誰でもできる「ガス警報器」を解約してリース料金を節約する方法

うちに付いてたぴこぴこ

ども、「ゆとり」を大切にするファイナンシャルプランナー兼投資家のゆとらです。

家を建てたとき、あるいは引っ越してきたとき、ガス会社に何気なく設置させられたままの「ガス警報器」がないだろうか?

あるなら、このガス警報器の不要なリース料金が毎月、地味に発生し続けているのはご存じ?

かくいう僕も「みなさん、付けてますよ。」と言われ、引っ越ししてきたその日から、ガス料金と一緒に「ガス警報器ぴこぴこ」(大阪ガス)のリース料金を毎月払い続けていた。

だが、このガス警報器・・・なんと設置義務はない。

そして自分で警報器を購入して設置したほうが、かなりの節約になるではないか!

ってことに気付き、このたびガス警報器を入れ替え、節約に成功したので体験談として【ガス警報器解約の方法】をブログにアップしておきたい。

この記事を見て同じように実践することで、なんとなく払い続けている都市ガス会社(東京ガス・大阪ガスなど)のガス警報器リース料金を、誰でもかんたんに節約することができる。

目次

設置義務があるのはガス警報器ではなく住宅用火災警報器

さて、僕も勘違いしていたのだが「ガス警報器」は法令上、設置義務は実はない。

消防法により設置義務が設けられているのは「住宅用火災警報器」である。

僕は疑り深いタイプなので、大阪ガス(の代理店)の人に「これ(ぴこぴこ)って設置しないといけないんですか?」みたいに尋ねた記憶がある。

「そうですね。みんな設置してますよ。」みたいな、今思うと非常にあいまいな答えだったような気がする。

実際、ガス会社の人からは「設置しないといけないですよ。」みたいなことを言われ、ガス警報器を設置する人が多いらしい。

・・・これちょっとした詐欺に近いのでは?と思ってしまう。

僕の場合は、取り付けられた機器を見ると「ガス・火災」両方対応のぴこぴこ(ガス警報器)だったので、100%嘘ではなかったわけだが・・・仕事で営業経験がある僕としては、

ちゃんと説明せーよ!

と思ってしまった。

うちに付いてたぴこぴこ
うちに付いてたぴこぴこ(ガス警報器)※ホコリだらけ

最近は「オール電化」の家も結構あるが、ガスコンロを設置している家の方がまだ割合としては多数だ。

法律により2008年10月以降のガスコンロは、煮こぼれや風などで万一火が消えてしまっても、自動でガスを止める安全機能がついている。

ゆとら

ガスコンロに「Siセンサー」のマークが付いていないかな?
あったら、それだよ。

よって、そもそも滅多にガス漏れが発生することはないのだが、ゴムホースが外れていたり・ホース破れから漏れたガスを検知できないなど、100%安全ということでもないらしい。

なのでもちろん、安全を考慮すると「ガス警報器」は設置しておくほうがいい。

「ガス警報器」は設置したほうがいいが、義務ではないし、ガス会社の言いなりでつける必要はない。

ガス警報器は自分で設置できる

じゃあ、やっぱりガス警報器は付けておいたほうがいいんだ。

ということにはなるが、「=ガス会社からリースしたほうがいい」ということでは決してない。

ガス警報器を自分で付ければいいのだ。

ガス警報器のリース料金は、ガス会社や設置機種によって若干異なるが、おおむね300~500円/月。

僕の場合、大阪ガスの「ぴこぴこ」(大阪の人は聞きなれた言葉かも?)で、月額352円(税込)。

リース期間は5年で、機種交換も5年となっている。

ということは、

352円×12か月×5年=21,120円

を、5年間ガス会社に支払うことになる。

一方、ガス警報器を自分で設置した場合は、6,000円ぐらいで済む。

例えば、都市ガス用なら矢崎『YF-814』で、5,800円ぐらい。実際僕が購入したのはこれ。

LPガス用なら矢崎『YF-005N』で、4,000円弱。

少なく見積もっても15,000円は節約できる!

15,000円っつったら、Amazonプライム会員費の3年分に相当する。。。

しかもこれ、5年での金額差なので、知らずに10年・20年とリース料金を払い続けると、結構な金額になるぞ、オイ。。。

バ、バカげとる・・・。

やることは、今すぐガス会社に「解約」の連絡をして、ガス警報器を取り外してもらい、解約書類にサイン、そしてガス警報器を自分で設置する。

たったこれだけ。

これだけで安全性も損なわず節約だけできるのだから、やらない手はない。

これに替えました。コンパクトでよろしい。

なお、リース料金を払って設置しているのが、「ガス・火災」の両方を検知できる複合タイプだったとしても、同じこと。

「ガス警報器」「火災警報器」を別々で設置すれば、かなり節約になるし、なんなら一体型も販売している。

例えばガス・火災別々設置なら『SHKN48455』

能美防災OEM品で、楽天市場が送料込みで最安値かと。(僕はこれ買いました。)

2,000円ぐらいで設置可能。電池式だが10年交換不要だ。

僕はコスト重視で、ガス警報器と火災警報器をそれぞれ別々に購入して設置した。

設置といっても、大した面倒さはなかった。

ガス・火災警報器(複合型)も自分で入れ替えできる

「ガス・火災の複合型(一体型)がいい」といったでも、リース料金と比較して、約半額で設置できる。

例えば矢崎『YP-776』

あ、これほぼ「ぴこぴこ」と同じだよね・・・とデザイン的にも直観でわかるレベル。

煙式より熱式の方が正確に検知できる(誤動作が少ない)ので、複合型ならこの機種がおすすめできる。

Amazonでは売り切れのことも多いようなので、楽天市場かYahooショッピングでの購入がいいかも。

ガス警報器リース契約の解約は複雑?かんたん?手順と方法

さぁここまでわかったのなら、今すぐガス会社に連絡して「ガス警報器」の解約手続をしよう。

解約手続の手順・方法は以下のとおり。

ガス警報器リース契約の解約手順と方法
  1. 契約担当店に解約の電話を入れる。
  2. 契約担当店より折り返しの連絡を待つ。
  3. 折り返し連絡があれば、ガス警報器取り外しの日程を決める。
  4. ガス警報器を取り外してもらう。(立ち合い)。
  5. 解約サインをする。
  6. 自分でガス警報器(+火災警報器)を取り付ける。
一度だけなので、頑張ろう。

リース契約の解約連絡先は、警報器をリース契約した営業所(担当店)またはサービスショップとなる。

もしわからなければ、〇〇ガスの「お客様センター」へ連絡すれば教えてもらえる。

例えば、大阪ガスの場合、以下のQ&Aに説明と「お客様センター」へのリンクがある。

警報器のリース契約を中途解約したいのですが、どうすればいいですか?

大阪ガスHPより引用

大阪ガスはかなり親切なほうで、東京ガスはリース契約の解約についてまったく触れられていないどころか、「警報器の設置は必要かどうか知りたい」というQ&A項目が、東京ガスの警報器が必要と誤認を招きかねない表記となっていて微妙。。。

ガス警報器リース契約解約についてのHP記載は、東京ガスは不親切、大阪ガスは親切だ。

さて、契約担当店に連絡を入れると、折り返しの電話を待つように言われる。

待つこと5分。

折り返しの電話があり、ガス警報器取り外しの希望日を聞かれるのだが、僕の場合早くても約1週間後だった。

ここで厄介なのが時間指定ができないことで、「午前中」「夕方」とザックリした指定のみ可能だった。

僕の場合「午前中9~12時のあいだ」という指定だったが、後日、取り外しに来たのは12時前で、おかげでそれまで外出はできず。

ゆとら

まぁ解約なので、一番後回しなんだろうね。。。

来てくれた〇〇ガスサービスセンター(営業所)の人が取り外してくれるので、自分がすることは解約書類(僕の場合は、タブレットみたいなのだった)にサインするだけ。

「自分で警報器購入されたんですか?」という質問はあったものの、ストレスになる引き止めはまったくなし。

そりゃそうだ。解約する人ってのは、ちゃんと調べてる人が多いんだからヘタな事は言えないハズ。

むしろ今までのリース料金を少しでも返金してくれ、と言いたいぐらい。

最後は、もとあった場所に自分で購入した「ガス警報器」を設置(電源を挿し、機種をネジで固定)するだけの超かんたん作業。

一回連絡をし、取り外しに立ち会う(と言っても合計5分もかからない)だけなので、面倒くさがらずに一気に今すぐやってしまおう。

まとめ~ガス警報器は解約して節約しよう

かくして僕は、毎月のリース料金を払わずによくなった。

これ毎月のことなんで、結構大きいよ。

誰でも真似するだけで、毎月のリース料金が節約できお得になるので、ぜひやるべきだ。

というか、このまま何もせず無駄なリース料金を払い続けるのは勿体ないので、絶対実施すべし。

情報・知識は「お金」と同義であることが実体験で再確認できた次第だ。

給料も上がらない、社会保険料は増える一方、なにか工夫をしないと損する時代。

情弱者はカモにされてしまうので、この記事を読んだら、まずは警報器の注文をして、〇〇ガスに連絡だ。

さっそく実践して、心のモヤモヤを一つ吹き飛ばし「ゆとり」を作ってほしい。

浮いたお金で美味しいものでも食べたり、我慢していたサブスクに加入するなど、少しでも「豊か」になっていただきたい。

この記事がお役に立てれば幸いである。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる