「バスタオル卒業宣言」で、バスタオルがいらなくなると思ったら・・・

ども、健康や日々の生活に「ゆとり」を取り入れるゆとらです。

バスタオルが大きくて、場所取って、かさばってないか?

今日は生活に「ゆとり」を持てるタオルを紹介したい。

『バスタオル卒業宣言』という珍名タオルなのだが。

これマジで色んな「ゆとり」が出せる超がつく優れモノタオルなのだ。

マジ感動ものの『バスタオル卒業宣言』について熱く紹介していこう。

目次

『バスタオル卒業宣言』って・・・なに?

『バスタオル卒業宣言』とは、おぼろタオルが販売しているタオルだ。

ちなみに『バスタオル卒業宣言』は、あくまで「タオル」であって「バスタオル」ではない。

そう、ただの「タオル」なのだ。

だが、その名のとおり「バスタオルを卒業」できるように、独自の技術を駆使して作られた「バスタオルの代わりになるタオル」なのである。

はぃ?

という声が聞こえたような聞こえないような気もするが、要は超吸収性の高い「タオル」で、これ一枚で

「バスタオルなんていらね~ぞ。だって、これで十分拭けるだろ!?」

ってなタオルなわけだ。

ちなみに信頼性もバッチリな日本製。

特許出願中の「甘燃りの糸」を独自の晒し技術によってボリューム感、軽量感、吸水性を実現したぜ!とのこと。

なんじゃそりゃ?

なんだかよくわからんがとにかくスゴイ自信だ。(←わかる人にはわかる。古い。)

ともかく、使ったらわかる。

スゴイのだ、吸水速度が。吸水性が。ボリューム感が。

これ、ただのタオルなのにバスタオルいらないじゃん!

あ・・・ほんとだ。卒業してしまった。バスタオルを。

それが『バスタオル卒業宣言』なのである。

『バスタオル卒業宣言』vsバスタオル

僕はもともと「ふわっふわっの大きいバスタオル」が好きである。

あの大きくてフワフワした感触も好きだし、バスタオルのでっかいサイズで水分をササッと拭き取れる感じや「包まれる感じ」が気に入っているのである。

なので『バスタオル卒業宣言』を見つけて、ある所で絶賛されていたのを見た時も、正直半信半疑だった。

こんなフツーサイズのタオルで満足できるのか?

ってね。

でも好奇心満載で、日々の生活に「ゆとり」や「楽しみ」や「ワクワク」をちょっとでも取り入れることを信条としている僕としては、

ちと試してみるか。。。

ってなことで購入に至ったわけだ。(最悪、フツーのタオルとしても使えんことは無いだろうし。にしてはちと値段が高くなるが。)

ちなみにサイズ感はこんな感じ。上が通常のバスタオル。下が『バスタオル卒業宣言』だ。

実際『バスタオル卒業宣言』を使ってみて、上記のような心配は完全な杞憂に終わった。

いや~フツーのタオルサイズのくせに、思ったよりふわっふわなのである。

それにマジ吸水性がすごいのと、ビックリなのが「吸水速度」がメチャンコ早い。

だから拭くのが楽チンなのだ。サーっと拭くだけでドンドン水分が取れる。

なんでも一般的なタオルの5倍らしいのだが。

この吸水性、僕がイチ押しの「乾度良好」というバスマットの衝撃と同じなのだ。

ビチョビチョ感があまりしないのも一緒。

あわせて読みたい
まだ珪藻土バスマット?「冷たくない」超吸水ふわふわバスマットなんで知られてないの? ども、「暮らしを豊かにする」がモットーのゆとらです。『珪藻土バスマット』が、バスマットとして一定の人気のようだ。ニトリとかアマゾン、楽天でも大人気商品となっ...

今日も温泉に『バスタオル卒業宣言』を持っていって使ったが、ほんと快適そのものだった。

カバンにも入りやすいサイズだし。

これは・・・手放せんよーになってもうた!!

あっさり『バスタオル卒業宣言』のトリコになったのである。

では他に一般的なバスタオルと比べて何がいいのか?

以下にポイントとしてまとめてみた。

バスタオル卒業宣言のグッドな所

・軽い

・吸水性が圧倒的に高い

・吸水速度がメチャ速い

・持ち運びしやすい(かさばらない)

・洗濯物が減る

・部屋干しでもすぐ乾く

・収納場所が少なくて済む(省スペース)

・フツーのタオルとしても使える

まぁこんなところだろうか・・・

ちょっと被っているポイントもあるように思うが、気にしないでくれ・・・って、これってスゴくない?

一人暮らしの人にピッタリかもしれないが、家族が多い人にもピッタリだこれ。

ウチみたいに子ども一人だとそこまでスペースに問題はないが、子ども二人とか三人など大家族になってくればくるほど、モノを置くスペースは少しでも節約できると嬉しいはずだ。

そんな意味もあり『バスタオル卒業宣言』は、男性以上に女性に響くポイントが多いと思う。

かさばらない、場所取らないなんてところは、洗濯する際はもちろん、家をスッキリさせたい奥様方にはピッタリだと思うのだ。(男性はそういう所、無頓着だからね。僕もだけど。。。)

もちろん僕は『バスタオル卒業宣言』の購入で、奥さんに褒められることになった。

イイものを買ったね。洗濯がちょっと楽になるわ、やるやん!と。

いや~ほんと、小さいから洗濯が楽で、かさばらないわ。

たぶん世のご主人はこの『バスタオル卒業宣言』で株を上げることができるだろう。(←短絡的)

それでも大きいバスタオルがいい?

だがそれでも、やはりたまに「大きいバスタオル」が恋しくなることもある。

それは別に『バスタオル卒業宣言』に不満がある、ということではない。

「水分を拭きとる」という役割は、先述のとおり『バスタオル卒業宣言』で十分なのであるが、あの「包まれ感」をたまには味わいたいなぁ・・・なんて。

でも、今さらあの大きなバスタオルに戻るなんて、また収納スペースが増えて邪魔になるだろうし、この節操なさに奥さんになんて言われるか・・・。

と思っていた矢先、またまた素晴らしい商品を発見した。

『バスタオル大好き宣言』がそれだ。

あれ?なんか名前聞いたことあるようでないぞ(笑)。

笑ってしまうのだが、同じ「おぼろタオル」さんが販売しているバスタオルだ。

やはり僕みたいなヤツがいるということなのだろう。。。

この『バスタオル大好き宣言』は、『バスタオル卒業宣言』と同じく、吸水性バツグン・吸水速度グンバツのバスタオル。

サイズが『バスタオル卒業宣言』よりも大きく・・・ってか、通常のバスタオルサイズなのである(笑)。

おいっ!バスタオル卒業するんじゃなかったのかよ!

とツッコミを入れたくなる気持ちはわかる。

が、どーか抑えてくれ。

僕たち人間はきわめて不合理な生き物なのだ。(言い訳)

だがこれはこれでイイ。

吸水性が良すぎて、拭こうと思ったらバスタオル1枚で、大人2人とか子ども3人が一気に拭けてしまうのである。(実際、そのように表記されてたりするw)

なので『バスタオル卒業宣言』同様、ある意味、収納スペースの節約になるだろう。

ってなわけで、結論はこうだ。

小さいサイズで収納性アップ ⇒ バスタオル卒業宣言

やっぱ大きいバスタオル最高 ⇒ バスタオル大好き宣言

どちらにしても良いタオルが見つかったね。

良かったねってハナシなのである。

まとめ

さて、今日の記事はお役にたててだろうか?

バスタオルが大きくて邪魔な人も、大きなバスタオルじゃないと満足できない人も、どちらも満足できるタオルを用意している「おぼろタオル」さんには脱帽だ。

どちらのニーズも満たしてくれるので、旦那さんは『バスタオル大好き宣言』、奥様は『バスタオル卒業宣言』なんて共存も可能。

半分収納力がアップするだけでもスッキリするし、夫婦どちらも完全な妥協は不要だ。

こっちがいい、あっちじゃなきゃイヤ、なんて異なる意見が対立した場合は、そのどちらでもない「第三の案」を考えるのが最良・最善の方法である。

とすれば、これはミラクルな解決策!

ケンカせずに、お互いに「ゆとり」を持とうよ。

収納スペースにも「ゆとり」を持たせて。

そして、このふわっふわのタオルに癒されながら…ね。

日本アトピー協会推薦で赤ちゃんにも安心して使える。

サイコーだぜ、おぼろタオルさん。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる