Audible(オーディブル)「ながら読書」は時短学習に最適!再生速度を速くして脳が活性化

ども、「ゆとり」を大切にするファイナンシャルプランナー兼投資家のゆとらです。

仕事に追われ、本が読みたいのに時間がない!

やりたいことが多くて、やるべきことがわかっていても〇〇できない!

こんなせわしなく「ゆとり」のない毎日を送っていないだろうか?

情報が氾濫する時代、自分を高めたい人にとっての共通の悩みが「時間が足りない」だ。

よって、さまざまな【時短〇〇】が登場しているが、そのうち『時短読書』になるのが、本の聴き放題で今注目のサービス『Audible』(オーディブル)である。

実際にAudible(オーディブル)を使っている僕が、忙しいサラリーマンかつ副業家兼投資家の立場から、体験談も交えてレビューしたい。

目次

Audible(オーディブル)とは?

特に自分をパワーアップさせたい意識の高い人にとって「読書」は必須の勉強方法だが、そもそも読む時間がなかなか取れない。

そんな悩みを解決してくれる一つの方法が、2022年1月よりパワーアップし、オーディオブック定額読み放題(聴き放題)サブスク型となったAmazonのサービス『Audible』(オーディブル)である。

定額1,500円(月額)で、オーディオブック12万冊が聴き放題。新作やベストセラーが多数揃っているのが大きな特徴だ。

また大手Amazon(アマゾン)がやっているサービスということで、その他ライバルのオーディオブックサービスよりも、今後の拡充も期待大。

月額1,500円というのは、紙の書籍なら約1冊分に相当するので、読書習慣のある方なら、ひと月に使う金額としては安すぎるレベルなのはおわかりいただけると思う。

この金額で、12万冊聴き放題というのがAudible(オーディブル)の素晴らしいところで話題となっているのだ。

Amazon Prime Video(アマゾン・プライム・ビデオ)の聴く書籍(オーディオブック)版が『Audible』(オーディブル)と言える。

Audible(オーディブル)は、本一冊買う値段で、1ヶ月本が聞き放題。

本は読まずに聴く「ながら読書」が極めて有効

時間を少しでも有効活用したい人は、上手にAudible(オーディブル)を活用しよう。

というのも、スマホやPC・タブレット一台あれば、オーディオブック12万冊本が聴き放題なのだ。

これはほんとにスゴイこと。

で、実はこの「聴く(聞く)」という行為が非常に良くって、「ながら読書」ができるのだ。

例えば僕は今、このブログを書きながらAudibleで「ありふれた言葉が武器になる 伝え方の法則」という本を1.4倍速で聴いている。(時には2倍以上の速度で聴くこともある。聴きなれた書籍なら3倍速も。)

ゆとら

ま、正確には聴きながらブログを書いているのかもしれないけどね。

という風に、【何かをしながら読書する】という、一石二鳥な「ながら読書」が可能になるのが『Audible』(オーディブル)の素敵なところ。

  • 車を運転しながら
  • 通勤途中に(歩きながら・電車に乗りながら)
  • 料理をしながら
  • ベッドで横になりながら
  • ランニングしながら
  • ジムで運動しながら

こんな感じで、「ながら読書」は他のことで体が使えるので、時間を有効活用することができる。

オーディブルの再生速度を速めて聴くことで脳を活性化させる効果も

さらに、本を「聴く(聞く)」という行為のメリットがある。

それは自然に音が脳に流れ込んでくるので、無意識領域に情報が残りやすい、ということ。

脳は実は一度聴いたことはすべて覚えていて、何かをキッカケとして情報を引き出すという特徴がある。

もちろん莫大な情報量があるため、不要な情報は引き出さないようになっているが、何度も繰り返し聴いた情報は、脳が【重要】と判断して、記憶として定着化させる。

よって、気に入った本や、学びが深いと感じた本は何度も何度も「ながら読書」(ながら聴き)すればいいのである。

さらに、『Audible』(オーディブル)は、速度を上げて再生が可能なのが大きなポイント。

最大3.5倍速で再生できるため、時短になるだけでなく、速い音声に慣れるように、脳が活性化する。

ゆとら

以前から「速聴」という自己啓発があるが、まさにその効果が得られるよ。

Audible(オーディブル)のデメリット・欠点は?

  • 解約(退会)すると、DLしたオーディオブックが読めない。
  • 読みたいと思った本が無い可能性がある。

Audible(オーディブル)のデメリットは、会員を解約(退会)した後は、ダウンロードしたオーディオブックをオフラインで聴くことができないことだろう。

ある意味、当たり前なのだが、気に入った本を聴き続けるには会員であり続けるか、本を買い取りしなければならない。

このあたり、アマゾンプライムビデオを解約後、動画をダウンロードして自由に持ち運びできないのと同じだ。

また、自分の読みたい本がAudible(オーディブル)にないことがある、という点。

どうしても読みたい最新刊などは自分で購入し、気にはなっていたけどまだ読んでいないベストセラーをAudible(オーディブル)で聴く、というような使い方が合理的でいいだろう。

まとめ~本は読むより聴く「ながら読書」で時間を有効活用せよ

さて、定額制聴き放題となったAudible(オーディブル)は、使い倒せば倒すほど、お得になるサービスであることをまとめておくと・・・

  • 本一冊の値段で、1ヶ月本が聞き放題。
  • 聞くだけだから、ながら読書が可能。(他のことをしながら読書できる。)
  • 再生速度を上げることで、時短学習および脳が活性化するという嬉しいオマケ付き。

読書の効用を知っている方なら、Audible(オーディブル)のサービスを使うか使わないかで、同僚に付けられるであろう差、自分の成長度合いに大きな差が生まれることは火を見るより明らかだと思う。

Audible(オーディブル)は30日間無料お試しがあるので、どうしても合わない・活用しきれない場合は、お試し期間に退会・解約すればいい。

定額聴き放題制になった今が、Audibleの加入しどきだと思う。

Audible(オーディブル)は、意識高い系のビジネスマン・OLさんはもちろん、毎日忙しい共働きのお父さん・お母さんに特にオススメ。

Audible(オーディブル)を徹底的に使い倒すことで、「ゆとり」を生み出して、明日のための自分の時間にあてよう。

月額1,500円で豊かになれるなんて、ぶっちゃけ安すぎると思うけど・・・。

アマゾンプライム会員と同じく、入らなきゃ損な超ハイコスパサブスクサービスの一つだと思うよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる