デザインとコスパで選ぶ炊飯器(5.5合炊き)ベスト3~家電マニアFPが推薦

ども、コスパにこだわる家電マニアFPゆとらです。

炊飯器がそろそろ寿命で買い替えを検討していないか?

僕みたいに10年以上頑張ってくれたので、次はオシャレな炊飯器にしようとお考えのあなた。

機能はもちろんだけど、インテリアを損ねないよう、最近はデザインで炊飯器を選ぶ人も増えている。

コスパにこだわる家電マニアFPの僕が、自分の購入に伴い徹底的に調べた機能・デザインが両立している高コスパモデルベスト3を推薦してみた。

機能としては、お米がある程度おいしく炊ける目安として、マイコン型ではなく『IH』採用のモデルとしている。

目次

■第一位■ 象印『STAN.』

第一位は象印『STAN.』シリーズの炊飯器『NW-SA10』。カラーはホワイトかブラックが選べる。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥34,000 (2022/03/15 18:20時点 | Amazon調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

象印は炊飯器の老舗であり、トップブランドの一つ。よって信頼感もバツグン。

なかでも『STAN.』シリーズは、炊飯器だけじゃなくコーヒーメーカーやホットプレートなどもラインアップの「オシャレ家電」として人気のシリーズ。

シンプルでスタイリッシュなデザインは一見、炊飯器と気づかない。

「豪熱沸騰IH」でお米がふっくら炊きあがり、30時間のうるつや保温、白米炊き分け・離乳食コースなど機能も必要十分。

デザインで使いやすさ・手入れのしやすさがおろそかにはなっていないのもポイント。

人気がありすぎて、時期によっては1~2ヶ月待ちとなることも。

■第二位■ アイリスオーヤマ『RC-IL50』

第二位は、アイリスオーヤマの『RC-IL50』。ホワイト・ブラック・アッシュの3種類のカラー。

最近メキメキと家電で存在感を放つアイリスオーヤマ。

特に人気と検索頻度が高いのが「アイリスオーヤマの炊飯器」なのだ。

炊飯器メーカーとしての歴史は浅いけど、よく研究してから商品を世に出してくるメーカーなのだ。

他社を徹底して研究し、さらに付加価値をつけたモデルを安価で出してくるのだから、知名度で劣っても他社には脅威なハズ。

中でもこの炊飯器『RC-IL50』は、シンプルで飽きの来ないデザインだけでなく、50銘柄もの米を炊き分ける実力派。

炊飯機能として「食物繊維モード」「省エネモード」といった最近の炊飯器機能を搭載しながら、「低温調理機能」でローストビーフやヨーグルト・甘酒、そしてパン・ケーキまで作れる欲張りモデルとなっていて、各方面でも評価が高い。

ダイエットや健康維持に最適な「低糖質モード」が秀逸。

なのに安い!!

ゆとら

コスパは文句なく全炊飯器の中でもトップクラス!

炊きあがりにやや時間を要するところが唯一のデメリットかな。

■第三位■ 三菱『NJ-VVC10』

第三位は三菱『NJ-VVC10』。四角いデザインが独特で、ハマれば三菱一択という人も多い。

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
¥26,550 (2022/03/21 18:36時点 | Amazon調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

炊飯器と言えば、象印やタイガーのイメージも強いけど、三菱も炊飯器メーカーとしての歴史が長く、「ジャー炊飯器」(保温機能がついた炊飯器)を40年前、初めて世に出したのは実は三菱電機だったりする。

それなりの年齢の方は

三菱炊飯ジャー♪ 炊きたて♪

というCMが流れていたのを覚えていると思う。(今でもあるのか?)

三菱炊飯器の特徴は、あえてお米の「保水膜」が崩れてしまいやすい「圧力IH」を採用せず「IH」に特化しているところ、特許である「超音波吸水」で早炊きでもおいしく炊けるところ。

『おいしいお米を炊きあがり早く』という人にピッタリだ。

一般的に【おいしい】とされる竈炊きのお米は「保水膜」がキレイに形成されている。

三菱の「炭水釜」だと、しっかり「保水膜」が形成され、一粒一粒がプリっとした食感で冷めてもおいしさを維持しやすい。

買い替える前、三菱の炊飯器だったので、実感としてもその通り。

【やや固め】のご飯が美味しい、と感じる人に特に人気があるのが三菱だ。(僕もその一人。)

ゆとら

もっちり柔らかいお米が好みなら、デザインうんぬんより「圧力IH」にしたほうがいいよ。

炊飯メニューや釜の性能のバランスがいいのが紹介した『NJ-VVC10』だけど、少し廉価モデル『NJ-VEC10』も同デザインで、性能面で条件が合えば選択肢に入る。

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
¥18,990 (2022/03/21 18:38時点 | Amazon調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

黒(ブラック)が選べないのがデメリット。(より上級モデル『NJ-VWC10』で選択可能だけど、結構なお値段。)

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
¥48,246 (2022/03/21 18:39時点 | Amazon調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

まとめ

炊飯器は毎日目にし、多くの人によっては頻度も高い家電。

なかなかスタイリッシュなデザインの炊飯器が登場しなかったけど、ようやく徐々にデザインにも力が入りだした。

家をキレイに維持している人ほど、家電や家具のデザインにもこだわっていると思う。

だけどコスパも気になるよね。

炊飯器は10年ぐらい買い替えない可能性がある家電なので、納得のいくデザインとコスパのものを選ぶべし。

そのほうが毎日「好きなもの」に囲まれる幸せを感じることができるよ。

毎日に「ゆとり」「ワクワク」を選択したら人生が楽しくなる!

ぜひピッタリの炊飯器を見つけてほしい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次