5人目のザ・ビートルズ論~Another Beatle

ども、ビートルズをこよなく愛するゆとらです。

世界中で愛されて続けている「ザ・ビートルズ」。

ザ・ビートルズのメンバーは4人。

ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターだ。

でもファンの間では、愛すべき存在として、そして親しみを込めて「5人目のビートルズ」という言葉がよく使われる。

「5人目のビートルズ」にふさわしい人物は何人かいて、ファンの間でも意見はさまざま。

今日は「音楽数珠つなぎ番外編」として、「5人目のビートルズ論」をお届けしたい。

目次

5人目のビートルズとは?

「5人目のビートルズ」とは、ビートルズの4人のメンバーではないが、その貢献度や人物像から、ビートルズのメンバーである、つまり5人目と言っても過言ではない人物のことを、親しみを込めてそう呼ぶのである。

まぁ要は、ビートルズに関わりの深い人物で、かつビートルズの活躍に一定程度の貢献をしている人物、ということになろう。

5人目のビートルズたち

5人目のビートルズと呼ばれる人物は何人かいるが、代表的な人物は以下のとおりだ。

・ジョージ・マーティン

・ブライアン・エプスタイン

・スチュアート・サトクリフ

・ピート・ベスト

・ジミー・ニコル

ジョージ・マーティン

ジョージ・マーティン(George Martin)は、ザ・ビートルズファンなら誰でも知っている、ザ・ビートルズのプロデューサーだ。

デッカのオーディションで落選したザ・ビートルズをEMIで拾ったことはもちろん、その後のザ・ビートルズのプロデューサーとしての活躍は、正に「5人目のビートルズ」と呼ぶにふさわしい。

出演:ジョージ・マーティン, 出演:ポール・マッカートニー, 出演:リンゴ・スター, 出演:ジョン・マクラフリン, 出演:ジェフ・ベック, 出演:ジュディ・マーティン, 出演:ジャイルズ・マーティン, 出演:デューイ・バネル
¥5,217 (2021/07/12 10:28時点 | Amazon調べ)

音楽的な助言だけではなく、実際にジョージ・マーティンのピアノプレイがザ・ビートルズのアルバムに収録されていたり、オーケストラアレンジが曲の魅力を際立たせていたり、と、その貢献度は多大なものだ。

ザ・ビートルズ以外にも、同じくリヴァプールサウンドのジェリー&ザ・ペースメーカーズや、ジェフ・ベック、チープ・トリック、田舎のビートルズと称されたスタックリッジなど、名プロデューサーとして様々なアーティストをプロデュースしている。

珍しいところだと、X JAPANのYOSHIKIもプロデュースしたことがある。

音楽業界への貢献度から、イングランド王室からナイトの勲位を授与され、サー(Sir)の称号も持つ偉大な人物である。

2016年に90歳で惜しくも死去。

著:G・マーティン, 翻訳:吉成 伸幸, 翻訳:一色 真由美
¥3,080 (2021/07/12 10:29時点 | Amazon調べ)

ブライアン・エプスタイン

ブライアン・エプスタイン(Brian Epstain)はザ・ビートルズのマネージャー。

正確には2代目マネージャーで、初代はアラン・ウィリアムズ。

NEMSエンタープライズの創立者であり、彼の経営するレコード店にレイモンド・ジョーンズというファンが「ビートルズのレコードはあるか?」と買いに来たことから、運命の歯車が回り始めた。

気になったブライアンは、キャヴァーン・クラブにビートルズの演奏を見に行く。

粗削りだが、光るものを見つけたブライアンはビートルズとマネージメント契約を結び、ビートルズが英国だけでなく米国など全世界で活躍する基盤を作り上げた。

著:レイ コールマン, 原著:Coleman,Ray, 翻訳:ひめじ, 林田
¥3,414 (2021/07/12 11:19時点 | Amazon調べ)

ザ・ビートルズの活躍にブライアンの財力あるマネージメントは欠かせないものであり、ブライアン・エプスタインも5人目のビートルズと称するにふさわしい。

なおブライアンは同性愛者でもあり、ジョン・レノンを気に入っていたことは有名。

「プラトニックな関係であった」とポールが発言している。

ブライアンは薬物の過剰摂取で、32歳という若さでこの世を去っている。

ザ・ビートルズとの契約が同年に満了となることや、ビートルズがライヴ活動を止めることに伴い、マネージャーである自分が不必要になったのではないかと思い悩んでいたこともあり自殺説も根強いが、公式には事故とされている。

スチュアート・サトクリフ

スチュアート・サトクリフ(Stuart Sutcliffe)は、れっきとしたザ・ビートルズのメンバーであった。愛称は「スチュ」。

メンバーきってのイケメンであり、ポールも嫉妬するほどのジョン・レノンの親友であった。

画家としての才能もあったが、楽器は不得手だったため、スチュの演奏シーンは横や後ろ向きの写真ばかりが残されている。

スチュアート・サトクリフは、自身の絵が売れたことから、バンドメンバーからベースを購入するように勧められ、ザ・ビートルズのベーシストとなる。

1960年8月、ハンブルクで演奏するためにザ・ビートルズの一員としてドイツへ旅立つが、このことはスチュの運命を大きく変えることになる。

ドイツで知り合ったアストリッド・キルヒヘル(キルヒャー)と恋に落ち、画家として活動するためにザ・ビートルズを脱退。ハンブルクに残ることを決意したのだ。

著:アルネ・ベルストルフ, 翻訳:岩本 順子
¥1,611 (2021/07/12 12:27時点 | Amazon調べ)

このことにより、ビートルズにベーシストがいなくなり、ポール・マッカートニーがギターからベースへ転向することとなった。

ちなみにスチュアートがビートルズを抜け、不要になったベースを買い取ったのはアストリッドの元恋人クラウス・フォアマン

その後、ビートルズのメンバーと演奏で共演したりするミュージシャンとして、そしてビートルズの『リボルバー』や『アンソロジー』シリーズのジャケットを手掛けたデザイナーとしても知られる。

スチュアートはハンブルクで脳出血が原因で21歳という若さで亡くなってしまい、ビートルズのメンバーとの再会は叶わぬ夢となった。

アストリッドはビートルズと交流が続き、プロの写真家として活動。

「With The Beatles」のジャケットは、アストリッドがハーフシャドーで撮影したジョンとジョージの写真からの影響である。

またアストリッドが恋人のスチュアートに当時ハンブルクのアーティスト間で流行っていた前髪をおろした髪型(通称マッシュルーム・カット)が「ビートルズ・カット」として有名だ。

ジョンが「もう一人の自分」というほどの存在だったスチュアート・サトクリフ。

その存在自体が伝説となっており、「5人目のビートルズ」という伝説となった。

スチュについては映画『BACK BEAT』(バック・ビート)の出来が秀逸。残念ながら国内はブルーレイはなくDVDのみ。

出演:スティーヴン・ドーフ, 出演:シェリル・リー, 出演:イアン・ハート, 出演:ゲイリー・ベイクウェル, 出演:クリス・オニール, 出演:スコット・ウィリアムズ, 出演:ポール・ダックワース, 監督:イアン・ソフトリー
¥936 (2021/07/12 12:30時点 | Amazon調べ)

本やサウンドトラックもあるが、中古でしか手に入らないかもしれない。

ピート・ベスト

ピート・ベスト(Pete Best)も、スチュと同じく元ビートルズのメンバーで、リンゴの前にドラムスを担当していた。

まだ名をあげる前のビートルズに所属し、ハンブルク修業に伴ってザ・ビートルズに加入した。

ビートルズが地元で演奏していたキャヴァーン・クラブではルックスも良く人気者だったピートだが、演奏に難がある事などから、レコードデビュー前にバンドを実質的に解雇され脱退することとなった。

ただしピート人気は凄まじく、「ピートを出せ!」と、ジョージ(ハリスン)がファンから顔面を殴打されるほどだった。

ジョンが「俺らの最高の演奏は録音されていない。」つまり最高の演奏はハンブルク時代だった、との発言からも、ピートがそれなりの演奏をしていた可能性がある(音質は悪いがその時期の音源も残っている。下記スタークラブの音源がそれ。)が、ひとりビートルズ・カットをせずリーゼントのままだったり、ピートがギグを抜けているときは当時別バンドにいたリンゴがビートルズのドラムを叩くなど、メンバーとも深くは馴染めなかったのではないかとも言われる。

アーティスト:ザ・ビートルズ
¥2,613 (2021/10/19 11:42時点 | Amazon調べ)

実際、ピート解雇はビートルズのメンバーからではなく、マネージャーのブライアン・エプスタインから言い渡され、ジョン・ポール・ジョージはピートと顔を合わすことなくお別れとなった。

なお、ジョージ・マーティンも「ドラマーを変える気はないか?」とビートルズのメンバーに打診したり、デビュー曲のドラムにはセッションドラマーを用意したり、とザ・ビートルズのドラムはリンゴが叩くことになるのが運命だったようだ。

だが、ジョン・ポール・ジョージ・スチュ・ピートが当時のビートルズであり、正に「5人目のビートルズ」であったことは疑いようがない。

出演:ピート・ベスト, アーティスト:ピート・ベスト
¥4,280 (2021/07/12 12:49時点 | Amazon調べ)

ジミー・ニコル

ジミー・ニコル(Jimmie Nicol)は、1964年のツアー中にリンゴが扁桃炎によりツアーに出られない時に、リンゴの代役としてビートルズのドラムを叩いた男である。

約2週間在籍したザ・ビートルズでは「よくしてもらった。」と、メンバーとも上手く絡んでいたようだ。

ジミーの「It’s Getting Better」(だんだん良くなっているよ。)という口癖が、後に「サージェントペパーズ」に収録される「ゲッティング・ベター」の元ネタである。

そんな意味で、ジミーの代役としての活躍はビートルズ全盛期とも言えるビートルマニアの熱狂を支えた。

その功績は「5人目のビートルズ」と呼んで差支えないだろう。

見るからにナイスガイだし、実際に2週間メンバーだったのだから。

のちにジミーは「ベンチャーズ」「シャドウズ」と並び三大エレキバンドの一つと言われる「ザ・スプートニクス」にドラマーとして加入し活躍した。

在籍期間が短いため映像作品などは限られている。

『ビートルズ・アンソロジー』DVDで上記口癖も拝めるぐらいか。

出演:ザ・ビートルズ, アーティスト:ザ・ビートルズ
¥19,800 (2021/07/12 13:03時点 | Amazon調べ)

まとめ

さて、いかがだっただろうか?

他にも、ホワイト・アルバム中の名曲「While My Guiter Gently Weeps」の間奏で泣きのギターを弾き、実際にメンバーから加入をさせようかという話がされていたというエリック・クラプトン

同じようにアルバム『LET IT BE』で多大な貢献をしているミュージシャン、ビリー・プレストン

無名時代のビートルズをバックに録音、音源も発売されたトニー・シェリダン

アーティスト:ビートルズ・フィーチャリング・トニー・シェリダン
¥3,000 (2021/10/19 12:03時点 | Amazon調べ)

デビュー曲「Love Me Do」でドラムを叩いたセッションミュージシャンで幻のビートルズと言われるアンディ・ホワイト

ロード・マネージャーとして、そしてアップル設立後は代表として、ザ・ビートルズを支えたニール・アスピノール

広報担当だったデレク・テイラーなど。

著:デレク・テイラー, 翻訳:山本安見
¥2,420 (2021/10/19 11:58時点 | Amazon調べ)

まだまだ他にもいるだろ?という「5人目のビートルズ」。

それだけザ・ビートルズが、そして彼らの歴史が愛されている証拠だと言えよう。

彼らのヒストリー話は尽きない。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる