お金

ゆっくりマイペースで50記事書いたら見えた景色を共有するよ

ども、マイペースゆとり派のゆとらです。

ゆっくりマイペースで更新してきたこのブログ。

おかげさまで、たくさんの方に来訪いただいている。

マネタイズに躍起になってやっているブログではなく、「自分の好きなこと」や「役に立ちそうなこと」「知っておけば得だよ」ってことをマイペースで記事にしてきた。

めちゃくちゃ遅いペースで書いていたけれども、気がつくと「50記事」書いていたようなので、ここらで【50記事書いて見えた景色(収益など)】を備忘録として、また「ブログを書いて、多少なりともお小遣いになれば嬉しい」という方向けに共有としておきたいと思う。

50記事書いて見えた景色とは?収益も公開。

何度も断っておくが、僕は「収益のため」に記事を書いているわけではない。

それならばもっとガッツリのペースでガリガリと記事を書いているハズだ。

だが、収益のためではないとは言え、もし記事がお役に立てたのなら「多少なりとも収益になってくれれば嬉しい」とは思っている。

ってなわけで、楽天やアマゾンのアフィリエイトやアドセンスなんかのリンクを置かせてもらっている。

じゃあ50記事書いて、実際収益はどのくらいなのか?

お恥ずかしながら公表させていただくと・・・

月2~4万という感じ。

ん?僕個人としては「十分お小遣いになってんじゃん」という感じ。自分としては。

統計ではアフィリエイトに取り組む人のうち、『9割の人は月1万円以下』の収益しか上がっていない。それを考えると、客観的に悪くない数字のようだ。頑張ったなオレ。

なんせゆ~っくりのマイペースで好きな事だけ書いているのだ。

と言っても、本当に「好きな事」を好きなように書いているわけではなく、せっかく書くのだから、誰かの役に立ちたいと思って、そのような記事構成は考えている。

「ゆとり」がテーマなので、あくせく働くように記事を量産するのは矛盾しているし、そもそも僕の生き方に合わないので、そのようなゆっくりペースで書いている。

50記事書いたら、月2~4万の収益になった。

ブログは100記事書かないとダメ?

よく「ブログで収益を上げたいならまずは100記事書け!」ってな意見を聞く。

まぁ本当に収益を上げたいなら、「少なくともそれぐらいは書きなさいよ」ってことだと思うのだが、これはある意味正解で、ある意味不正解だと思う。

役に立たないクズ記事を100記事書いたところで、それはネット上にゴミが残るだけ。

だけど「100記事書くまで継続する」ってことは非常に大切だと思う。

役に立つ記事を100記事って、僕みたいなサラリーマンには結構ハードルが高いので、挫折する人がほとんどだ。

上記のとおり「9割の人は月1万円以下」の収益ということは、「継続できずに辞めてしまった」人がいかに多いかということの裏返しでもある。

そういった意味で言うと、僕はゆっくりマイペースだからこそ「継続できている」のだと思う。

ゆっくりでも「いつか100記事」には達すると思うので、その時には振り返ると自分でもビックリの収益になっているかもしれないし、そうなっていなくても、僕は「楽しめないならやらない方がマシ」と思っているので、これからもマイペースを続けるだろう。

収益化を焦るあまり、クズ記事を量産するよりは、「ゆとり」を持って「楽しく」ブログを運営していくことが結局は収益化の近道なのだ、と思うけどね。

ブログは継続することの方が大切

ほとんどの人は「会社を辞めたい」とか「早く稼ぎたい」という理由で、ブログやアフィリエイトを始めるようだ。

そして収益化を焦るあまり、役に立たない記事を量産した結果、まったく収益が上がらない・・・ということになってしまう。

で、「こんなに頑張ったのにお金にならない。やっぱアフィリエイトとかブログなんて儲からないんだ」と挫折する流れなんだと思う。

かくいう僕も焦るあまり「投資」において色んな失敗を冒してきた。

だから焦らず「楽しみながら」「ゆとりを持って」やればいいじゃない。と今は思うのだ。

まぁでも気持ちはわかるよ、僕もサラリーマンだから。

会社辞めたいよね(笑)。「社畜」はカンベンといつも思ってるし。

「主体的に生きよう」と思ったら、「お金」と「時間」があった方がいいからね。

だけど、そう思うからこそ「コツコツ」「楽しみながら」でないと続かないという現実もあるように思う。

『月2~4万』という金額は、お小遣いにしかならない金額だが、ブログはどんどん今後も記事が増えていくわけで、毎月何らかの収入がある、というのは悪くないと思うのだが。

ってか、僕のブログでも書いているとおり「いくら稼ぐ」というより「毎月安定したキャッシュフローがある」ことの方が人生は安定するよ。

だから「投資」もやって「サラリーマン」でもお給料もらって「ブログ」も運営すればいいんじゃないかな。

で「投資」とか「ブログ」である程度のキャッシュフローができれば「サラリーマン」を卒業すればいい。

とにかく焦らず、マイペースで楽しみながら継続しよう!

まとめ

ってなわけで、50記事書いたら見えた景色は、『月2~4万のキャッシュフローと継続の大切さ』だ。

マネタイズしていないブログでこんな感じなので、センスのある人ならもっと収益化可能なんだろうと思う。

ただ何度も言うように「収益化」を目的として「楽しくない」のなら、結局続かないと思うし、何より「役に立たない記事」ばかり書いても疲れるだけ。

「継続する」ことの方がよっぽど大切だし、何より「楽しくないと継続できない」ってことは、頭に置いておかないと挫折しかねないので気をつけて欲しい。

「ゆとり」を持って「楽しく」、そして「役に立つ」記事をマイペースで書いていけばいいのではないだろうか。

成長曲線ってのがあって、伸びるときは「一気に伸びる」という特徴があるので、100記事書いたときには月2~4万の単純に2倍の収益とは限らない。

きっともっとあるんじゃないかな?とちょっとだけ期待している。

ま、でも「ゆとり」を持って楽しく行きたいもんですな。

この記事がブログで稼ぎたい、と焦っている人のお役に立てれば幸いだ。

じゃあ今日も「ゆとり」を持って!