暮らしを楽しむ

一生に一度!飲めないと思っていた幻の十四代「龍泉」を飲んだ~その味わいと感想

ども、日本酒大好き「ゆとら」です。

もうこのブログで何度も名前が登場している日本酒「十四代」

僕が最も好きな日本酒だが、その「十四代」にも様々なランク(種類)があって、最上級とされるのが「十四代 龍泉」

なんと四号瓶(720ml)で、市場価格45万円(2021年現在)もする、日本酒の中でもトップオブトップの超ド級の日本酒だ。一升瓶じゃないぞ、四号瓶だぞ。

正直、この価格・・・買いたくても買えない。

よって、飲みたくても飲めない。

そこらの居酒屋に置いているわけではないのだ。

そんな一生のうち一度でも飲めるかという「十四代 龍泉」を、なんと(!)この度飲む機会に恵まれた。

「十四代」をこよなく愛し、さまざまな「十四代」を飲んできた僕が、おそれ多くも初体験(おそらくこれが最初で最後)の「十四代 龍泉」の味わいについてレビューしたいと思う。

もはや幻・・・「十四代 龍泉」とは?

「十四代」・・・日本酒好きならば、この高木酒造が造る銘酒の名前を聞いたことが無い人はいないだろう。

「十四代」は、それぐらい有名かつ「入手困難な」日本酒の代名詞である。

楽天市場やアマゾンでも販売されてはいるが、いずれも「プレミア価格」となっており、「十四代」を定価で購入することはもはや至難の業だ。

まぁそれぐらい人気が高い=美味しい、というワケ。

そのあたりについては以下、別の記事を参考にしてほしい。

日本酒「十四代」はどの種類もぶっとんで旨かった件ども、日本酒の中でも特に「十四代」が好きなゆとらです。 なかなか飲めない幻の日本酒「十四代」。 実はこの「十四代」にも様々な...

で、日本酒トップと言われる「十四代」の中でも、最高級かつ最上級、よって最高峰、つまりトップオブトップ!、生きながらにしてレジェンドな、もうほんとに「まぼろし~!」(=飲みてぇ~!!!!)と言えるのが「十四代 龍泉」なのだ。

正直「十四代 龍泉」は、「お目にかかる」ことすらない、と言っていい。

「十四代 白雲去来」や「十四代 七垂二十貫」ですら、そんなに頻繁には見ないものの、ちょっと気の利く居酒屋なら、まだ見かけることはある。

だが「十四代 龍泉」に関しては、存在そのものすら疑わしいほどの見かけなさ、なのである。

ってか、たぶんそれが僕が庶民であることを証明しているとも言える。(泣けるぜ。)

・・・なので、正直一生「お目にかかる」ことすらない、もしくは、お目にかかれても飲めることはないだろう、と思っていたのだが。。。

「十四代 龍泉」の味わいは?

さて「十四代 龍泉」だが、もちろん僕が45万円も出して購入したわけではない。

よく行く居酒屋のマスターが仕入れてくれて(それすら奇跡と言っていた)、たまたま飲む機会に恵まれただけである。

で、その「十四代 龍泉」の味わいなんだが・・・

もう、何が何だかわからん!(笑)

ってくらい、表現が追い付かないスムーズな味わい。

もはや「日本酒」とか「ワイン」とか「ウイスキー」とか「焼酎」とか・・・そんなジャンルすら超えるほどの【奇跡の飲み物】、と表現するのは大げさなんだろうか。。。

まぁなんちゅうか・・・

一口飲めば、まず出てきた言葉やら態度は

「ははっ…」

という、なんとも情けない吐息みたいなものだった。

こんなに素晴らしいお酒を飲めているという快感でもなければ、高揚感でもない。

「これって日本酒なの?」「なんだこれは?」という、今までに味わったことのないような、次元を超えたまろやかさ、かつスムーズな味わい、余韻、喉ごしに、「こんなのを日常から飲める大金持ちがいるんだ…」的な、自己憐憫もしくは無意識の嘲笑とも言える「ははっ・・・(え?何だこれ?)」なんだと思う。

・・・

「十四代 龍泉」であることや、値段を考えなければ「グイグイっ」とゴクゴク飲めちゃうほど、刺激感のないジュースみたいな飲料であった。

おそらくブラインド(目隠し)で、値段や銘柄を知らされずに飲んだら

「うぉぉぉぉぉ!!超絶うまい!なんだこれは!?」

となるはずだが、人間とは不思議なもので。。。

わかってて飲んだら、アホな吐息が漏れ出るだけであった。

もうちょっと真面目に感想を言うと、

これは「十四代」全般に言えることだけど、アルコール感がない。

そのもともとアルコール感がしない「十四代」の中にあっても、圧倒的にアルコール感がない、というレベルだ。

それぐらい「十四代 龍泉」には、喉や舌にひっかかりや、トゲトゲしさが無い。

よく「女性でも飲みやすい」という例えを使うが、まさに「十四代 龍泉」はその最たるものと言っていい。

居酒屋や旅館で「この地酒はどんな感じですか?」と聞くと「『女性でも飲みやすい』とよく言われますよ」との返答があったりする。

そしてその言葉を信じて飲んだ、かつての日本酒のマズかったことよ。だが「十四代 龍泉水」は裏切らない。

アルコール飲料、つまりお酒全般に言える「刺激」や「エグさ」「キツさ」、そしてそれらから来る「飲みにくさ」が一切ないピュアな飲み物が「十四代 龍泉」であることを確信した。

もうおそらく二度と飲めないであろう。(ぐすん。。。)

他の「十四代」と比べてどうなのか?

まぁでも「十四代 龍泉」は45万円もする飲み物だから、そりゃウマくて当然。

マズかったら怒るよ、ってな値段だ。

では「十四代 龍泉」をFP(ファイナンシャルプランナー)らしく「コストパフォーマンス」で考えると、果たしてどうなのか?

他の「十四代」と比べたときに、言っているほど「大きな差」はあるのかどうか?だ。

結論から申し上げると・・・

コストパフォーマンス悪い

ま、そりゃそうなんだわ。

そもそも「十四代 龍泉」はコストパフォーマンスを考えるような人間が飲む日本酒ではない。

最高峰だからこそプレミアがとんでもなく乗っているのであって。

で、同じく「十四代」の中でもプレミアが多くついている「十四代 白雲去来」と比べると、その味に大きな差はあるのだろうか?

僕の答えとしては

「ない」

ということになる。

まぁ違いのわからん「バカ舌」だと蔑んでくれ。

違いがないのか?と言われれば「ある」んだが、正直値段ほどの差は「ない」というのが僕の見解なのだ。

「十四代 白雲去来」自体が、もうピュアな水みたい(←例えがヘタでスマン)な日本酒であって、もう異次元レベル。

その「十四代 白雲去来」にビミョーに残っていたかもしれないエグみや雑味を「十四代 龍泉」は取り除いた感じ、なんだと思うが、正直・・・

同時に飲んでみないとわからん!

というレベルなのが、僕を含め一般ピーポーの感覚なのではないか、と思う。

だが、どちらも日本酒を飲みなれていない、もしくは「日本酒が嫌い」な人であっても、明らかに「わかる」ぐらい、他の日本酒とは違うのは確かだ。

まとめ

さて、一生に一度の「十四代 龍泉」レビューは、お役にたてただろうか?

飲みたくても飲めない幻の日本酒ということで、一度でも味わえたことに感謝なのだが、こういったレベルのものを飲むと、舌が肥えて他の日本酒がマズく感じないか心配だ。(贅沢な悩みだが、結局バカ舌の僕はそうならない。)

「十四代 龍泉」はともかく、「十四代」はどれも激烈ウマイ日本酒なのは間違いないので、もしまだ飲んだことがなく、どこかで見かけることがあったら、絶対に飲んでみてほしい。

きっと人生の「ゆとり」どころか、新境地が開け、日本酒沼にハマってしまうことだろう。そうなっても責任は追及しないでくれ。

僕のおすすめは別記事(参照:日本酒「十四代」はどの種類もぶっとんで旨かった件)でも書いているが「十四代 中取り純米 無濾過」

「十四代」特有のお米の旨さ、甘みと無濾過の複雑味、そして少しの爽やかな酸味が同居している。

良いとこどりの「中取り」で、甘みがあるのにスパッと切れる「十四代」ならではの超絶まろやかな飲みやすさに加えて、ほのかな酸味が「奥深さ」として良いスパイスになっている。昇天してしまう絶品の旨さだ。

「十四代 本丸」を飲みなれている人にも新鮮な驚きがあるだろうし。マジおすすめ。

※ちなみに「生詰」バージョンもある。(やや酸が多めなイメージ。)

コイツがコストパフォーマンスという意味では一番秀でていると思うのだが。

 

では、今日も楽しい日本酒ライフを!

くれぐれも飲みすぎに注意されたし。