いてもOKだと思う。

ポールはビートルズ解散後、ショックのあまりスコットランドの農場に引きこもってしまうが、そんなポールを癒してくれたのは、やはり音楽であった。(もちろん妻であるリンダ・マッカートニーの存在も大きかっただろう。)

ポール・マッカートニーソロ作品のおすすめアルバム

1.RAM(ラム)

『Mccaryney』で酷評されたポールは、次のアルバム『RAM(ラム)』(1971年発表)でも同じような路線を踏襲しているものの、実験的であった前作よりも本腰を入れたレコーディングとなり、素晴らしい出来となっている。

発売当時は酷評されるも、現在では再評価がすすみ「名盤」とされているのが『RAM』だ。全英1位、全米2位を記録している。

ユニバーサル
¥1,965 (2021/04/27 17:01時点 | Amazon調べ)

アルバムの最初を飾る曲「Too Many People」からラスト「Back Seat」まで、ほぼ捨て曲なしのレベルの高さ。

息抜きのような「Ram On」でさえいい味出してるし、「Dear Boy」のコーラスの美しさやバックの演奏の素晴らしさと言ったら・・・。

その美しさの後には、後にシングル化される「Uncle Albert/Admiral Halsey」(ソロで初の全米1位:グラミー賞で最優秀アレンジメントを受賞)で、流れるようなポールお得意のメドレーを披露。

「おおっ!!これだ!これがポールだよ!」と言わんばかりの展開にニヤっとしたり。

その後、その美しい展開を裏切るように「Smile Away」でロッケンロール!ちょっとチビる!!

リンダのコーラスもいい味出してるし、『RAM』は全体の音づくりがシンプルなのに凝っていて何とも気持ちいい。

70年代の音の感じもシビれる。

以降、レコードで言うところのB面は牧歌的な「Heart Of Contry」から佳曲が続き、また「Ram On」を挟み、最後はビートルズ時代に作った名曲「Back Seat」で幕を閉じる。

「Back Seat」は、やや大げさだが、ポール・マッカートニーらしさがある意味全開の展開。

前作『Mccartney』同様、ポールがさまざまな楽器を演奏しているが、質の違いは歴然。

ビートルズ時代のポールの曲づくりが復活したかのような、ソリッドでタイトなのにポップかつロックという「ポールの美味しいところ」が堪能できるアルバムとなっている。

僕はビートルズも、この時期のポール作品も、まだ生まれてもいない完全に後追い世代なので、ポールの作品はベスト盤やライヴ盤から入ったのだが、この『RAM』を聴いたときには、

ポール、ベスト盤じゃなくてもスゲ。。。

と感動し、かつ唖然としたのを今でも覚えている。(まだまだこれから聴けるアルバムがたくさんあったからだ。)

今では「ポール・マッカートニー アーカイヴ・コレクション」としてリマスターされ、ボーナストラックとして、ソロ1stシングル「Another Day」などもしっかり収録されており、より外せないアルバムとなっている。

ビートルズから入って「ポール・マッカートニーのソロも聴いてみようかな?」という場合は、できたら真っ先に聴いてほしいおすすめアルバムが『RAM(ラム)』だ。

ビートルズのアルバム同様、きっと愛聴盤になるだろう。

2.Red Rose Speedway(レッドローズ・スピードウェイ)

さて、以降はしばらくポールが、デニー・レイン、リンダと一緒に「Wings(ウィングス)」なるバンドを結成して、また世界の頂点を目指す旅が始まる。

アルバム『Wild Life』は、粗削りの出来。初心者は飛ばしてOKだろう。

『Red Rose Speedway』(全米1位)は、ボーナストラックも含め、かなりおすすめできるアルバム。

アーティスト:ポール・マッカートニー&ウイングス
¥3,429 (2021/04/27 17:03時点 | Amazon調べ)

というのも、この『Red Rose Speedway』はもともと、ボーナストラックとして「アーカイヴ・コレクション」に収録されている数曲が収録された2枚組として発表されるはずだったのだ。

レコード会社の意向もあり、シングルヒットを飛ばした「Live And Let Die」(全米2位:映画007/死ぬのは奴らだ 挿入歌)「Mary Had A Little Lamb」(ポールらしいバラード)、「Hi Hi Hi」(歌詞がヤバめな超ゴキゲンロックチューン!)といった曲が収録されずに1枚のアルバムとして発売されたのは実に勿体なかった。

今ではこれらの曲が2枚目にリマスター収録された「アーカイヴ・コレクション」(2CDスペシャル・エディション)として発売されているので、より充実した盤となっている。

「Wings」というバンド形態となったこともあり、全体的にややロックな装いだが、リンダに捧げるバラード「My Love」(全米1位)は、ポールのバラードの中でも屈指の人気作。

「Little Lamb Dragonfly」といったポールらしい美しい小品が華を添え(と言っても6分を超える作品)、ラストはお得意の11分ものメドレーで聴かせて1枚としてのアルバムは幕を閉じる。

2CDスペシャル・エディションからは、デニーがヴォーカルをとる「I Lie Around」「I Would Only Smile」は、70年代当時らしいパワーポップの佳曲。

お蔵入りが勿体ない出来だ。

Wingsの怒涛の勢いはここから始まったと言っても過言ではない。

3.Band On The Run(バンド・オン・ザ・ラン)

お次はソロ後、最高傑作とも評される『Band On The Run』(全英1位、全米1位)

アーティスト:ポール・マッカートニー&ウイングス
¥2,839 (2021/04/27 17:21時点 | Amazon調べ)

このアルバムは、ビートルズ解散後ポールが最も商業的に成功したアルバムであり、ようやくポールへの批評家による評価の風向きが変わったアルバムなので、やはり外せない一枚。

この『Band On The Run』については、当時喧嘩し反発しあっていたジョン・レノンも高評価している。

『Band On The Run』は、メンバーの脱退、デモテープの盗難など制作に困難を極めたアルバムでもあり、しかも発売当初から大ヒットとなったわけではなかった。

アルバム発売後かなり経過してから「Jet」がシングル化されたことが功を奏し、チャート1位に到達したのは、アルバム発売から実に4か月後であった。

その後タイトルトラック「Band On The Run」もシングル化され、その効果で再度じわじわと1位に上り詰め、ビッグヒット及びロングセラーとなった。

タイトルトラック「Band On The Run」は、実にポールらしい名曲で、実に3つの曲調が目まぐるしく変わる展開や、「逃走中のバンド」(ビートルズを想起させる)というウィットの利いた曲名など、ポールの才能がいかんなく発揮されている。

この1曲だけでも聴く価値がある、と思わせるほどの説得力があり、ひょっとするとポールのソロ作品の中で最も「ポールらしい作品」と言えるかもしれない。

ってか、なんでこんなスゴイ曲が最初にシングルカットされなかったんだ!?

その他にもライヴで人気が高い「Mrs Vandebilt」など質の高い楽曲が並ぶ。

個人的には「Nineteen Hundred And Eighty Five」もロックしていて、ウイングスらしくて好き。

4.Wings Over America(ウィングス・オーバー・アメリカ)

そして次の作品は絶対の絶対に外せないぞ!

全28曲入り2枚組ライヴアルバムの『Wings Over America』(全米1位)!!!

アーティスト:ポール・マッカートニー&ウイングス
¥3,838 (2021/04/27 17:08時点 | Amazon調べ)

アルバム『Venus And Mars』を経て、最新の『Wings at the Speed of Sound』まで(いずれもレベルの高いアルバムでともに全米1位)、ポールソロやウィングスの作品はもちろん、ビートルズナンバー5曲を収めた大作であり、ポールとウィングスの絶頂期を記録した名盤だ。

ビートルズからポールのソロ作品に入っていく場合、ビートルズナンバーが収録されているこの『Wings Over America』から入っていくのもありだ。

アルバムの最初を飾るのは「Venus And Mars~Rock Show~Jet」のメドレー。

これが実にライヴの幕開けにピッタリで、スタジオアルバムとは違い、ポールがノリノリでシャウトする様が「ライヴ!!」であり、このアルバムに邦題「ウィングスU.S.A.ライヴ!!」と「!」マーク付きで名付けたくなる理由もわかる。

この出だしでもうほとんどのポール(ウイングス)ファンはノットアウト間違いなし。

なんかすげーライヴが始まるぞ!

という高揚感と熱狂と共に、どんどん曲が披露されていく。

観客が魅了されていく様が再生され、次第にアルバムを聴く僕らもそれに同化していく。

なんと幸せな時間なんだろう。。。

そして初期の名作「Maybe I’m Amazed」から「Call Me Back Again」を挟んでのビートルズナンバー「Lady Madonna」で、まず最初の絶頂を迎える。

この曲をライヴで聴けるとは!!!という観客の嬉しさが伝わってくる。

そしてそのまま、まさかの「The Long And Winding Road」が静かに流れてくる。

うぉぉぉ!!

全盛期のポールの声で歌う「ザ・ロングアンドワインディングロード」が記録されたアルバムがあったなんて!!(というのが初めてアルバムを知って聴いたときの感想。)

もうね・・・最高すぎて涙が出る、ホント。

ライヴ映えする「Live And Let Die」「Band On The Run」「Hi Hi Hi」のライヴならではの疾走感!

「Richard Cory」から始まるアコースティックコーナーでは、ビートルズ時代の「I’ve Just Seen A Face」も披露され、またもや絶頂に。

このコーナーは「アンプラグド」の走りだ。控えめに言って最高!

ポール以外のメンバーがヴォーカルを取る曲も披露され、ほどよく収まっている。

デニー・レインが歌うムーディブルース時代のNo.1ヒット「Go Now」の収録も嬉しい。

ライヴ用にアレンジされた「My Love」のカッコ良さで卒倒。

涙腺がまた緩んだと思ったら「Listen To What The Man Said」「Silly Love Songs」でまたノリノリに。

息もつかせぬあっと言う間の2枚組ライヴ。

こりゃ70年代のライヴアルバムの最高峰と言ってもいいと思う。

絶対に「買い」だ。

先述のとおり『Venus And Mars』『Wings at the Speed of Sound』からの楽曲が結構入っているので、どちらも結局外せないアルバムと言えるが、正直ライヴでの歌い方の方がグッとくるので、『Wings Over America』を聴いてからでOKだと思う。

ちょい長くなりすぎたな・・・ってまだポールのアルバム序盤だ・・・。

つづき(パート2)はまたの機会に。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる