「車両保険は不要」なんて暴論!加入すべきはこんな人~FPが教える保険の入り方

ども、FPゆとらです。

「自動車保険に車両保険っていらないんだよね?」なんて勘違いしていないだろうか?

どうやら「自動車保険に車両保険は不要!」なんていう暴論が、意外と有名なブログ・動画などのおかげでまかり通っているようだ。

当たり前のハナシになるが、車両保険が必要か不要かなんて、その人の状況や目的による。

どんな場合でも【不要】なんて断じていいわけがないし、それだったら極端に言えば保険会社は詐欺ってことになっちゃう。

ってことで、現役FPで保険に人一倍詳しい(もちろん実際に販売している)僕が、販売側ではなく、加入する側の視点から、正しい自動車保険(車両保険)の入り方をお伝えしておきたい。

もちろん、これを見たうえで【不要】と判断できる人も多くいるだろう。

目次

自動車保険に車両保険が不要とされる理由

「車両保険」…自分の車が損壊した場合の修理・買替費用のための補償

某有名ブログが「車両保険はいらない」という理由は、以下のとおりなんだが。。。

「事故にあわずとも(車両保険に対して)高い保険料を払わなくてはいけない」

「万一事故にあっても免責金額の設定があるから自己負担が発生する(結局、お金を払わなければならない)」

「等級が下がって翌年以降の保険料が上がるため、結局使ったら損をする」

「車両価値は年々下がるから、修理費が全額出ないことがある」

というのが主だった理由のようだ。

だがこれは正直、危険かつ極端すぎる意見・・・つまり暴論と言わざるをえない。

確かに「車両保険」は保険料が高い。

それに使うと、等級が下がったり、免責金額の設定によっては支払いが必要だったりするのは事実だ。

でもそれだけで「車両保険は不要」とするには、あまりにも結論を急ぎすぎ。

当たり前すぎることだが・・・車両保険が必要かどうかは「目的」による。

だから、検討に必要な知識を持っておくことが肝心となる。

車両保険を付けておいた方がいい場合とは?

「車両保険は不要」と有名なブログで見たから、と言って車両保険を外し「保険料が節約できた!」と得した気分になるのはカンタンだ。

だが、万一車両事故にあって、「やっぱり車両保険に入っておけばよかった・・・」と後悔しても遅い。

自分で客観的に「本当に不要かな?」と考えないと、思考停止・カモられているのと同義だ。(そんなだと、他のことでもカモられるぞ。)

『自動車保険に車両保険は不要』とする偏った情報に共通するのは、「相手方がわかる事故」や「自損事故」に事故を限定してしまっているところだ。

車両保険というのは『盗難』『あて逃げ』も補償してくれるのだが・・・そのあたりが全く考慮されていない。

では以下、実際に起こりえる(もしくは起こった)ケースを見てみよう。

購入したばかりの新車が盗難にあったケース

例えば、あなたが購入したばかりの350万円の新車が、購入して数か月以内に盗難にあった場合を考えてみよう。

まだ残価設定ローンもほとんど残っている状態だ。

車両保険に入っていなかった場合は、車両が盗難にあっても、支払われる保険金はもちろん「ゼロ」だ。

残念ながら車は無くなったにも関わらず、ローンの支払いは数年間続くことになるし、残価も払わなければならない。

もし車両保険を付けていれば、ほぼ350万円、満額補償されたことは言うまでもない。

しかも「車両保険は不要!」としているブログや動画にある「免責金額は自分で支払い」という情報も補足がなく、実際は『盗難』の場合は、免責金額が差し引かれることなく車両保険金額全額が支払われるのだ。

ゆとら

なんでこんな重要なことが書いていないのだろう。。。

ちなみに相手方がいる事故でも、相手方に過失割合が何割かある場合(交差点で衝突など)には、相手から払われるべき賠償金はまず免責金額から充当される。

つまり、免責金額の設定があっても、自己負担なく保険金が払われるケースもそれなりに多いということだ。

免責金額とは?

保険会社が責任を免れる金額、つまり自己負担しなければならない金額のこと。

どうか正しい情報を知識として入れておいてほしい。

さて実際に僕の知人に起こった、もう一つのケースも見てみよう。

買ったばかりの車が当て逃げにあったケース

買ったばかりの車で買い物に行き、ある大型施設の平面駐車場に止めていたところ、帰り際に車を見たら、車の後ろ側が大きく破損していたというケース。

どうやらトラックか何かが当てたにも関わらず『あて逃げ』をしたらしい。

車体の大部分に被害が及んでいたため、修理費用として7~80万ほどかかったらしいのだが、このような場合でも、果たして「車両保険は不要」と言い切ってよいのだろうか?

このような『あて逃げ』の場合については、自分で払えるなら問題ないが、一括で数十万円というのは一般的には大金だと思う。

等級が下がって翌年以降しばらく保険料が上がるとしても「保険から支払ってもらいたい」、というケースも多いだろう。

なのでFP的に、そして個人的にも「買ったばかりの新車は車両保険はあった方がイイ」と思う。

もちろん、そのようなケースは頻繁には起きないし、そのために保険料を払うのはもったいない、と割り切れるなら車両保険無しでもいいと思うが、そもそも保険とはそういう時のためのもの。

最終判断は『あなたの価値観』で、ということになるのだが、少なくとも「自動車保険に車両保険は不要!」 と言い切るのは暴論、ということはおわかりいただけたと思う。

こういった知識の有る無しで「車両保険の要・不要」の判断もしやすくなるので、やはり「知識武装」はしておくに越したことはない、ということだ。

ゆとら

騙されないよう知識は蓄えておこう!

まとめ

自動車保険に車両保険は絶対に不要、とは言い切れないことがわかったと思う。

もちろん車の年式が古くなってきた、もともと車両価値の低めの中古車を足替わりに購入した、など、車両保険を付けない方が理にかなっている場合も多々あると思う。

なので、やはり必要なのは『正しい知識』だ。

情報に踊らされないように気を付けてほしい。

『正しい知識』が日々のゆとりを生んでくれる。

個人的には、新車を購入しているのに車両保険をケチるぐらいなら、保険会社を見直して保険料そのものを下げればいいのでは?と思う。

補償内容をほぼ変えることなく、保険料だけ安くなる・・・これが本当の意味で「節約」なのだ。

ディーラーに勧められた自動車保険でなくても、よく考えて比較すると通販型自動車保険で必要十分かもしれないぞ。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

今は自分でも比較可能な時代だ。必ず比較してみよう。

「節約」という言葉に騙されて、必要な保険まで外さないように、くれぐれも気を付けてほしい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる