成功者の習慣

人生を変える本『嫌われる勇気』

ども、ゆとらです。

最近、世の中的には「読書する」ことが減っているらしい。

僕は大人になってから「本を読む」ことの大切さや面白さに気づいたほうなんだけど、確かに周りを見てみると、「読書」が習慣づいている人はそう多くないように思う。

ちょっともったいない。

僕は「読書」に救われたことが何度もあるし、今も本を読むことで道が開けることが多々ある。

極論すれば、「読書」で人生を変えることができる。

今日は、そんな読書歴のなかでも強烈なインパクトを放った名著『嫌われる勇気』をご案内したい。

アドラー心理学の本『嫌われる勇気』はココが秀逸!

フロイト、ユングと並ぶ心理学の三大巨頭の一人、アドラーの提唱する心理学。

そのアドラー心理学の教えを会話形式で説いた『嫌われる勇気』が、その本だ。

大ベストセラーになっているので、内容は世間のお墨付きである。

哲人と青年の会話形式で進んでいくが、哲人が先生、青年がわれわれ一般人という設定で、見事に僕らの「疑問」に先回りして、話が展開していく。

「そんなはずはない!」と、僕たち読者は青年の疑問を自分の頭に思い浮かべながら、青年と同化していく。

それを哲人が「アドラー心理学ではこう考えるのだ」と、一般論をねじ伏せていく展開に大いに興味をそそられる、という作りが秀逸だ。

物語ではないのに、次から次へと展開されていく、人の苦しみへの疑問と回答。

次が読みたくなって手が止まらない構成がお見事としか言いようがない。

これは僕ら人間が抱える人間関係という「共通した疑問・悩み」を取り上げているからだ。

過去・トラウマの否定

アドラー心理学は、もしくはこの『嫌われる勇気』では、一般論をどんどん覆していく。

それが実に爽快で、かつ目からウロコなのだ。

その一つとして「過去・トラウマの否定」がある。

過去に起こった出来事や一般的にはトラウマとされているものに対し、この本ではこう言い放っている。

「自分の経験によって決定されるのではなく、経験に与える意味によって自らを決定するのである」と。

要は、同じ経験をしても「それをどう捉えるか」が大切だよ、と。

そして「われわれはみな、なにかしらの『目的』に沿って生きている」と言う。

トラウマから引きこもりが起きているのではなく、引きこもる目的があるから引きこもっているのだ、と考えているのである。

同じように「人は怒りは捏造する」=「怒りとは出し入れ可能な道具である」なんてことも言っている。

例えば、カッとなって怒ったという出来事も、実は「大声を出すために怒った」のだ、とのたまう。大声を出すことで相手を屈服させる『目的』があった、というわけだ。

一般的には、なかなか厳しい見方だ。だが、そこに真理があるかもしれない、と思うからこそ、この本は非常に売れたのだ。

人は変われる!

『嫌われる勇気』は説く。「人は変われる」と。

そして変わるには、まず「知ること」だ、と。

だがここで頭をズガンと殴られる。

あなたが変われないのは、自らに対して「変わらない」という決断を下しているからだ、と言うのである。

つまり、勇気が足りない。「幸せになる勇気」が足りないのだと。。。

僕は、ここで「そうかもしれない」と思ってしまった。

ホメオスタシス(恒常性)という言葉があるけど、「今の自分」でいた方が、潜在意識的には安心できるっていう…それを思い出した。

で、ここでも「どう捉えるか」がカギとなっている。

変われない、ということに対して「身から出た錆だ」という捉え方ではなく、アドラー心理学は「どんな過去があっても、今後の人生をどう生きるかには何の影響もない」という捉え方である。

本では「勇気の心理学」と言っている。

なんか良い響きだと思うのは僕だけだろうか?