INVASE(インベース)体験談~ローンの借り換えで大幅節約成功!

このページにはプロモーションが含まれます。

ども、コスパにこだわるファイナンシャルプランナー兼投資家のゆとらです。

不動産投資をしているなら、アパートローンや住宅ローンの金利が気になっていないだろうか?

物価や税金がどんどん上がっている昨今、少しでも金利が下げられると嬉しいよね。

特にローンって長期で組むものなので、金利が少し変わるだけで大幅に支払い総額が変わる。

僕はコスパにこだわるFPとして、本業で『ローンの借り換え』についてもアドバイスしている。

そんな僕が絶対的にオススメでき、実際自分のローン借換で、大幅に支払い金額を下げることに成功したのが『INVASE』(インベース 旧モゲチェック)である。

そこそこ有名なので、知っている人は知っているサービスかもしれない。

以下、紹介していこう。

目次

借換にはできるだけ手間をかけるな

『ローンの借り換え』は、何といっても「自分で借換先を見つける」のが一番面倒な作業。

見つけたとて、融資についてはブラックボックスも多く、借り換えが可能かどうかわかりにくい。

わからないものに多くの労力を割けるほど暇じゃなかったりするのが、われわれサラリーマンの悲哀だ。

どんどんローン審査は厳しくなっているこのご時世なら、なおさらだ。

そこで、不動産投資をしている方、あるいは住宅ローンの金利が高いと思っている方は、実際僕自身がアパートローン借換に大成功した『INVASE 無料WEB診断』(最短3秒で診断)を使ってみてはどうだろうか?(住宅ローンの借り換えにも使える。)

>>INVASE無料WEB診断

『INVASE 無料WEB診断』は、『INVASE』(インベース:旧モゲチェック不動産投資)が、忙しい我々に代わって「借り換えが可能かどうか」ある程度の確度で提携銀行に打診してくれるサービス。

名前のとおり利用は無料。口コミでも非常に評判の高いサービスとなっている。

以前から借り換えをしたいと思いながらも忙しく、情報を集めることすら難しかったので、このたび僕が組んでいる金利高めのアパートローン借り換え目的で、実際に『インベース無料WEB診断』使ってみた。

先述のとおり大成功だったので、体験談をレビューしたい。

INVASE(インベース)無料WEB診断をしてみよう

気になると思うので、先に僕が『INVASE 無料WEB診断』を使ってみた結果からお伝えしておこう。

  1. 金利3.2% 1.575%に!
  2. 返済期間22年 →20年に
  3. 毎月のキャッシュフロー →ほぼ変更なし
  4. 総返済額 →1,100万円以上削減

なんとインベース最低金利である年1.575%まで下げられるとの診断!

ゆとら

どひぇ~!マジか!!もっと早く利用すべきだった・・・。

アパートの築年数から借入期間はやや短縮されるにもかかわらず、月々のキャッシュフローはほぼ変わらず、総返済額が1,100万円以上も少なくなるとのことだ。

予想していたよりはるかに好結果が提示され、利用して良かった~どころか、もっと早く利用すべきだった・・・。

『INVASE 無料WEB診断』のやり方はある程度の時間があれば簡単。

少なくとも自分で借換先を探すより、はるかに簡単だ。

  1. INVASE無料診断の『INVASE借り換え』をクリック
  2. 「マイページからお申込み」ボタンから必要事項を入力

所有不動産の売買時期や購入価格、ローン借入額と返済状況、借入金利、そしてレントロール(家賃明細)などを入力していく必要があるので、物件情報とローンの情報を手元に準備しておこう。

物件とローンの情報を手元に準備して無料WEB診断にのぞもう。

一棟ものの不動産を所有していれば「物件概要がわかるもの」や「レントロール」をデータ添付することで、より詳細な診断を行ってくれる。

一棟ものは【物件状況】が、借り換えに大きな影響があるからだ。

『INVASE 無料WEB診断』は、利用(診断)が文字通り「無料」なので、アパートローンや住宅ローンの借り入れをしているなら、正直使わなきゃ損のサービスだ。

>>INVASE無料WEB診断

借換可能と診断され【本審査→借換実行】となった場合、INVASE(インベース)に報酬(借換手数料:削減できた金額の11%。下限385,000円)を支払う成功報酬の仕組みなので、WIN-WIN(ウィン-ウィン)なサービスとなっている。

なお診断結果はWEBで見ることはもちろん、僕の場合、郵送もしてきてくれた。(僕からお願いはしていない。)

ゆとら

イケてるサービス!

INVASE(インベース)は、借り換え実行の際に費用が発生

さて『INVASE 無料WEB診断』で借換可能との診断が出たら、借換先の金融機関に【本審査】打診となる。

本審査も自分でアレコレせずとも、INVASE(インベース)を通じて行うことが可能だ。(最終的なローン実施時に初めて金融機関とのやり取りが発生する。)

『無料WEB診断』で「事前可決」されているので、団体信用生命(通称:団信)の告知(健康状態)で引っかかったり、他に借入が見つかるなどの不備がなければ、おおよそ【本審査】も通過するハズだ。

※僕は告知で高血圧などの記載があってドキドキしたが、無事に本審査通過し借り換え実行となった。

【本審査】が通り借換実行時に、INVASEへの報酬支払いが発生ということになる。

借換によって削減できる返済額の11%(税込)が、インベースに支払う手数料

ただし以下がポイントなのだけど、

借換に伴う諸費用は、大部分を借換後のローンに含んでくれるため、僕の場合、ほとんど新たに手出し(10万円ほど追加でローン返済口座へ入金したのみ!)することなく、借換実行となった。

ゆとら

手出しは少しの金額でOKなケースが多い。

もちろん「【本審査】が通ったとき」ではなく、「借換実行時」に払うことになる。

やっぱり使わなきゃ損だよね。どう考えても。

まとめ~とりあえずやるべし『INVASE 無料WEB診断』

以上、まとめも何も「とりあえず『INVASE 無料WEB診断』…無料なんだからやっとこう。」という結論になる。

「借換できない」と診断されたとしても特に費用が発生するわけでもないし、「借換不可」というのがハッキリするだけでも利用価値はある。

僕みたいに1,000万円以上支払額が減らせる可能性も十分ある。

不動産投資家は、毎月のキャッシュフローを増やし、かつ総返済額も下げるのが目標。

その一つの手段として『INVASE 無料WEB診断』をまずは使ってみよう。

>>INVASE無料WEB診断

『INVASE』には、他にも「バウチャー」といって、物件を検討する場合に【現段階で融資が可能かどうか】を判断してくれるサービスもある。

これももちろん無料なので、「自分は不動産投資家になれるか?」と考えている方は、まずは登録して実際に使ってみてはどうだろうか?

僕のように「目からウロコ」の結果が飛び出ることもあると思う。

で、有利な条件で借換ができれば、(不動産投資家ならもうご存じと思うが)物件の担保価値や返済比率の関係から、次の物件購入が有利になることも目に見えている。

行動力があって「自分のほうが条件の良い金融機関を足使って探せます!」なんて人は別として、『INVASE 無料WEB診断』すぐにでも試してみる価値はあるはずだ。

思い立ったら吉日。

善は急げ。

借換が早くできるほど、返済総額が少なくなったり、またはキャッシュフローが回復することで、投資に「余裕」ができることになるからだ。

良い借換ができることを祈っている。

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次