お金

素人でもすぐわかるワイモバイルへの乗り換え手順とかかる時間

ども、ゆとらです。

毎月の携帯料金がバカらしくて大手キャリアから格安スマホ(格安SIM)へ乗り換えを考える人が多いようだ。

僕もそんな一人で、先日iphoneの機種はそのままで、auからワイモバイルへ乗り換えたばかり。毎月の携帯料金は6~7,000円から1,480円になった。

NTTドコモに続きauが携帯料金を約4割下げてきたが、それでもワイモバイルには全くかなわない。

実はワイモバイルは大手サブブランドであるため通信速度が速いのに、料金はもはや格安スマホ最安値級なのだ。

スマホそのまま乗換は楽天・UQモバイルよりワイモバイルが最強ども、ゆとらです。 毎月の携帯料金高くない?格安スマホ使ってる? 毎月の携帯利用料金がバカらしくなって、契約解除料がかからな...

乗り換えるまでは「結構手続きってめんどうなんじゃない?」「SIMフリーって何?どうやるの?」「格安スマホって通話品質とか通信速度とか大丈夫なの?」とか色々考えていたが、ハッキリ言ってすべて『考えるだけムダ』だった。

乗り換え手順はメチャクチャかんたんだったし、時間も大してかからない。

機種本体そのままの場合は、LINEの引継ぎも発生しないので今までどおり使えるし。

そしてワイモバイルなら品質も大手と遜色なかった。が、月額は6~7,000円から1,480円へ。まさに格安。

僕はネットで検索しながら乗り換えを進めたりしたが、情報が氾濫していて、詳しく書いてくれている反面、わかりづらい面も多々あった。

iphoneなどの機種はそのままで、格安SIMを購入して乗り換えるだけの場合、シンプルな手順があらかじめわかっているとスムーズなので、『これだけ押さえればOK!』っていう手順と、乗り換えにかかる時間をまとめておいた。

ちなみに「違約金」「契約解除料」がかからない月に手続きするのが最も損は少ないが、もしかかったとしてもワイモバイルに乗り換えると月額料金が劇的に安くなるので、すぐに差額分を取り返せるハズだ。

なおワイモバイルへの乗り換え手順として案内しているが、格安スマホ(格安SIM)への乗り換えもほぼ同じ手順なので参考になると思う。

これだけ押さえればOK!素人でもわかるワイモバイルへの乗り換え手順

1.持っている機種が対応機種か調べる

他社が販売しているスマホがワイモバイルに対応しているかを調べよう。

こちら(「他社が販売する携帯電話をワイモバイルで利用する」から確認しよう。

備考欄に「APN構成プロファイルが~~」とあるのはここでは一切無視してOKだ。

対応機種で「※SIMロック解除が必要」と記載がある場合は、次のとおりSIMロック解除しよう。簡単なので心配は無用だ。またSIMロック解除したからといって勝手にデータが無くなったり消えるということはないので安心してほしい。

SIMロック解除する

各キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)のショップでも解除できるが、手数料を取られるので、手数料がかからないインターネットを使って自分で解除しよう。楽勝にかんたんだ。

NTTドコモ・・・Mydocomoから解除(ドコモのSIMロック解除のページ

au・・・Myauから解除(auのSIMロック解除のページ

ソフトバンク・・・Mysoftbankから解除(ソフトバンクのSIMロック解除のページ

2.MNP予約番号を取る

今使っている携帯番号を引き継ぐためMNP予約番号を発行してもらおう。

各携帯キャリアの受付窓口へ電話するだけでOK。(一部ガラケーのみネットで発行が可能だ。)

割引クーポン配布などの引き止めが入るが、ワイモバイルの方が断然安いので淡々とMNP予約番号を発行してもらおう。時間は5分もあれば十分だ。

電話がつながったら「MNP予約番号の発行をお願いします。」と言うだけ。

受付窓口の連絡先は以下のとおり。

キャリア名電話番号受付時間
NTTドコモ0120-800-000(無料)9:00~20:00
au0077-75470 (無料)9:00~20:00
ソフトバンク0800-100-5533(無料)9:00~20:00

予約番号の発行は無料(15日間有効)だ。再発行もできる。

予約番号を使ってワイモバイルの契約をした時点で、現在の携帯会社は自動的に解約となる。

解約の結果、前携帯会社より「MNP転出事務手数料」が翌月に請求されるので覚えておこう。au、ソフトバンクは3,000円(税抜)。NTTドコモは2,000円(税抜)だ。

なお、発行してもらったMNP予約番号はSMS(ショートメール)で通知が届くので安心だ。

3.ワイモバイルで格安SIM(または機種)を申込む

MNP予約番号の有効期限内に乗り換えの手続きをしよう。一気にそのまま同じ日にしてしまうのが一番面倒じゃないぞ。

ショップでも乗り換えはできるが、自宅でインターネットから簡単にできるので、公式オンラインストアを利用しよう。(ネット限定のキャンペーンを開催している場合あり。)

準備しておくものは以下のとおり。

1.本人確認書類

2.MNP予約番号

3.メールアドレス

4.クレジットカード

5.4ケタの暗証番号の設定

前もって準備して乗り換え手続きにのぞもう。

iphoneの場合、SIMの種類は「nanoSIM」を選択だ。

格安SIMは申込手続きから到着まで約2~3日ほどかかるので、しばし待とう。

4.切り替え手続きをする

商品(格安SIMや機種)到着後、6日以内に切り替え手続きをしよう。

ガイド(全く分厚くない)が付いているので指示に従うだけだ。

ワイモバイルカスタマーセンター切替え窓口に電話する

電話番号:0800-919-9809 (対応時間 10:00~19:00)

全て機械音声で、1分で完了。

電話が終了すると切替準備が整い、約1~2時間で前の携帯会社の通信が使えなくなる。

使えなくなったのを確認して次の手順に進もう。

ここまでくればワイモバイル回線が使えるまであとわずかだ。

ワイモバイル初期設定をする

あとはSIMカードを入れ替え、以下をガイドに従って設定、登録していくだけだ。

※SIMカードの差し替えはSIMピン(通常スマホ購入時の箱に入っている)やクリップの先を使ってスマホ側面にある穴を押すことで行う。

1.APN設定(ワイモバイル回線で通信するための設定)
2.Y!mobileサービスの初期登録
3.メールの設定
4.My Y!mobileの初期登録

 

このあたりはガイドが詳しいので省略するが、そんなにややこしいものではない。

APN設定の箇所だけ少し手順を踏む必要がある。(が、非常にかんたんだ。)

以前のキャリアのAPN構成プロファイルの削除が必要になるので、ガイドどおりに行ってほしい。ワイモバイルのAPN構成プロファイルは以前と違い自動でインストールされる仕組みになっている。

このあたりは今は「?」で全く構わない。意味がわからなくてもガイドに沿って一つ一つ丁寧にやっていけば済むので安心してほしい。

スマホに慣れている人なら初期設定・登録作業で10分以内に十分できると思う。

ワイモバイルへの乗り換え手順・時間まとめ

SIM到着の期間まで入れても、かかる日数は3日ほど。

入れ替え作業自体は10分あれば十分だ。

アレコレ考えるより、さっさと変えてしまった方が幸せになれる。

自宅から公式オンラインストアを利用しての乗り換えが圧倒的にラクだが、どうしても心配な方はショップに行って乗り換え手続きを手伝ってもらえばいいだろう。