セブンイレブン高級コロンビア・スプレモブレンド(アイス)飲む価値ある美味しさか?レビュー

このページにはプロモーションが含まれます。

ども、コスパにこだわるFPゆとらです。

セブンイレブンのコーヒーにレギュラーより上級な『高級コロンビア・スプレモブレンド』が誕生。

ちょっとは美味しいんだろうけど、正直値段も高めだし、あえて飲む価値ってあるの?

コーヒーにもうるさい僕が、さっそく飲んでみたので、果たしてレギュラーコーヒーより高い金額を出しても飲む価値があるのか?レビューしてみた。

この記事を見れば、『高級コロンビア・スプレモブレンド』を選択すべきかどうか、買う前にハッキリするかも。

目次

高級コロンビア・スプレモブレンドのスペック

サイズと値段

『高級コロンビア・スプレモブレンド』の値段はもちろんレギュラーコーヒーよりちょっと高い。

サイズアイスコーヒー値段(税込)高級コロンビア・スプレモブレンド値段(税込)
レギュラー(R)110円140円
ラージ(L)210円235円
値段比較表

レギュラーサイズだと30円差、ラージサイズで25円差だ。

毎日飲むと結構な差になるね。

ただふつう、サイズに比例して値段差も大きくなるはずなんだけど・・・。

特徴

セブンイレブンの公式HPによると、セブンカフェ史上初の「高級豆のみ使用」したコーヒーだそうな。

具体的には「コロンビア・スプレモ」「タンザニア・キリマンジャロ」のブレンドになっている。

セブンカフェのコーヒーは2022年7月4日より「軽め」「ふつう」「濃いめ」を選択できるようになったが、『高級コロンビア・スプレモブレンド』は選択できない仕様となっている。

『高級コロンビア・スプレモブレンド』の香り・味は?

『高級コロンビア・スプレモブレンド』は、通常のアイスコーヒーと異なり、青いラベルのカップを購入することになる。

マシンにセットすると、自動で判別され『高級コロンビア・スプレモブレンド』が注がれた。

レギュラーサイズの『高級コロンビア・スプレモブレンド』

ではブラックで味わう。

おおっ!

明らかに、いつものアイスコーヒーと異なる高級感漂うコクと華やかな香り。

ほのかな甘みも感じさせ、上質な苦味が淡い余韻を残してスーッと消えていく。

ゆとら

この感じ・・・イイ!!

これはヘタにシロップなんぞ入れて味がぼやけるより、ブラックでその芳香を味わうほうがよいと思う。

雑味も少ないため、変なエグさや苦味も後にひかず、ゴクゴク飲めてしまう。

『高級コロンビア・スプレモブレンド』おすすめはラージサイズ

『高級コロンビア・スプレモブレンド』は、一言でいうと「ウマイ」。

値段が高い分、明らかに、セブンカフェの通常のアイスコーヒーよりおいしい。

これはおそらく誰でも、飲んだら違いを体感できるレベルだ。

ただ、その分「レギュラーサイズ」だと、あっという間に飲み干してしまう。

個人的には、いつのもアイスコーヒーならレギュラーサイズで十分だけど、『高級コロンビア・スプレモブレンド』に関しては「ラージサイズ」をおすすめしたい。

ゴクゴク飲みたくなる香ばしさは、レギュラーでは物足りない。

それにレギュラーサイズで30円差というのは微妙な値段設定で、やや高いと感じさせる。

だけど、ラージサイズで25円差なら迷わずコスパのよい『高級コロンビア・スプレモブレンド』を選びたい。

「値段は高いけどおいしい」と感じるのはラージサイズだ。

まとめ~『高級コロンビア・スプレモブレンド』はうまかった

今回はセブンカフェ史上初の『高級コロンビア・スプレモブレンド』についてレビューした。

いや~カフェラテがマズイセブンイレブンなので、正直まったく期待していなかったけど、『高級コロンビア・スプレモブレンド』はおいしかった。

「コーヒーが飲みたいな」と思ったとき、近くにセブンイレブンがあれば、かなり有力な選択肢になりそうだ。

少なくとも僕は、セブンイレブンでコーヒーを飲む場合『高級コロンビア・スプレモブレンド』を選択することが増えそう。

飲む価値あり、と判断したので、ぜひ味わってみてほしい。

おまけ

しょっちゅうコーヒーを飲むほどのコーヒー好きなら、自分で美味しいコーヒーを作ってしまう、という方法はコスパ的におすすめできる。

その方が、より好みにあった味い近づけるしね。

以下の記事で「自分でおいしいコーヒーを作る」について紹介しているので、こちらの記事もよかったら参考にしてみてほしい。

また、この他にもコーヒー・カフェラテについての記事をたくさん書いているので、よかったら以下の記事も参考にしていただければ幸いだ。

では、よいコーヒーライフで「ゆとり」ある毎日を。

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次