お金

住宅ローンがあなたを滅ぼす論

ども、ゆとらです。

僕はFP(ファイナンシャル・プランナー)の資格を持っているのだけれども、よく色んなデータを見てビックリすることがある。

その一つが、日本人のマイホーム所持率は80%を超えているってこと。

まぁ国が大手を振って住宅の購入を勧めているのだから、これぐらいの率になるんだろうね。

たしかに住宅ローン減税とかすまい給付金なんてのもあるから、わざわざ家賃を払って「払い損」になるよりは、所有物件にローンを払っていく方がいい、と考える人が多いことは理解できる。

ただ、それって本当にその方がいいのか、冷静に考えたことがあるだろうか?

この記事では、マイホームを持つこと、住宅ローンを組むことのデメリットの側面についてお伝えしていく。

自分の考え方によって、住宅ローンを組んだほうがいいのか、組まない方がいいのか、これを読めばハッキリするだろう。

マイホームを持つことは是か非か?

住宅ローン減税という制度もあり、歴史的な低金利の昨今では、0.5%程度の金利でローンを借りて、残債の1%が税額控除される、という・・・

住宅ローンを借りたほうが場合によっては(しばらくの期間)得しちゃう?

なんていうバカげた制度になっている。

ちょっと欧米では考えられない仕組みだ。

日本では新築信仰が強く「新築マイホームは夢」という風にプロバガンダされてしまっている。

周りもみんな持っているから、というのもみんなが購入する理由であることは間違いない。

「アイツも家買ったし、オレもそろそろかな?」なんて。

ただ、あなたが定年まで働きたくないフツーではない人だったり、これから投資したいなんて人は、マイホームの購入、よ~く考えたほうがいいかもしれないのだ。

ローン完済していないマイホームは本当は自分の家ではない

アナタが自分で「お金でお金を生み出す仕組みを作りたい」

または(ミニ)ビジネスオーナーになりたい、と考えているのなら・・・

「住宅ローン」はただの足枷にしかならない。

銀行は、マイホームをどう評価するか知っているだろうか?

一般の人々はマイホームを「資産」と考えがちだが、

銀行での評価は「負債」である。

なぜって?

ローン返済が残るからだ。

完済するまでは「あなたの持家」じゃないってことだ、本当は。

 

不動産の登記簿上、所有者欄(甲区)にはあなたの名前が記載されるが、

もう一つ(乙区)には、抵当権者として銀行や保証会社の名前が入っているのは知っている?

ローンを払えなくなったら銀行や保証会社が勝手に処分しますよ、ということ。

 

だから、ローンを完済してはじめてマイホームは「資産」になる。

ほとんどの人は「35年ローン」を組むので、たとえ繰り上げ返済をしたとしても、長期間「負債」としか見なされない。

 

しかも法定耐用年数からすると、木造家屋は22年で価格はゼロになる、

つまり、正しくは「持っている土地が資産になる」ということになっている。

原則

マイホームは負債である

ローンがあるから仕事がやめられないのだ

ほとんどの方は、住宅ローンを一度抱えると完済まで仕事をやめることはできない。

そりゃそうだ。日々の生活+返済があるのだから、そのためにお金を稼がないといけない。

さらに病気で返済が滞るリスクもある。

※団信の内容次第では回避できるので、団信の内容もしっかり吟味しよう。

少なくとも「がん診断でローン免除」は付帯しておいた方がいい。

 

賃貸ならば場所を変えて賃料の調節はできるし、最悪、実家に帰るなんて選択ができる人もいるだろう。でも、持家はそれができない。

売却という手段もあるが、不動産は流動性が低いので、人気のエリアならともかく、すぐに売却できるとも限らない。

また希望の金額で売却できるとも限らない。

立地条件でしっかり見極めができる人以外は、普通は購入金額よりも安い価格での売却となる。

 

ってことは、特別なスキルがある人間以外、ローン返済のためお給料を稼ぎ続けて生きていかねばならない

=仕事に人生が縛られてしまう(=お金の奴隷になる)

と図式がここで完成してしまう、いうことになる。

 

「そんなの当たり前じゃないか!」という方は、それで構わないし、この記事を読み続けなくてもよい。今すぐページを閉じよう。

でもそうじゃない方は、(セミ)リアイアが大きく遠のくことになるぞってことに、ちょっとは気を配ってもいいのではないか?

 

もちろん賃貸で暮らすより、毎月同じぐらいのローン返済をしていったほうが、徐々に残債が減っていくのでそのほうが良い、という考え方もあるし、間違っている、というわけではない。

それを否定しているわけではないが、ただ、家を買ったつもりで、そのお金を自己投資や運用に回したり、お金を生む仕組みづくりに当てることは意外とみんな考えないらしい。

特に高学歴の人ほど「フツーに働いて、フツーに暮らす」ことが当たり前すぎて、「お金を生む仕組み」を作ろうとすらしない。

個人的にはその方がよっぽどリスクだと考える。

ローンを組んだはいいが、会社が潰れたらどうするのか?

リストラされたら?病気になったら?

そんなことは考えて家なんて買わないよ、って?

もう終身雇用とか年功序列なんて過去の遺物なんだけどね。

大企業が潰れる時代だし、リストラなんて当たり前。

さっさと「お金を生む仕組み」を作って、マネー競争から早く抜け出たほうが幸せになれると思うんだが。。。

お金がお金を返すローンもある

ただ、ローンを組んでから「このままだと、仕事ばっかりの人生になってしまう」と気づく人もいるだろう。

そんな人は、完済を目指して今流行の「副業(複業)する」ことに目覚めるかもしれない。

副業といえば、サラリーマンに一時流行した「サラリーマン大家さん(不動産投資)」だと、同じローンでも「アパートローン」になる。

 

これはいわゆる「事業用ローン」になるので、負債は負債だが、アパート経営がうまく回っていると、銀行からは「良い経営ができている」という評価となり、さらに融資が受けられるようになったりする。(=負債とは見なされにくくなる、ということ。)

経営者としての手腕が評価される可能性があるってことだ。

※ただし、スルガ銀行が破綻したシェアハウス投資に高金利で融資していたり、株式会社TATERUが不正をしていたりで、現状アパートローンは非常に降りづらくなっている。

 

アパートローンの場合、賃借人からの賃料でローンを返済していくことができれば、つまりアパート経営が上手に回れば、自分の手出しは不要になる。

ただ物件を選ぶスキルがないと、カボチャの馬車(シェアハウス)のスマートデイズが破産したように、空室リスクばかりで、お給料からアパートローンを返していかないといけないという地獄に陥る。

また、よく営業の電話がかかってくるような新築区分所有物件を老後のために投資しましょうってのは絶対やめたほうがいい。

まず利益でないから。

今は不動産価格が高騰しているので、いくら金利が低いと言っても不動産投資は始め時とは言えない。利回りが低すぎる。

と言っても、他にも方法は探せばあるのだ。

賃貸併用住宅とか、ボロ物件投資とか、自ら情報をつかみ取れる人はいつでもチャンスがあるだろう。

だから、いずれ不動産投資をはじめたい、という方は「住宅ローンは足かせ」ということは覚えておいた方がいい。

余談だが、クレジットカードの作りすぎも融資枠に影響する可能性があるので禁物だ。

住宅ローンは是か非かまとめ

自分が仕組みを生み出したいのであれば、住宅ローンは足枷になる可能性がある、

ということだけは覚えておいておいた方がいいかもしれない。

何より、本当にそれ大丈夫?とか、自分の人生というものをあと一歩だけ深く考えてみることが大切、ということが一番伝えたかったこと。

 

早期リタイアしたい

お金を手に入れて自由な暮らしをしたい

会社に束縛されたくない

というアナタ。

 

銀行が負債と考える住宅ローンを組んじゃっていいのか、マイホームの購入は、よーく考えてからにしよう。

仕組みを作ってしまってからでも遅くはないかもしれないのだ。