ソニーウォークマン「NW-A306/307」の音質悪い!?本音辛口レビュー!

【景品法に基づく表記】当ブログのコンテンツには、広告を掲載している場合がありますが、基本的に自分自身で試しオススメできるもののみご紹介しています。広告で得た収入はより良い案内ができるように使わせていただきます。

ども、コスパにこだわるFPゆとらです。

久々にソニーから発売になったウォークマン「NW-A300シリーズ」。

オーディオ雑誌HiViでもDAPランキング上位に選出されたモデルだ。

ゆとら

スマホより高音質で音楽聴きたいな~。

という理由と、以前から「ポタアンを持ち歩かなくていい高音質なDAPあれば便利だな~」と考えていた僕は、悩んだ挙句ストリーミングウォークマン「NW-A306」を購入した。

初めて購入するDAPに7万も8万は冒険すぎる・・・。

マイクロSDカードで容量を最大2TB追加できるので、本体容量は気にしない。

よって「NW-A307」ではなく「NW-A306」(ブルー)に落ち着いた。

ハッキリ言おう。

失敗した!

コスパはもちろん音質にもある程度こだわりのある僕は、「NW-A306」の音質に失望してしまったのだ。

イヤホン(ヘッドホンも)やイコライザ等変更したりして音質を確かめてみたが・・・

う~ん・・・どうしても納得いかない音だ。ベースとなる音質に問題がある。

「NW-A306」の正直な音質レビューをお伝えしたい。

目次

NW-A300シリーズの音質って良いの?悪いの?・・・

ソニーのHPには

NW-A300 series 音楽専用機だけの沼音の世界へ。

とある。

オーディオ好きな僕としては

ゆとら

おおっ!いかにも自信ありげで期待大!

ってな感じで、胸を躍らせていた。

さまざまなブログやレビューでも音質についてはおおむね高評価だったし。。。

なんせソニー自身が「沼音」と言っているのである。

オーディオ沼にはめるほど、音質に自信があるってことだろ??

「沼音」ってそういうことだよね?

「NW-A306」は、ストリーミング音源対応モデルとしては安い。とはいえ約4万円する。

一般的には「スマホで十分」な中、そこそこのお値段だ。

ある程度、音質も期待してしまうのは当然と言えば当然?いや…期待しちゃダメなのか?

さておき音源は同じ曲で以下3つを用意して比較した。いたってフツーの比較対象だと思う。

圧縮音源:AAC 256kbps VBR

CD相当:44.1kHz/16bit(flacファイル)

ハイレゾ:96kHz/24bit (flacファイル)

「NW-A300シリーズ」の機能は『DSEE Ultimate』(全ての音源をハイレゾ192kHz/32bit相当まで拡張する機能)はオン、『Clear Audio+』『バイナルプロセッサー』はオン・オフを切り替え、一旦イコライザは使用せず「ソースダイレクト」、その後はイコライザーを好みにいじって試してみた。

なお、イヤホンは有線タイプでワイヤレスタイプは確認していない。(基本的には有線が音質で有利だし、音質重視でDAPを考えているので。)

さて、どうか・・・?

しばらく聴いてみて、どうあがいても期待した音質には届かず。DAPとしては多機能なんだけどね。

以下、具体的に述べたい。

NW-A306/307の音質は何が物足りないのか?

「NW-A300シリーズ」の音質は、確かに「スマホよりは高音質」と言えるだろう。

『S-MASTER HX』デジタルアンプのおかげか「細かい音がクリア」に聴こえる。

カリカリではなく、サ行の刺さりもないのは好感が持てる。

いわゆるドンシャリではないね。

音の分離も必要十分とは言えそうだ。

けど・・・なんか音が薄っぺらく、聴いていて楽しくな~い!

ゆとら

躍動感とか音の艶みたいなものが感じられない。。。

音はクリアで綺麗なんだけど、約4万円という値段を考えると立体感や音の広がりがもっと欲しいし、土台となる低音はかなり物足りない。

なんかね・・・出てくる音にパワーがないんだよなぁ。

いかにもパワー不足。

音楽専用機ならもっと深みある「沈み込むような低域とキレのある低域」をある程度両立させる余裕が欲しい。(これって重低音という意味ではないのよ。)

「質の良い低域」に支えられてこそ「美しい高域」も表現できるわけなので。。。

この点、イコライザーを工夫してどうにかなるようなレベルではなかった。

AZLA、ゼンハイザー、Final、CCR、オーディオテクニカ・・・イヤホンやヘッドホンを変えても概ね印象は同じだった。

さすがにハイレゾ音源はそれなりに聴かせるけど、ハイレゾだからある程度の音質は当たり前と言える。

そう・・・全体的に音がこじんまり、パワーが無くさっぱりしていて躍動感が足りていない感じ。

音楽を聴いていてもあまり楽しくないのだ。高揚感が湧いてこない。

これは「好み」の問題以前の、基本的な音質の部分に問題あり、と言えそうなのだ。

もともと高音質なハイレゾ音源や『DSEE Ultimate』などの機能頼りで、ごまかしちゃってるというか・・・。

ゆとら

音質に期待して買うとコケるかもよ。

もちろん、これを「クリアで透明感のある音」とか「フラットで美しい音」と表現するかどうかは、その人の感性によるかもしれないけど。

購入前まで

生音に近く、声にゾクゾクした。

なんてセリフが飛び出すのでは?と期待していたのだけど全く違った。

ハイレゾであろうが圧縮音源であろうが、イヤホンを変えようが、専用機なら「おっ、これは音がイイ!」と思わせてほしいのだ。

エージング不足があるとしても、ちょっとひどい。

そういう意味では「NW-A300シリーズ」は、多機能なんだけど音質的には面白みにかける音で、やや残念と言わざるを得ない。

「スマホの音の延長線上」なんだよな~。

想像の域を出てない・・・どころか、DAP買うほどの意味は乏しい。(少なくともiphoneから大きくは飛躍しない。)

なんで評判が高いのか、ちょっと疑問だ。(多機能だから、というのはある。)

自分が信じて買った商品だから、とか他の評判が良い、とか広告で見て凄そう、というバイアスがかかってないか疑わざるを得ない。

音はキレイなんだけど、それだけ。音源本来の躍動感を表現できていない。。。

NW-A300シリーズの音質で良いところは?

と、ここまで酷評してしまったが「NW-A306」には音質的に良い部分は無いのだろうか?

んーっと・・・(考えた末に)

「全体的に変に強調した音が無い」のが良い所。

それは圧縮音源やストリーミング音源をハイレゾ相当で聴ける『DSEE Ultimate』でも顕著。

オンにしても変に高域・低域を強調せず、音が滑らかになる。(そもそも強調する機能ではない。)

この点を「良い音」とするかどうかは聞く人によると思うけど、比較的モニター調かつナチュラルな音が好きな人には好まれても不思議はない。

なので作業をしながらBGM的に音楽を聴く場合、つまり「ながら聴き」には最適

(『Clear Audio+』は、やや作った音になる印象。ビギナーにはクリアに聴こえていいかもしれない。。。)

全体として「素直な音」と言えなくはないので、ハイレゾ音源を多く持っている方や、メインの聴き方がストリーミングでハイレゾ音源という方に支持されているような気がする。

ゆとら

僕としては音質的にもっと底上げをしてほしいのだけど。

逆にストリーミング対応でも「音楽と真剣に向き合いたい」という向きには、もっと別のDAP(例えばAstell&Kern『A&norma SR35』)の方が値段が高くとも満足感は高く、結果コスパも良いと思う。

こういった趣味性の高い商品は「一生モノ」を選ぶつもりで購入すると後悔が少ない。(自分も反省です。)

ストリーミングにこだわらなければ、Shanlling(シャンリン)の『m0pro』や『m1s』の方が値段も安いし、専用機として音質が磨かれているから、ぜひ比べてみてほしい。

結局僕はシャンリンの『M0Pro』に乗り換えることになった。

ハイレゾ音源メインで、ナチュラルな音が好き、または「ながら聴き」メインならオススメできる・・・かも。

NW-A300シリーズ(NW-A306/307)で他に残念なところは?

他に「NW-A300」シリーズの残念なところは、パンチが弱く(出力が弱く)、音に元気がないこと、そして「バランス接続」に未対応なところだ。

良く言えば「ナチュラル」、悪く言えば「面白くない音」、ということになる。

かと言って「モニター的」な音でもない。(そもそも原音に忠実と言ったって、我々はその原音を聞いたことがないハズ。)

「NW-A300シリーズ」は、出力など詳細なスペックは未公表。

聞いてみた印象だと、駆動力が足りていないように思えてならない。(そのような音の造りなの??)

「バランス接続」「アンバランス接続」に関しては、好みもあるかもだけど、「バランス接続対応イヤホン」で分離感の高い音や駆動力の高い音を楽しみたい方もいるだろう。

「アンバランス接続」でも満足させられる自信がある!!

みたいな(英国コードエレクトロニクス社のような)こだわりなら別になるのだが。。。

NW-A300シリーズの音質以外での美点・欠点は?

「NW-A300シリーズ」の(音質以外での)良い点は何個かある。

  • 見た目がスマート
  • コンパクトで軽い
  • 新しいアンドロイドOSなので、アプリをダウンロードして使える
  • 物理ボタン(早送り・停止・音量調整など)が側面についていて便利
  • ストリーミング対応
  • バッテリーの持ちが比較的良い(連続再生時間が長い)

要は、約4万円で買えるDAPとしては軽く、多機能なのだ。

一方、良くない点として

  • 動きがモッサリ(スマホよりかなり遅い!)
  • MicroSDカードの読み込みに時間がかかる
  • 起動に時間がかかる(正直遅い!)
  • ソニー純正ソフト「Music Center for PC」の使い勝手が悪すぎる

モッサリしているのに、さらに読み込みにも時間がかかるという・・・。

この辺りも僕が気になった点だ。

音質に満足できれば、多少は目がつぶれたのかもしれないけど。

まとめ~NW-A300シリーズは音質重視なら選ばないほうがいい。

購入したいと思っていた方には少々ショッキングなレビューだったかもしれないけど、1ユーザーとして、正直に感想を書いたつもりだ。

いやだって・・・僕だって最初、期待して買ったんだから(笑)。

せっかく何万円も出してDAPを買うんだったら、僕は「誰が聴いてもスマホより間違いなく良い音」じゃなきゃ意味がないと思う。たとえ多機能でも。

だけど「NW-A306」は、

ゆとら

このレベルの音ならスマホで十分である。

と感じてしまったのだ。

そういう意味では「NW-A306/307」は4万円出す価値まではないと思うんだよね。

反対意見覚悟で言うけど・・・

ある程度音質を良くしたいなら、このレベルで「音がいい」とは言ってはダメだ。

もちろん「NW-A306」が「悪い音」と言っているわけではなく、スマホより良い音なんだと思うけど。

ただ、残念ながら宣伝しているほど「沼音」ではないと思う。

物価高もあって、同価格帯において、もう日本メーカーは中国メーカー(日本より先行ってる)が本気で作るDAPには、しばらくかなわないんじゃないだろうか。

すごく高い値段であれば、日本メーカーも良いものを出せると思うんだけどね。

…だけど、ストリーミングで音楽を聴く場合、良い音で聴けるDAPはかなり限られるし、値段もそこそこ高い。

そんな中、ジャパニーズブランドであるソニーが、エントリークラスのAシリーズでストリーミング対応、というのは本気で素晴らしいと思う。実際、パイオニア・オンキヨーはDAPから撤退し、デノンやヤマハといった大手メーカーはコンパクトなDAPに参入すらしていないしね。

気軽にストリーミングで良い音を聴きたい、BGM的にいつも音楽と一緒にいたいというなら選択肢に入れてもいい

だから「惜しい」のだ。(もっと音質を磨いてほしかった・・・その技術はあるんだから!!)

エントリークラスの音質が良いと、更に上のグレードはもっと音が良いと想像してもらえるんだから、トータルで利益回収すればいいじゃないか。頑張ってくれソニー。

「NW-A300シリーズ」は、あくまでエントリークラス=「カジュアルなウォークマン」なんだと思う。

「音楽に真剣に向き合いたい」なら、もっと沈み込むような低域(重低音という意味ではなく、締まった質の良い低音)、ノイズが少なく立体感のある音場、キラキラして美しく澄んだ高域、熱く実在感のあるボーカルなど、音に躍動感があり「おっ!」と思わせる音質的魅力を持ったDAPを選んだ方が幸せになれると思う。

イヤホンだって『CCA CRA』のように、激安でも良い音を鳴らしてくれるものがあるので、コスパ良く音楽を楽しんでほしい。

ゆとら

中華イヤホンもバカにできないぞ。

好きな音楽を良い音で聴くと、脳が自然と喜ぶもの。

そうすると、脳の疲れが癒されるのがわかる。誰しも多少は経験したことがあるんじゃないかと思うんだけど。

今だとハイレゾとかの音楽療法ってのがあるくらいで。(ハイパーソニック?だっけ?)

逆に「疲れる音」っていうのも、経験上あるはず。これはやっぱり質の悪い圧縮音源やスピーカー、イヤホンで起こってしまう。

ぜひ「癒される良い音」で音楽を聴いて、脳にゆとりをつくって、明日への活力に繋げよう。

自分で自分を幸せにする。これって工夫ひとつでできること。

良い音にはそんな効果も期待できるので、せっかくDAPを買うなら「自分を幸せにする」音を買ってほしい。

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次