暮らしを楽しむ

ポータブル電源と太陽光パネルで電気をプチ自給自足してみた。

ども、「ゆとり」を愛するゆとらです。

最近、自然災害多いよね。。。ゲリラ豪雨、台風、大地震、火山の爆発とか。

個人的にちょっと前に困ったのは台風で「電気が止まった」こと。

幸いすぐ復旧したけど、さむ~い冬じゃなくてほんと良かったよ。

こんな不測の事態に備えておいたほうがいいんじゃないか?と思っていたところ、普段使いできるとても便利な「ポータブル電源」なるものがあると知った。

しかもこれ「ソーラーパネル」で自分で蓄電できるスグレモノだって!?

災害時以外でも結構活躍しそうじゃん!キャンプにも持っていけんじゃん!

ってことで、災害時にも「ゆとり」が欲しい僕は、衝動買いして電気のちょっとしたプチ自給自足を試してみることにした。

ポータブル電源って本当にいいの?

大して使う場面もないし、それにしてはポータブル電源、値段高いんじゃね?

僕も最初はそんなふうに思っていた。

ただ予想以上に「使える」し、なんか太陽光で充電して使うと「得した気分」になる。

なんせ「ソーラーパネル」で蓄電(充電)可能なのだ。

太陽光はいわゆるフリーエネルギー。

わざわざ家のコンセントにつないで電気を貯める必要がないわけだ。電気代もかからない。

上手に活用できれば電気代の節約にもなるというわけですな。(まぁわずかではあるが。)

ポータブル電源はどんなときに役立つ?

電気を蓄えておけるので、地震、台風といった災害時の停電など「通常の電気が使えない」ときの予備電源として、がポータブル電源が最も役立つ場面。

僕が購入した理由も一番は災害が起こったときのためだ。

実際に「電気が使えない」めちゃくちゃ不便な状態を経験したことがあるし、災害時「スマホが充電できて、ポータブル電源が使えて良かった。」なんて声も多くあったらしい。

真冬なら電気毛布があれば凍えてカゼを引く可能性も少なくなるだろう。

そんな緊急時でなくても、キャンプに持って出かけて、キャンプ先でゲームとか扇風機、調理器具とか電化製品を使えるのは、めちゃ便利ではなかろうか?

ただしドライヤーのように大出力の家電を使用するには、それなりの電源が必要になる。つまり、デカく重い電源となる。価格ももちろん高い。

ポータブル電源はその名のとおり「ポータブル(持ち運べる)」なのが美点なので、そのあたりはバランスを取ることが必要となる。

ビギナーは小型からスタートでOKだ。ただし選び方にはコツがあるので後ほどお伝えしたい。

日常では、シンプルに家電の「充電」にも使える。

例えば「iphoneなどのスマホ」「タブレット」「ニンテンドースイッチのような携帯ゲーム機」はもちろん「電気カミソリ(ひげ剃り)」なんて日々充電しているだろ?

僕はもっぱらこれらをソーラーパネルで蓄電しておいたポータブル電源で充電している。

まぁ大した自給自足ではないのだが、日頃からこういったことをしていると、災害時にもおそらく慌てふためくことはないだろうし、多少の電気代の節約にもなってると思う。

ポータブル電源の値段は電気代以上だろ?なんてツッコミは無しだ。

なんせ災害時にも使えるための「備え」なんだから。

あとはフツーに電気を使う場面に使える。

例えばノートパソコン、プリンター、扇風機、スタンドライト、ホットカーペット、電気ケトル、小型冷蔵庫、炊飯器なんかに接続して使える。

物にもよるがPS5などゲーム機でもOKだ。モバイルディスプレイと一緒にキャンプに持っていける。(キャンプの醍醐味はどうしたw)

※寒い日のキャンプでも電気毛布と一緒に持っていけば最強だ!

ね?(特に災害時に)意外と「使える」んじゃないかな。

ポータブル電源の正しい選び方(一般人向け)

あなたがかなりコアなキャンパーでなく、僕と同じ一般ピーポーなら、選び方は次のことを参考にしてほしい。

正弦波かどうか?日本仕様の出力ならなお良し!

電源容量がどうのこうの言う前に出力波形を気にするべし。

波形には「正弦波」「矩形波」があるが、「正弦波」が使えるポータブル電源を選ぼう。

「矩形波」だと値段は安いが、ちょっとしか小型の家電(ライトなど)しか使えないからだ。

「正弦波」で、かつ日本仕様の100V出力ならベストだ。

海外メーカーのモデルは110Vのことが多く、使えなくはないが家電本来の性能が発揮できない可能性がある。

重くなるので容量は欲張りすぎるな!

「容量が大きいものを選べ」といった情報が多いと思うが、僕はほどほどで良いと思う。

大容量のものほど値段は高く、そして重い。

どうしてもキャンプでアレコレしたい!というコアなキャンパー以外は、電源容量はほどほどにしておこう。そこまで大きな容量を食う電化製品を動かす場面はそう多くないはずだ。

100,000mAh以上で出力500W以上を推奨している記事をよく見かけるが、80,000mAhぐらいで必要十分だ。

家族4人分のスマホをゼロからフル充電しても8割以上容量は残ってるハズ。

重さが意外と重要なのに見逃されやすい!

上記の容量ぐらいだと重さは3~4kgぐらいですむ。

災害時にササッと持ち運べることが前提なのだ。重くてデカイものは避けたい。

サッと持ち運ぶのに、コレ以上の重さを想像してみてほしい。

持てないわけではないものの、筋トレじゃあるまいし女性には厳しいと思うぞ。

ソーラーパネルから充電できるものを選べ

まぁこれは大体できると思うが、ソーラーパネルから充電できることが必須である。

なんせ停電時はコンセントから電気を取れないのだ。

ACポート(電源口)は2つ以上は必要

いくら緊急時用と言っても、複数の家電を使うことは想定される。

スマホの充電をしていて、厳寒のなか電気毛布が使えないなんて辛い。

2つ以上はAC電源口が付いているモデルを選ぼう。

付いていないことの方が珍しいが「USBポート」も必須だ。

僕が買ったポータブル電源「PowerArQ mini」

で、全部満たしてくれてお値段控えめで、信頼感バッチリなやつが、僕が購入したポータブル電源「PowerArQ mini」

33,000円で買える。セール中ならもっと安く買えるかもしれない。

このモデル、名前どおり「PowerArQ」の小型版である。「PowerArQ」は容量も倍近くあるが、値段もちょうど2倍の66,000円する。

どうだろうか?ポータブル電源にその値段出します??

僕ならミニで充分なのだが。

しかもこれ以上重たい電源なんて考えたくもない。ミニでもまぁまぁの重さなのだ。

これならササッと持ち出せるのは間違いない。決して「軽い」わけではないが、容量と重さのバランスを考えるとこれぐらいがちょうどいい。

ソーラーパネルも一緒に購入しておこう

「ソーラーパネル」が無くてもポータブル電源を使うことはできる。

だが、ソーラーパネルがあれば前述のとおり、日中であれば自然の太陽光で蓄電(充電)可能なので、超べんり!!

災害時は言うまでもない。

これも大きすぎず、折りたたんで持ち運びでき、それなりの容量のもので、かつお値段控えめなものがイイ。

「PowerArQ mini」には、「PowerArQ Solar」という純正モデルのソーラーパネルがあるのだが、ちとお値段が高い。29,800円ぐらいする。

いや、ポータブル電源と同じぐらいの値段やん!!

そこで都合の良いモデルはコイツだ。

「PowerArQ Solar」と比べてワット数がやや劣るが、100Wあればハッキリ言って充分である。(安くても60Wとかはやめておいたほうがいいと思う。蓄電が遅くイライラする事間違いなし。)

変換コネクタも豊富で、「PowerArQ mini」にももちろん適合するのでバッチリ蓄電可能なのだ。

お値段もアマゾンなら20,000円を切る価格だ。

僕はコイツでポータブル電源に蓄電しているが、晴れの日なら半日で半分ぐらいは十分貯められるぞ。

まとめ

さて、いかがだっただろうか。

ポータブル電源、意外と使えるってのが僕の実感だ。

日常の様々な場面で使っているが、どちらかと言うと災害時に心強いので、買って良かった。

災害時には妻にドヤ顔すること間違いなしだ。(別にしたいわけではないが。)

そんな災害が来ないことを祈るばかりだが、最近は日本でもニュースになるような大災害が毎年のように発生している。

あなたもイザという時のためにポータブル電源で予備電源を確保しておくことをオススメする。

少しの「ゆとり」が大きな差となるのが災害時だ。

備えあれば患いなし、なのだ。